競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

白川郷ステークス2019予想です。

中京競馬場ダート1800mで行われる準オープン白川郷ステークス2019。

今週から夏競馬がいよいよ本番といった感ですね。

土曜は重賞がありませんのでメインから白川郷ステークスを取り上げてみたいと思います。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう!

↓無料登録コチラから↓



では早速予想に入りましょう。

白川郷ステークス2019本命と穴馬

中京1800ダート戦は基本的に前有利。

土曜は足抜き良い馬場になりますのでその傾向はやや強まる可能性があります。

上級条件になれば差しも届いてくるのですが基本的には前有利で想定して予想してみたいと思います。

では本命ですがこの馬です。

人気ブログランキングC

前走は前に行く形が作れずでノーカウント。

除外明けになりますが調教を見る限り影響はなさそうでむしろ体調は上向いているようにも思えます。

鞍上との相性も抜群で(2・2・0・1)となっており、今回の乗り変わりはプラスに出るでしょう。

血統的にも前向きな競馬が合っており、舞台相性も良いです。ここは巻き返して来るでしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

本馬は叩き3~4走目で好走して来るパターン。

今回は叩き3走目となっており、徐々にパフォーマンスあがってきていることから注目したいですね。

馬主的にも叩き3走目で地元開催に使ってきたあたり勝負気配を感じます。

前に行く形しか無いと思いますが、本命馬との行った行ったも期待したいなと思っています。

以下、相手候補にウェルカムゴールド・フォースライン

△候補にバキュートハート・ドラゴンカップ・デザートスネーク・ナンヨープルートーとしておきます。

以上で白川郷ステークス2019予想を終わります。


CBC賞2019週中予想考察です。

中京競馬場芝1200mで行われるGⅢCBC賞2019。

レッドアンシェル・アウィルアウェイあたりが人気の中心になりそうです。

中京開催も始まりいよいよ夏競馬といった感がしてきました。

ここからスプリント界を盛り上げていくような馬が出て来るのかどうか。

注目の集まるサマースプリント戦となります。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

生活・通信環境に関する簡単なアンケートに答えて当てよう!!

* ☆★☆★☆ 令和元年!おでかけ日和キャンペーン! ☆★☆★☆ *

生活環境に関する簡単なアンケートに協力してね♪

『JTB旅行券』『ジェフグルメカード』等、

素敵な賞品をプレゼント!

詳しくはコチラから



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━


では早速考察を進めて行きましょう。

距離短縮組に注目。持続力問われる重賞。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

CBC賞2019

1番人気馬は2着1回のみとほぼ毎年のように波乱となる荒れる重賞。

中京1200m戦は上がりのかかる持続力勝負になることがほとんどであり、スピードで押し切ってきたような馬が人気を背負って凡走しているのではないかと思います。

そして開幕週ということで内枠の馬や逃げ馬が人気を集めることが多いわけですが揃って凡走していることも波乱につながっているのではないかと思います。

前傾ラップの上がりがかかる持続力勝負になると前に行った馬が苦しくなって垂れるわけですがそうなると内の馬は不利を受けやすいレースになるため、結果的に内枠不利が働いているのでしょう。

そして大外8枠も結果が出ていませんがこれは単純に距離損による不利でしょう。

タフな持続力問われる形になると好走するのは距離短縮組だと思います。

実際に距離短縮組が過去5年で4勝をマークしており、狙いは距離短縮組となります。

逃げや後方一気等の極端な競馬をしていない距離短縮組は評価を上げておきたいですね。

血統

持続力勝負ということでアメリカダート血統保持馬が合いますね。

そして持続力と言えばグレイソヴリンでしょうか。

この2つには注目しておきたいです。

CBC賞2019注目馬・穴馬

今年は大雨が想定されているので傾向が変わる可能性はありますが現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

1400mからの距離短縮組であり1400mでの実績もあります。

なにより中京芝との相性は抜群で3戦3勝です。

血統背景を見てもアメリカダート血統を持っており、好走傾向と合致しています。

当日は雨が想定されており、よりタフさが求められそうな形になる点もよいでしょう。

現状では重い印を打ちたい1頭となります。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

重馬場の東京で2勝を挙げていることからタフな条件で走れる重馬場巧者。

血統を見ても父はグレイソヴリンであり母系はフレンチデピュティ・ダンジグと持続力の塊のような血統背景。

しっかりと雨が降ってタフな競馬になればなるほどにチャンスが広がるのではないかと思っています。

前走でも穴馬として狙いましたが再度の好走を期待出来る条件です。

以上でCBC賞2019予想考察を終わります。

ラジオNIKKEI賞2019週中予想考察です。

福島競馬場芝1800mで行われるGⅢラジオNIKKEI賞2019。

今年はヒシイグアス・ブレイキングドーンあたりが人気の中心になるでしょうか。

夏の福島開幕週に行われる恒例3歳重賞。

昨年はここからフィエールマンやメイショウテッコンが飛躍しましたが今年はここから秋以降の競馬を盛り上げてくれる馬が出て来るのかどうか。

注目の集まる重賞となりますね。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

競馬サイトが多数乱立するなか・・・

本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?
        
その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

では早速考察を進めて行きましょう。

持続力勝負。距離短縮と福島適正。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

ラジオ日経2019

内枠の馬の好走が目立ちます。

2桁馬番の馬は馬券内にわずか3頭のみでありその3頭は5番人気以内の上位人気の馬となっています。

内枠の馬が好走する・小回り福島ということで立ち回り力が重要ということになります。

東京・京都などの直線が長いコースで実績を積んできたような馬はちょっと注意が必要となります。

昨年のフィエールマンのような絶対的な能力があれば別ですが・・・

過去のラップを見てみると入りは少し早め道中やや緩んだあとに4Fの持続力勝負となることがほとんど。

キレ勝負では分が悪かったが福島や中山内回り等の小回りで実績のある馬に注目する必要がありそうです。

持続力が必要ということで前走2000m以上からの距離短縮組も好成績。

前走から距離短縮となる福島中山実績馬を探してみたいなと思っています。

血統

注目の血統はロベルトとアメリカ血統。

主要血統から少しズレて持続力上位となるような血統でありキレ勝負では分が悪かった馬が好走してくる舞台です。

ラジオNIKKEI賞2019注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

福島で勝ち鞍がありしかもレコード勝ち。

当時ダノンチェイサーやディキシーナイトあたりを負かしていることから福島適正がかなり高いことは間違いないでしょう。

今年に入って2戦はともに東京でありデキもはっきりとイマイチであったことから立て直しての得意条件で好走してくるのではないかと思っています。

血統を見ても父アメリカダート血統に母父グレイソヴリンと持続力の塊とも言える血統背景。

ここ2戦の凡走から人気は落ち着くと思いますが、内枠取れば非常に面白い存在になるはずです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

福島で勝ち鞍があることは強調材料ではありますが何と言っても前走がかなり優秀な内容でした。

全くの人気薄でしたがラスト200mあたりまでは上位馬としっかりと渡り合えていました。

距離短縮と急坂コースからのコース変わりはプラスにでると思いますし、鞍上的にも人気にはならないと思います。

この馬も立ち回り力を活かしたいタイプなので内目の枠が欲しいですね。

以上でラジオNIKKEI賞2019週中予想考察を終わります。


↑このページのトップヘ