競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

エルムステークス2022予想です。

札幌ダート1700mで行われるGⅢエルムステークス2022。

今年はオメガレインボー・ブラッディーキッドあたりが人気の中心となるでしょうか。

夏の札幌で開催される貴重な別定ダート重賞。ここで賞金を加算することは秋~冬のGⅠ戦線に向けて非常に重要となります。

PR

■■■競馬予想SNS【ウマスマ】■■■

自分の予想を通じて他の競馬ファンと交流できる!

無料の競馬のコミュニティなら【ウマスマ】

まずは会員登録お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

では早速予想へいきましょう。

エルムステークス2022予想。本命と穴馬。

エルムステークスは前走函館組が圧倒的な数字を残しており、過去5年で(4・3・0・17)となっています。

その中でも前走連対組は(4・2・0・1)と圧倒的な数字。まずはここから軸を探していくことが的中への近道と言えるでしょう。

前走人気別では1~3番人気で(4・2・0・5)となっています。5番人気以下では1頭だけが連対しているのですが、この馬は前走で連対実績がありました。

即ち前走函館連対かつ3番人気以内が最上位、次に4番人気以下で連対馬ということになります。

今年の登録メンバーで前走函館連対かつ3番人気以内の馬はいません。

4番人気以下連対馬は3頭が該当。これらの馬から軸を選定することになりそうです。

次にエルムステークスのレースの質を見てみると4角5番手以内を取った馬で(5・5・2・18)となっており先行圧倒的有利なレース。

また、上がりの脚を見てみると上がり3位までの脚を使った馬で(4・3・3・6)となっています。

即ち前につけながら速い脚を使えた馬が上位に食い込んでいるということ。

後方勢には前に速い上がりを使われてしまってはどうにもならないというようなレースになっているということでしょう。

血統としてはロベルトと欧州といった重厚な血に注目したいと思っています。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングA

前作は函館1700mダート戦を控える競馬から勝ちきりと新たな面を見せてくれました。

上がり上位の末脚を使えている点もプラス材料です。

前走控えることができたことでこの枠から内の好位で我慢する競馬が出来ると思いますし、上手く足を溜めてほしいところですね。

血統的にも前述したように欧州型をもちあっているはず。重賞制覇に期待したいですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

前走本命馬と同様に函館1700m戦を勝利。

エルムステークスと相性の良いステップながらに乗り代わりの影響もあってか人気はかなり控えめとなっています。

好位から競馬が出来ますし、欧州の血も持っており舞台適正は問題ないでしょう。

なにより札幌の方がコース形態上はカーブで直線のように末脚を活かせるので、東京や阪神で結果を出している本馬にとってはさらに能力発揮となるはず。

一発の期待十分の穴馬です。

以下、相手候補にウェルドーン・ロードレガリス

△にブラッディーキッド・オメガレインボー・ヒストリーメイカー・スワーヴアラミス・ダノンファラオとします。

以上でエルムステークス2022予想を終わります。









アイビスサマーダッシュ2022予想です。

新潟千直で行われる夏の新潟名物レースとなるGⅢアイビスサマーダッシュ2022。

今年はヴェントヴォーチェが人気の中心とはなっていますが例年通り外枠に人気が集まりつつありますね。

PR

■■■競馬予想SNS【ウマスマ】■■■

自分の予想を通じて他の競馬ファンと交流できる!

無料の競馬のコミュニティなら【ウマスマ】

まずは会員登録お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それでは早速予想へいきましょう。

アイビスサマーダッシュ2022予想。本命と穴馬。

新潟千直はわかりやすく外枠有利。土曜のレースも外枠勢で3着までを独占しました。

ただ、内が悪いわけではないので1枠1番から内を通して4着に入っているということを忘れてはいけません。

データを見てみると若駒が圧倒的有利。5歳勢までで上位をほぼ占めており6歳以上には厳しいデータ。

また、斤量の軽い牝馬の好走多数であり例年3着以内の3頭中2頭は牝馬が占めている結果となっています。

やはりスピードレースということで若駒・軽量牝馬が有利ということですね。

また、千直なので外枠有利であり内の馬は昨年のバカラクイーンを除いて上位人気に支持されていないと厳しいデータとなっています。

血統的にはサンデー系はかなり不振。注目したいのは欧州型の血統。

ここに出てくるのはスピード自慢の馬ばかり。基本的には最後まで踏ん張る持続力が要求されるため欧州の血が活きてきていると思います。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングA

5歳牝馬のこの馬を本命に据えてみたい。

前走は初の千直ながらにその適性を存分に示した形となりました。

不利な内枠から先手を主張しハナへ。最後は差されたもののしっかりと馬券内を確保しましたし、上位勢は軒並み差し馬だったレースでしっかり粘りこんだあたり千直への高い適性を感じます。

今回は前走から大きく条件好転する外枠を引きました。当然揉まれる心配はあるわけですがゲート・テン・二の脚の速さを考えると本馬に競りかけることが出来る馬はいないと見ています。

そのスピードを活かしての押し切り、そして重賞制覇に期待します。

次に穴で注目はこの馬。

競馬ブログランキング

こちらも5歳牝馬から。

休養明けのレースとはなりますが休養前の内容と相手関係を考えるとここでも通用する能力は持っていると思います。

しっかりと乗り込まれての参戦。そして鞍上は千直をしっかりと理解されていると感じました。

特に昨日のレースはその経験値をしっかりと出してのモノだったと思いますしここでも期待できると考えています。

血統的にも非サンデーであり、母系は欧州型で母父を見ても持続力とスタミナの塊といえる血統背景。

そのスピードと持続力を活かしての好走に期待したいと思います。

以下、相手にヴェントヴォーチェ・マリアズハート

△にオールアットワンス・トキメキ・ビリーバー・マウンテンムスメとします。

以上でアイビスサマーダッシュ2022予想を終わります。






中京記念2022予想です。

小倉芝1800mで行われるGⅢ中京記念2022。

今年はファルコニア・ミスニューヨークが人気の中心となりそうです。

サマーマイルシリーズ中京記念。変則的な開催なのでマイルシリーズですが昨年同様に1800mでの開催。

ここで賞金・ポイントを加算しサマーマイルシリーズ覇者へと近づくのはどの馬になるでしょうか。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

中京記念2022予想。本命と穴馬。

小倉は開幕当初からの高速馬場が続いており土曜の芝戦を見ていても非常に速い時計が出ています。

昨年よりは速い時計での決着となることが濃厚で、まずは高速決着への適性が問われると思います。

また、前半から淀みなく流れても後傾となり速い上がりが問われるということで末脚の性能も重視したいところ。

ある程度のポジションから後半スピード勝負となるところを末脚をしっかりと伸ばして差し切れるような馬を狙いたいと思っています。

スピード勝負となるのであればやはり若駒有利。速い上がりやスピードでの勝負は年齢を重ねるほどに不利となるので若い4歳世代を中心に考えてみたい。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングA

本馬は小倉1800m実績はありませんが、昨年半姉となるアンドラステが同舞台での中京記念を勝利しています。

また、先日全妹となるヴィスパメンテが小倉1800mを楽勝で勝利。

この母系は小倉1800mへの適性が高いということが証明されています。

また、本馬を含めた3頭は全て同調教師所属。共通項多く本馬もおそらく小倉1800mへの適性は高いと見ます。

血統的にも夏の小倉中距離戦とは好相性。時計的にはもう少し詰める必要はあると思いますが、速い上がりも使えるのでいきなり重賞で通用してもおかしくないと思っています。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

前走は差し勢が有利な展開の中で3~4角で押し上げながらの競馬で大きく負けず。

2走前ははっきりと馬場が悪いところを通していたのでノーカウント。

オープン昇格後の2走は明らかな敗因がありますのでまだ見限るのは早い。

連勝中は上がり2位の33秒台の末脚を使っていたことから速い上がりは使えることを証明しています。

福島小回りでの実績あり3~4角でポジションを押し上げる器用さも持ちます。

また、前走から2キロ減ですし何よりこの鞍上が52キロで乗ってきたということも魅力。

52キロで騎乗してきたときは非常に良い成績を残していますし、非常に楽しみがあります。

前日オッズでは3番人気前後ですが馬連の売れ方を見るとおそらく5番人気以下になるはず。

一発の魅力ある馬だと思っています。

以下、相手候補にコルテジア・ファルコニア

△候補にベレヌス・カイザーミノル・アーデントリー・カテドラル・ダブルシャープ・ミスニューヨークと手広く抑えます。

以上で中京記念2022予想を終わります。



↑このページのトップヘ