葵ステークス2018予想です。

京都芝1200mで行われる新設重賞となる葵ステークス2018。今年はアンヴァル・アサクサゲンキあたりが人気の中心になるでしょうか。

過去のデータからは毎年のように大穴馬の激走が見られていますが今年はどうなるでしょうか。

ダービー前日の面白そうな重賞ですね。
[adsense]
では早速予想に入ります。

葵ステークス2018本命と穴馬


今年からの新設重賞となる葵ステークス。行き場をなくしていた3歳スプリンターが揃いましたね。

過去の傾向から見ると内枠が圧倒的に優位な舞台で、過去5年の勝ち馬は全て3枠より内から出ています。

逆に7・8枠からの3着以内馬は1頭も出ていません。

今年もDコースに変わってやや内が良い印象ですし、枠としてはやはり内が有利な舞台になりそうです。

前走距離としては距離短縮組が良さそう。

スプリンターであることはわかっていてもこの時期はマイル以上のレースが多いのでどうしてもそちらへ向けてのレース選択となるが、ここで適距離に戻って一気にパフォーマンスをあげる馬が多いという事でしょう。

内枠・距離短縮組を上位に考えての本命はこの馬ですね。

人気ブログランキングC

1400m以下での重賞では大きく崩れたことはありません。

適距離は1200mで間違いないと思いますし、立ち回りセンスのある馬で尚且つ内枠有利な舞台でのこの枠は大きなプラス。

大きく崩れる事はまず考えにくく、勝ち負け濃厚と見ます。

穴で注目したいのはこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

この枠でこの騎手なら間違いなく積極策をとってくると思います。

とにかく前に行かないとどうにもならないので腹をくくった騎乗が出来るこの枠は良いですね。

この2戦は距離・展開ともに全くの参考外。適距離の1200mに戻って一発あってもおかしくないと思います。

以下、相手候補にアンヴァル・ペイシャルアス

△候補にゴールドクイーン・マドモアゼル・タイセイプライド・オジョーノキセキ・ビリーバーまでとします。

以上で葵ステークス2018予想を終わります。