競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2016年10月

ファンタジーステークス2016予想考察です。

京都芝1400mで行われる牝馬限定重賞G3ファンタジーステークス。位置づけとしては阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦とされています。

ただ、実質的には前哨戦として使われておらず他レースをステップとすることがほとんどですね。

今年は登録馬12頭。ミスエルテ・ヤマカツグレース・ブラックオニキス・クインズサリナらが登録しています。

1400m適正のある早熟馬が生涯1度の激走


まずはいつも通りに過去5年の3着内好走馬を見てみます。

fantaji-sute-kusu5nen

京王杯2歳ステークスと同様にここを好走してクラシックどうこうになった馬はいません。パッと見た感じですと、ここから活躍しているのはベルカント・ブランボヌール・アイムユアーズあたりでしょうか。ローブティサージュは阪神ジュベナイルフィリーズを制しましたがそのあとさっぱりでした。

ぐっと遡るとここには上がっていませんが、ホエールキャプチャが3着に好走したことがあります。

ここが最後の好走となった馬のほうが圧倒的に多いです。つまりは早熟の完成度と適正でとんでもない穴馬の激走が起こってしまうレースとなりますね。そして賞金加算した結果、上級条件で通用しないので最後の好走となってしまうわけです。

血統

血統傾向としてはここ2年はスローだったせいかサンデー系の好走。逆にある程度流れた3~5年前はノーザンダンサー系・ミスプロ系が好走しています。今年は頭数が少なく絶対的な逃げ馬もいません。平均~スローになるかもしれませんね。

ファンタジーステークス2016好走注目馬は?


ミスエルテはおそらく単勝1倍台の断然人気でしょう。新馬戦のレースをみた限りでもこのメンバーで通用しないということはない。ただ、メンバーレベルは正直低かった印象。全く追わずに馬なりで勝ったのも気になります。実際にある程度厳しいレースとなって追って勝つことを経験していないのはマイナスです。今回は新馬より明らかにレベルが上がるメンバー。萩ステークスのヴァナヘイムのように足元をすくわれる可能性もあります。馬券内には来るでしょうけども1倍台の人気に答えるかは怪しいかもしれません。

では、ファンタジーステークス2016の好走注目馬ですが2頭ほどあげておきたいと思います。

まずは、明らかに過少評価されいてる。この馬を。

人気ブログランキング

前走は重賞で2着に好走。ここでの実績は断トツで最上位なのですが、現在想定4番人気。500万で2着だった馬にすら人気では負けています。この馬はどうも走っても走っても人気にならない。バックボーンに人気になる要素が全くないからでもあります。

血統としては、今年はレースがそこまで流れない可能性もあり父ブラックタイドは悪くないでしょう。ダンチヒも持っておりある程度の流れになっても持続力はあるはず。どスローの瞬発力勝負では分が悪いと思いますが、それ以外なら好走あるはず。

もう1頭はダート組ですがこの馬から。

にほんブログ村 競馬予想サイト

初戦の芝では3着好走。2走目にダートに変えて未勝利を突破しました。このダート戦は時計も平凡で強調するところはありません。ただ、初戦の芝が現状では高レベルレース。1着はディーパワンサ。中京2歳ステークスの勝ち馬ですね。2・4・8着は未勝利を突破しています。

父クロフネということからダートへ持っていったのだと思います。結果的に未勝利は突破したので間違いではなかったのだと思います。ただ、ここにこの馬の適正があるのではないかと思っています。

母のニフティハートは芝馬の輩出が多い。ヤングアットハートやシンゲンも芝で実績を残しましたが父フレンチデピュティ・ホワイトマズルとダートでもいける血統。

この馬も芝に適性があるためにダートは走れて勝ててしまったもののタイムが平凡だったのではないかと。芝の適正は初戦を見ても間違いないので、再びの芝戦で大幅にパフォーマンスを上げてくる可能性がありそうです。

以上で、ファンタジーステークス2016予想考察を終わります。

秋競馬開催中!年末へ向けて馬券力の向上と回収率アップを共に目指しませんか?


秋競馬~冬の有馬記念まではほぼ毎週G1があり競馬は大盛り上がり。「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースを配信しています。お値段は・・・無料です!

以下は実際に配信した勝負メルマガの一部とメルマガ開始前のブログアップ記事です。

********************************************************************************

9/17 <中山9R>ブログ記事

アップクォークが人気を被るはず。ただ前に行きたい馬も少なくここは差し遅れに期待。コスモナインボールでいきたいです。前走は長期休養明けながら見どころある内容で。条件は全て好転しますし激走があるかも。以下は前目につけそうな6.9に。3.5に。ワイド馬連から馬単ボーナスです。実際は3連単も押さえました。

コスモナインボール (8人気2着)

〇ギヴアンドテイク  (9人気3着)

トミケンスラーヴァ (5人気1着)

アグネスミニッツ  

アップクォーク

馬連13330円 馬単 32480円 3連複 84230円 3連単 484640

10/9<東京2R

フローレスマジックは能力の違いを見せるはず。前走は伸びないところを通りながらもタイム差なしの2着。このメンバーで負けるわけにはいかないでしょう。

残りのメンバーはオッズほどに能力差はないはず。

相手にノーブルムーン。前走はスタート出遅れで後方から。早々に追い出して追い上げて8着。向こう上面からずっと追っていましたがじわじわ伸び続けていたので東京変わりはプラスに出そう。ゲートまともなら圏内。

3番手にマルターズコメット。前走は直線までずっと内で窮屈な競馬。中山のコーナーは少し回りづらそうにしていました。東京に変わって外目の枠ならもっとスムーズな競馬が出来そう。

以下に、9.6.4.14まで。 馬連と3連複。単系はあまり妙味なさそうなので買うなら上位にだけ少額で。

◎フローレスマジック (1人気1着)

〇ノーブルムーン

▲マルターズコメット (7人気3着)

△ウィンガーランド  

△ミッキークルソラ

△ジャンティーユ

△ショウナンサザナミ (13人気2着)

馬連 4570円 3連複 30810

10/16<新潟4R

本命はメイショウブーケ。戦ってきた相手と能力を考えてもここは上位間違いないでしょう。鞍上も上手く差してこれる義騎手。ここは上位進出濃厚。

相手筆頭にダンツチェック。前走の上位馬はそろって次走好走。本馬も堅実に走るはず。

3番手にガラドリエル。前走同コースで内容的には悪くない。今回のメンバーならもうひと押しありそう。

正直この3頭以外は買いたい馬がいない。3連複で押さえるなら5以外は押さえたい。

馬券はメイショウブーケから上位2頭への馬連と馬単。メイショウブーケからの3連単2点もボーナスで。

◎メイショウブーケ (5人気1着)

〇ダンツチェック  (1人気1着)

▲ガラドリエル   (3人気4着)

馬連710円 馬単 1570円 

10/23<新潟2R

本命はファンシーアモン。前走は今日の東京1Rでぐりぐりの人気に支持されるはずのムーンザムーンに0.1差の6着。使われて馬がどんどん良くなっている。中山から直線の長い新潟に変わるのも大幅プラスでパフォーマンスを大きくあげてくるのでは。

相手にゴールドケープ。前走のラヴィングアンサー組は6頭が次走で3着内に好走していてレベルの高い1戦だったように思う。2走前にはデュプレシス騎乗でリンクスゼロと差のない競馬をしていることから、未勝利では能力上位の存在なはず。

3番手にサクラサクコロ。前走は4コーナー回って躓きながらもそこから盛り返して4着。あの不利から差し返したのは能力の証でしょう。

以下、6.3.8.7.9まで。3連複と馬連を上位に重ねて。人気はそこまでないはずなので単系も。

◎ファンシーアモン (4人気2着)

〇ゴールドケープ  (5人気1着)

▲サクラサクコロ

△ライズイーグル

△ネオレジェンド

△ファンタジーボール

△スリーソードシチー

△アスタークライ  (6人気3着)

馬連 3020円 馬単 6260円 3連複 6370円 

10/23<新潟9R>

本命はイワヌガハナ。内の2頭がかなりやりあってペースが速くなりそう。そうなると外目の差し馬が絶好のねらい目。ここ数戦は安定した末脚を出しておりここは展開向くはず。

相手にテイエムリヴェイラ。着順は冴えないがここ2走はともに0.5差。前がやりあう展開になれば一気に着順をあげてくるのでは。

3
番手にリリーグランツ。1200mは久々で3着内はまだありませんが9走前に中京で4着。左回りは大丈夫ですし今回の予想する展開になると末が届きそう。

以下、12.6.9.15まで。差し優位の展開予想なので来るならまとめてくるはず。3連複と馬連をベースに。単も少しだけ。今のままの人気なら単勝も押さえる(現在・単18.2倍)

◎イワヌガハナ    (5人気1着)

〇テイエムリヴェイラ  

▲リリーグランツ   (2人気1着)

△チェストケリリー  (1人気1着)

△ボナフォルトゥーナ (13人気5着)3着と0.2秒差・・・

△カシノアーニング

△ベストエビデンス  (14人気4着)3着と0.1秒差・・・

単勝 1010円 馬連 2600円 馬単 6050円 3連複 2590円 3連単 23640円 

このレースは0.1秒差で3着と4着が入れ替わっていたらと思うと悶絶でした・・・

********************************************************************************

わたしは全レースの本命馬もブログにあげているので、週末は膨大な時間を競馬予想に費やしています。3場開催時は6~8時間は予想に時間を使うことになります。全レースを確認して確率の高そうな勝負レースを見定めて内容を吟味するにはそれでも足りないくらいです。

ただ、こういうことは競馬を中心に生活していないと出来ないと思います。他の用事もありますし仕事もあります。(わたしもプライベートはもちろんあります)それでも競馬が大好きだ!尚且つ当てたい!さらには予想力も上げていきたいと思われる方、一緒に競馬力の向上に励んでみませんか?

無料メルマガ「競馬力向上委員会」にてあなたをお待ちしております。共に秋競馬・冬の大一番を大いに楽しみましょう!

無料メルマガへの登録はこちらから

「競馬力向上委員会入口」

京王杯2歳ステークス予想考察です。

東京競馬場芝1400mで行われるG2京王杯2歳ステークス

今年は登録18頭。レーヌミノル・レヴァンテライオンの重賞ウィナーの2頭を含め、モンドキャンノ・コウソクストレート・タイムトリップらが出走を予定しています。

暮れのG1朝日杯フューチュリティステークス・阪神ジュベナイルフィリーズへ駒を進めるのはどの馬になるのか。注目の2歳G2重賞です。

完成度>将来性、先行力が問われるレース


いつも通り過去5年の3着内好走馬を見てみます。

keiouhai2sai5nen

先行力と立ち回り

4角8番手以降で馬券に絡んだ馬はわずかに1頭。その1頭であるレオアクティブが勝ったレースはスローの団子状態からの直線よーいどんのレース。実質的には前にいないと勝負にならないレースと言えます。

過去6年以降まで遡るとリアルインパクトやエイシンアポロンとが後方から好走していますがこれも内で上手く立ち回った結果。実質的には先行立ち回りが求められそうです。

おそらくですが、マイル重賞で勝てるような差し脚をもった馬がほとんど出走していない結果、先行力のある馬がそのままなだれ込む形が多いのだろうと思います。

過去5年の馬番順の好走率を見てみても、勝率は変わらないですが連対率・複勝率では大きく1桁馬番が優位となっています。

基本的には外を買うなら能力的に足りる馬を、穴を拾うなら内で先行力のある上手く立ち回れる馬を拾うのが的中への近道となりそうです。

昨日の天皇賞(秋)はエイシンヒカリが思ったほど引っ張らずに結果的に加速力を問われる勝負になりました。ただ、このレースに関しては1200mからの距離延長馬も多いですし先行力と立ち回りを重視するべきだと思います。

血統

血統的にはスピードにパワーを兼ね備えた血統が目立ちます。

ヴァイスリージェント・ダンチヒ・ストームバードらのパワーとスピードのノーザンダンサー系やミスプロ系にサンデーの血を合わせた馬が好走傾向にあります。

ダイワメジャーやキンシャサノキセキのようにダートでもいけるサンデー血統も良さそうに見えます。

完成度>将来性

過去5年の好走馬を見てもらっても分かる通り、ここを勝利・好走してその後にクラシックや3歳マイル重賞で好走した馬はほとんどいません。古馬で覚醒したラブリーデイくらいですね。

ちなみにモーリスも2歳時に出走しておりますが、惨敗しています。この馬も覚醒したのは遅かったです。

ここ10年で見るとグランプリボス・リアルインパクト・エイシンアポロンとG1ウィナーもいるのですが、ここ数年の傾向としては現在の完成度を重視したいです。

京王杯2歳ステークス2016好走注目馬は?


まず人気するでしょう重賞ウィナー2頭とモンドキャンノですがそれぞれに不安が否めません。

レバンテライオンは距離・適正がどうかというところ。東京の1400mは厳しい印象を持ちます。

レーヌミノルはスピードが勝ちすぎている印象を持ちます。ポジションは取れると思いますが押し切れるだけの自力があるかどうか。

モンドキャンノは前走の1200mでもかかりまくっていました。気性面の問題は強そうです。能力は見せましたが初の長距離輸送で気性面でどうでるか。

では京王杯2016好走注目馬ですが、気になる馬を2頭あげてみようと思います。

両馬ともに500万勝ち馬となりますが、まずはこの馬。

人気ブログランキング

テンには早くない馬ではありますが、二の足がよくスッと先手を取ることが出来ます。

血統的にもサンデー×ミスプロと傾向にも合致。ここまで走るたびに力をつけている印象で現状の能力ならばG2でも十分に通用するはずです。

父マツリダゴッホは東京芝1400mとの相性もよく、血統的な後押しもあります。ここは注目したい1頭です。

もう1頭はこの馬をあげてみようと思います。

にほんブログ村 競馬予想サイト

新馬・500万と共に快勝。現在での基礎体力的に抜けている印象でした。このメンバーに入っても引けは取らないと思います。ヴィクトワールピサ産駒らしく使ってさらに良くなってくるでしょうしここは頭もあると思います。

以上で、京王杯2歳ステークス予想考察を終わります。

 

秋競馬開催中!年末へ向けて馬券力の向上と回収率アップを共に目指しませんか?


秋競馬~冬の有馬記念まではほぼ毎週G1があり競馬は大盛り上がり。「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースを配信しています。お値段は・・・無料です!

以下は実際に配信した勝負メルマガの一部とメルマガ開始前のブログアップ記事です。

********************************************************************************

9/17 <中山9R>ブログ記事

アップクォークが人気を被るはず。ただ前に行きたい馬も少なくここは差し遅れに期待。コスモナインボールでいきたいです。前走は長期休養明けながら見どころある内容で。条件は全て好転しますし激走があるかも。以下は前目につけそうな6.9に。3.5に。ワイド馬連から馬単ボーナスです。実際は3連単も押さえました。

コスモナインボール (8人気2着)

〇ギヴアンドテイク  (9人気3着)

トミケンスラーヴァ (5人気1着)

アグネスミニッツ  

アップクォーク

馬連13330円 馬単 32480円 3連複 84230円 3連単 484640

10/9<東京2R

フローレスマジックは能力の違いを見せるはず。前走は伸びないところを通りながらもタイム差なしの2着。このメンバーで負けるわけにはいかないでしょう。

残りのメンバーはオッズほどに能力差はないはず。

相手にノーブルムーン。前走はスタート出遅れで後方から。早々に追い出して追い上げて8着。向こう上面からずっと追っていましたがじわじわ伸び続けていたので東京変わりはプラスに出そう。ゲートまともなら圏内。

3番手にマルターズコメット。前走は直線までずっと内で窮屈な競馬。中山のコーナーは少し回りづらそうにしていました。東京に変わって外目の枠ならもっとスムーズな競馬が出来そう。

以下に、9.6.4.14まで。 馬連と3連複。単系はあまり妙味なさそうなので買うなら上位にだけ少額で。

◎フローレスマジック (1人気1着)

〇ノーブルムーン

▲マルターズコメット (7人気3着)

△ウィンガーランド  

△ミッキークルソラ

△ジャンティーユ

△ショウナンサザナミ (13人気2着)

馬連 4570円 3連複 30810

10/16<新潟4R

本命はメイショウブーケ。戦ってきた相手と能力を考えてもここは上位間違いないでしょう。鞍上も上手く差してこれる義騎手。ここは上位進出濃厚。

相手筆頭にダンツチェック。前走の上位馬はそろって次走好走。本馬も堅実に走るはず。

3番手にガラドリエル。前走同コースで内容的には悪くない。今回のメンバーならもうひと押しありそう。

正直この3頭以外は買いたい馬がいない。3連複で押さえるなら5以外は押さえたい。

馬券はメイショウブーケから上位2頭への馬連と馬単。メイショウブーケからの3連単2点もボーナスで。

◎メイショウブーケ (5人気1着)

〇ダンツチェック  (1人気1着)

▲ガラドリエル   (3人気4着)

馬連710円 馬単 1570円 

10/23<新潟2R

本命はファンシーアモン。前走は今日の東京1Rでぐりぐりの人気に支持されるはずのムーンザムーンに0.1差の6着。使われて馬がどんどん良くなっている。中山から直線の長い新潟に変わるのも大幅プラスでパフォーマンスを大きくあげてくるのでは。

相手にゴールドケープ。前走のラヴィングアンサー組は6頭が次走で3着内に好走していてレベルの高い1戦だったように思う。2走前にはデュプレシス騎乗でリンクスゼロと差のない競馬をしていることから、未勝利では能力上位の存在なはず。

3番手にサクラサクコロ。前走は4コーナー回って躓きながらもそこから盛り返して4着。あの不利から差し返したのは能力の証でしょう。

以下、6.3.8.7.9まで。3連複と馬連を上位に重ねて。人気はそこまでないはずなので単系も。

◎ファンシーアモン (4人気2着)

〇ゴールドケープ  (5人気1着)

▲サクラサクコロ

△ライズイーグル

△ネオレジェンド

△ファンタジーボール

△スリーソードシチー

△アスタークライ  (6人気3着)

馬連 3020円 馬単 6260円 3連複 6370円 

10/23<新潟9R>

本命はイワヌガハナ。内の2頭がかなりやりあってペースが速くなりそう。そうなると外目の差し馬が絶好のねらい目。ここ数戦は安定した末脚を出しておりここは展開向くはず。

相手にテイエムリヴェイラ。着順は冴えないがここ2走はともに0.5差。前がやりあう展開になれば一気に着順をあげてくるのでは。

3
番手にリリーグランツ。1200mは久々で3着内はまだありませんが9走前に中京で4着。左回りは大丈夫ですし今回の予想する展開になると末が届きそう。

以下、12.6.9.15まで。差し優位の展開予想なので来るならまとめてくるはず。3連複と馬連をベースに。単も少しだけ。今のままの人気なら単勝も押さえる(現在・単18.2倍)

◎イワヌガハナ    (5人気1着)

〇テイエムリヴェイラ  

▲リリーグランツ   (2人気1着)

△チェストケリリー  (1人気1着)

△ボナフォルトゥーナ (13人気5着)3着と0.2秒差・・・

△カシノアーニング

△ベストエビデンス  (14人気4着)3着と0.1秒差・・・

単勝 1010円 馬連 2600円 馬単 6050円 3連複 2590円 3連単 23640円 

このレースは0.1秒差で3着と4着が入れ替わっていたらと思うと悶絶でした・・・

********************************************************************************

わたしは全レースの本命馬もブログにあげているので、週末は膨大な時間を競馬予想に費やしています。3場開催時は6~8時間くらいの時間を使っていると思います。全レースを確認して確率の高そうな勝負レースを見定めて内容を吟味するにはそれでも足りないくらいです。

ただ、こういうことは競馬を中心に生活していないと出来ないと思います。他の用事もありますし仕事もあります。(私もプライベートはもちろんありますが基本競馬中心です)それでも競馬が大好きだ!尚且つ当てたい!さらには予想力も上げていきたいと思われる方、一緒に競馬力の向上に励んでみませんか?

無料メルマガ「競馬力向上委員会」にてあなたをお待ちしております。共に秋競馬・冬の大一番を大いに楽しみましょう!

無料メルマガへの登録はこちらからお願いします。

「競馬力向上委員会入口」

メルボルンカップ2016予想考察です。

11/1火曜日の日本時間13時にオーストラリアのフレミントン競馬場でG1メルボルンカップ2016が行われます。

メルボルンカップはオーストラリア最大のG1競争です。

メルボルンカップが行われる日はオーストラリアでは祝日になるようです。まさに国民的行事と言えます。(平日に行うG1だからですかね・・・)

さらに女性もドレスアップして競馬場に向かって楽しむようです。日本とはお国柄の違いですね。

メルボルンカップは芝3200mで行われるハンデG1で日本からの参戦馬カレンミロティックを含めて総勢24頭が登録しています。

日本では行われることのないハンデ戦のG1となります。さらに24頭立てと、とんでもない多頭数。非常に予想と考察をするにはやっかいな重賞ですね。

メルボルンカップ2016予想考察。押さえるべき馬は?


メルボルンカップは過去に日本馬は数頭参戦しており、勝利実績もあります。日本馬のワンツーで決まった年もありました。

ただ、そのあたりから日本馬に対するハンデがかなり厳しくなりそれ以降の好走はありません。

今年のカレンミロティックも3番目に重い斤量の56.5キロを背負わされます。正直かなり見込まれたなという印象。

斤量を見てみるとトップハンデの馬が3着内に来たのはもう10年も前の話しになります。また、斤量の軽い馬も3着内がありません。全頭が均等になるように割り振られるハンデですが重すぎも軽すぎもダメということです。

また3歳馬と牝馬はかなり苦しいようです。今年は3歳馬はいませんが牝馬は最初から切ってもいいくらいです。

血統傾向もほとんどありません。あえて言うならモンズーン(Monson)という馬を父に持つ馬が4年連続連対中ですね。

正直言うとこのレースの予想は無謀だと思います。全てを含めて運の強い馬が勝つレース。

ただ、それでは何のこっちゃとなってしまうので・・・海外馬での注目馬をあげたいと思います。

エクセスノレッジ・エクソスフェリック・ボンダイビーチ・ハートブレークシティ。

この4頭には注目したいですね。

あとは日本馬のカレンミロティック。

カレンミロティックは外目の枠と斤量が嫌われているのか、現在ウイリアムヒルのオッズでは単勝34倍となっています。(10/30 17時)かなり舐められているなという印象。先行力と立ち回り力はおそらく通用しますし、距離への不安もありません。おーすとらりはの競馬ではそこまでスタートからぐいぐい押して行かないのでゲート決めてしまえば外からでも好位を取れるはずです。

ちなみにカレンミロティックを今買えば単勝34倍・複勝8.5倍となります。複勝は今回多頭数のためか4着でいいようです。

meruborunn-karen

おそらくPATで買うと10倍台で複勝も2倍台くらいだと思うのでカレンミロティックの馬券を買うなら圧倒的にウイリアムヒルがいいと思います。

ウイリアムヒルで馬券を買ってみたいと思われた方がいらっしゃればこちらから記事を参照してください。凱旋門賞の時にウイリアムヒルを紹介した詳細な記事があります。

「ウイリアムヒルでスポーツベットを楽しもう!ウイリアムヒル入会の説明はこちらが入口です!」

注意としましては詳細記事でも書いていますが、ウイリアムヒルでは単勝か単複しか買えません。

馬連や3連複などのいつもお馴染みの馬券を買うのであればPATで買う必要があります。

日本馬の単複はウイリアムヒルで、その他の馬券はPATでと分けるのが賢い買い方でしょうか。

わたしは凱旋門賞ではマカヒキはいらないと思っていた(応援と馬券は別なので)ウイリアムヒルは使わずにPATで買いましたが、今回はカレンミロティックの4着以内はあると思っているのでウイリアムヒルからも買おうと思います。複勝8.5倍はかなりおいしいオッズだと思います。

ウイリアムヒルのオッズは買った時のオッズが最後まで反映されるので今だと上記の単勝34倍・複勝8.5倍ですが、この後どうなるかはわかりません。昨日のオッズは20倍台でしたので徐々に人気落ちしているのかもしれませんが。

メルボルンカップ2016注目馬まとめ


色々お話ししてしまいましたが、注目馬をまとめます。

海外馬では、

エクセスノレッジ。

エクソスフェリック。

ボンダイビーチ。

ハートブレークシティ。

そして日本から参戦する

カレンミロティック。

PATではこの5頭でボックス馬券を買おうかと思います。

さらにカレンミロティックの単複をウイリアムヒルで追加する形にしようかと考えています。

PATはメルボルンカップが開催される11/1当日の7時~12:56分までの6時間ない時間しか発売していないので注意してください。

さらに馬番とゲート番号は違うので見間違えないように気を付けましょう。

以上で、メルボルンカップ2016予想考察を終わります。海外競馬もどんどん楽しんでいきましょう。

 

おはようございます。

10/30東京・京都・新潟の平場予想一覧です。

勝負レースはメルマガ「競馬力向上委員会」にて配信しております。登録料は・・・かかりません!当メルマガは無料にて配信しております。

ご興味のある方はこちらから一度ご登録お願いします。

「競馬力向上委員会入口」

日曜の東京


1R

メルマガ限定。

2R

サノサマーから。相手に7.8.9.10.11。

3R

メルマガ限定。

4R

新馬戦は少し。コパノジャクソンから。

5R

ここも少しだけ。バルデスから。

6R

ユキノカトレアから入る。相手に2.6.7.9.11。

7R

メルマガ限定。

8R

メルマガ限定。

9R

フォワードカフェから入る。相手に1.2.3.4.9.10と広めに。

10R

メドウヒルズから。相手に1.5.8.9.11。

11R

天皇賞(秋)は別記事です。

12R

メルマガ限定。

日曜の京都


1R

メルマガ限定。

2R

グランドガールから。相手に4.7.9.10.11。

3R

メルマガ限定。

4R

新馬戦は少しだけ。ナムラメルシーから。

5R

ここも新馬なので少し。ザモンゴメリーから。

6R

ゲートさえまともならのメイショウソウビから。相手には3.12.13.14.15。

7R

メルマガ限定。

8R

ヤマカツサファイアの変わり身に期待。相手に3.7.8.9.10。

9R

ガルデルスリールから入る。相手に2.3.4.9.11。

10R

逃げ先行馬が多数。トップハンデでもトップディーヴォに流れが向くはず。相手に1.4.5.8.10.11とします。

11R

フェイマスエンドから。相手に2.3.7.10.12

12R

コウエイエンブレムから入る。相手に4.9.12.14.16。

日曜の新潟


1R

メルマガ限定。

2R

メルマガ限定。

3R

メルマガ限定。

4R

障害は少しだけ。グランドデザインから。

5R

新馬戦は少し。リボンナイトから。

6R

ブライズコネクターを本命に。3.8.10.11.13を相手に。

7R

インジャスティスから。8.9.10.14.18へ。

8R

先行勢手薄。トラキアンコードは堅軸か。穴目は6。

9R

メルマガ限定。

10R

モーゼスから入ってみたい。相手本線に3.8.1.6。いったいったに期待してみる。

11R

千直専門馬のプリンセスムーンで仕方ないでしょう。相手に3.8.9.12.13

12R

フィールドシャルムから。相手に2.4.5.6.8。

 

天皇賞(秋)2016予想です。

明日は東京芝2000mでG1天皇賞(秋)が開催されます。秋の古馬G1戦線の1戦目となります。

モーリス・エイシンヒカリ・ルージュバック・アンビシャス・ラブリーデイ・ステファノスらが出走を予定しています。

ジャパンカップ~有馬記念と続いていく中での注目の1戦です。

天皇賞(秋)2016予想と印です。


今年の天皇賞(秋)は明らかに上位拮抗ムード。現在単勝1番人気は4.0倍。上位人気が割れているのがはっきりわかります。

それもそのはずで、春のG1戦線を賑わした馬が不在。キタサンブラックやドゥラメンテといったところですね。

それでもG1に恥じないメンバーが揃ったとは思いますが、上位人気馬は安泰と言える馬はおらず不安を抱えた馬ばかり。

エイシンヒカリはその気性と脚質的に脆さがあります。モーリスは距離への不安が付きまといます。紅一点のルージュバックは常に揉まれるとダメな不安があります。

上位人気になるであろう3頭にそれぞれ盤石ではなく不安点があることから、下位人気の馬にも上位進出の可能性が大きいレースと判断します。

特に天皇賞(秋)は格があまりモノを言わないレース。過去にG1で連対経験すらない馬が激走を果たして来ています。

キタサンブラックらがここを回避したように古馬G13戦を戦う馬は減って、適性を考慮するようになってきてから徐々にレースレベル自体は落ちているのもあるでしょう。天皇賞(秋)をジャパンカップへの前哨戦として戦う馬もおり、尚更に格が必要ないレースとなっているのかもしれません。

このようなところから、波乱含みな天皇賞(秋)。今年はこの馬から入ってみたいと思います。

本命は現在単勝11番人気のこの馬。

人気ブログランキング

これまでに重賞実績はあるもののG1ではことごとく跳ね返されていました。ただ、これまでのG1戦歴は言い訳の効くものばかり。天皇賞(春)は完全に適正外。宝塚記念はコース・展開共に全く向かない。有馬記念は4コーナー15番手と競馬にならず。

ただ、2年前の天皇賞(秋)は着順こそ8着ですが0.3秒差。そのレースも早めに動かないと苦しい本馬にとって、インを突こうとするところをジェンティルドンナにカットされる致命的な不利。それでも伸び返して盛り返したように適正はあるように見える。

実際に2000mで3着を外したのはその天皇賞(秋)だけ。このレースもスムーズなら掲示板はあったはず。その時と全く同じ馬番7。今年こそは好位につけて粘り込む姿が見られるはずです。

母父にトニービンを持っているのも大きな武器。今の東京は芝2000mでは母父にトニービン持ちは4戦3連対。血統的な後押しもあります。

ただ、団子になってよーいどんでは苦しい展開になりますが、今年はあの馬がいるのでそうはならない。エイシンヒカリです。この馬がスローに落として逃げることは考えづらい。淀みのない逃げを打つはずで、加速力勝負よりは持続力が問われる展開になるはずです。

鞍上も差し馬よりは先行して持続力で勝負する馬と相性が良さそうなシュタルケ騎手。条件は全て揃ったように見えます。ここはあわよくば3着ではなく連対・もしくは勝ちまで考えての本命としたい。

相手にはモーリス。

2000mの前走はしっかり折り合えていました。あとは直線の長い東京折り合えるかどうかだと思います。ある程度力のいる馬場のほうが折り合えるイメージなので今の東京の芝は合っていそうです。

種牡馬入りする前に2000mのG1勝利は絶対的に欲しいはずで、鞍上のムーアも一度騎乗しており癖はつかんでいるはず。世界の名手がしっかり折り合わせてるでしょう。無様なレースにはならないと思います。

3番手にこの馬

にほんブログ村 競馬予想サイト

大外枠に入ったことで玄人やデータ派には大いに嫌われそうですがルメールの大外枠は要注意。東京芝でピンク帽の時のルメールは、昨年からの全体成績で勝率26.7%複勝率50%で回収率はともに100%を大きく超えています。

大外枠に入ったことで嫌われてオッズが下がるようであればここは逆に買いたい。前走は内で立ち回った馬が1・2着。アドマイヤデウスに力負けしたわけではないでしょう。

以下、前走は内でどん詰まり。さらに前が開いても伸びない内ではどうしようもなかったステファノス。

鞍上の福永騎手とは相性が良く、内枠から立ち回りの持続力勝負になれば出番がありそうなサトノクラウン。

人気を背負っている分、後ろからの標的にもされて苦しい競馬が予想されますが上手く流れを作れたらのエイシンヒカリ。

エイシンヒカリと共にレースをコントロール出来れば再び1発があってもおかしくないロゴタイプ。

押さえの押さえにルージュバック・アンビシャス・リアルスティールとします。

ルージュバックは頭数が増えるのはマイナス。中枠もマイナス。戸崎騎手が120点の騎乗をしないとどこにもいない。

アンビシャスは2000mの持続力勝負には向かないはず。宝塚記念のような大敗も。

リアルスティールは頓挫あってのぶっつけではさすがに苦しい。

以下、天皇賞(秋)2016印です。

人気ブログランキング

モーリス

にほんブログ村 競馬予想サイト

ステファノス

サトノクラウン

エイシンヒカリ

ロゴタイプ

×ルージュバック

×アンビシャス

×リアルスティール

以上、天皇賞(秋)2016予想でした。

 

↑このページのトップヘ