競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2017年01月

川崎記念2017予想です。

川崎競馬場2100mで行われる川崎記念2017。JRAからサウンドトゥルー・ケイティブレイブ・ミツバ・バスタータイプ・コスモカナディアン・オールブラッシュが、地方からはハッピースプリント・ケイアイレオーネらが出走を予定しています。

今年最初のJpn1の重賞です。注目の地方交流重賞となりますね。



早速予想に入ります。

川崎記念2017予想と印。


川崎2100mという条件はコーナーを6回も回る特殊なコースとなります。このコースで行われる地方レースは向こう上面から早めに動き始めてのロングスパートを狙う馬が多く、差しや追い込みが決まりやすい条件となります。が、GⅠレベルの馬が揃うとそうはならずに先行馬が優位になりやすい。

今までの川崎記念や去年のJBCクラシックを見ても、勝つパターン・好走パターンは先行抜け出し型。こう考えると本命はこの馬しかいません。

人気ブログランキングC

同舞台で勝つにはロングスパートに耐えうる基礎体力はもちろんですが、こと川崎記念と考えると先行力と立ち回り力がモノをいってくる。過去の勝ちパターンから考えるとサウンドトゥルーよりは本馬に分があるように思えます。この舞台ならという条件付きでサウンドトゥルーに先着するのは本馬だろうと捉えます。

また、展開を考えても本馬が先手を取る形でコスモカナディアン・ハッピースプリント、さらにはオールブラッシュあたりが追いかける形になるかと思いますが(ミツバは逃げる可能性もあります)明らかに本馬よりは格下の馬ばかり。この馬らが追走してくる形は非常に楽だと思います。

サウンドトゥルーは大外枠からなのでじわじわ追走し4コーナー回るまでに射程圏にいれに来ると思いますが、ケイティブレイブに追走する馬もそこまで弱い馬ではないので、4コーナーではまだくらいついていると見ます。そうなるとサウンドトゥルーは外を回すか捌くかのどちらかになり、後手を踏みそう。この形ならセーフティリードを保ってそのまま押し切る形が濃厚。

相手にはそのサウンドトゥルー

本馬は間違いなく強いのですが、勝ち切るには注文が付くタイプ。過去の勝ちレースを見ても先行勢が崩れた時に一気に差し切るレースばかり。すなわち、先行勢がつぶし合った時に勝ち切ると言えるでしょう。

今回のメンバーで考えると先行馬は本命馬の能力が抜けており、つぶし合う展開にはならないと見ます。そうなると差し届かずの2着以下と捉えるのが一番しっくりきます。ただ、このメンバーで本命馬以外に負けるイメージも沸きません。

3番手にはこの馬を抜擢。

FC2 ブログランキングC 穴注目

今のオッズを見るとJRA勢の中では下位人気となりそう。実際に能力的には劣ることは間違いないでしょう。

ただ、昨年は立ち回りと先行力でマイネルバイカがアムールブリエにもう少しで先着するところまで持ってきているように、本馬もその先行力と立ち回り力で激走してもおかしくないでしょう。

本馬の相手はミツバとバスタータイプの2頭になると見ていますが、ミツバは早めに動いて失速する可能性十分ですしバスタータイプはコーナー6回のこのコースが合っているとは思えないので十分チャンスがあるはず。

以下、長い脚が魅力ですが、鞍上が勝ちに動くのか着を取りに来るかで大きく変わりそうなミツバ

続いてバスタータイプ。コーナー6回のこの舞台はとても合いそうには思えないが、追って追って味がある馬で、早めのロングスパート戦自体は適正あるか。ただ、前走内容を見る限りは3着候補として大いに人気してしまいそうです。ミツバと差のない人気になってしまうとリスクのほうが高いようにも思いますし、積極的には買いづらい。

買いたいのはここまで。地方勢はさすがにこのメンバー相手となると出番はないでしょう。

ルメール騎手騎乗である程度の人気を集めそうなオールブラッシュはオープンでもそこそこ通用するレベルにあると思いますが、重賞級となるとどうか。ルメール騎手の効果で過剰に人気するのであればここは切ってしまいたい。

川崎記念2017印です。

人気ブログランキングC

サウンドトゥルー

FC2 ブログランキングC 穴注目

ミツバ

バスタータイプ

以上で川崎記念2017予想を終わります。

~PR~

姉妹サイトで健康食品とサプリメントの効果と検証を始めました!巷に溢れる健康食品やサプリメントをどんどん掘り下げていこうと思います。他にも健康になりそうなものやちょっとでも関連ががあれば取り上げています。

よろしければこちらからどうぞ。

「健康食品とサプリメントの効果と検証入口」

 

きさらぎ賞2017予想考察です。

京都芝1800mで行われるGⅢきさらぎ賞2017。今年はサトノアーサー・タガノアシュラ・ダンビュライト・ムーヴザワールドら11頭が登録しています。

ここを制してクラシック戦線に名乗りを挙げるのはどの馬になるのか。注目の重賞となります。



では予想考察に入ります。

ディープ・ノーザン・加速力。


まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。



上がり1位の馬が複勝率100%。ここ3年で3連勝中です。速い上がりでまとめることが出来る馬がいいのは間違いないですね。前走で上りを上位でまとめた上にしっかりと馬券内に絡んでいる馬を中心に組み立てていきたいところ。

速い上がり=ディープインパクト産駒にノーザンファーム生産というところは繋がってくるので過去5年の馬券内15頭の内8頭がディープインパクト産駒。また10頭がノーザンファーム生産馬となっています。社台も加えると12頭を占めるので、このラインは予想する上でも外すことは出来ないでしょう。

血統

上記のようにディープインパクトが圧倒しています。ホワイトマズルも2頭走っているようにリファールの血が活躍しているように思います。京都外回りということで長くいい脚が使える馬が良いということですね。ノーザンテーストを持つ馬も注意しておきたいところ。

枠番

毎年のように小頭数で行われるのでここはそこまで気にしないでいいように思います。小頭数なので不器用な差し馬もここでは台頭出来そうです。

きさらぎ賞2017好走注目馬は?


今年のメンバーを見る限りはサトノアーサーとムーヴザワールドに人気がある程度集まるのではないかと思います。実際にサトノアーサーは前走が圧巻の内容でしたし、ムーヴザワールドはプレスジャーニーとタイム差なしの3着好走、新馬戦のメンバーも2・4・5着馬はすでに勝ち上がっていることから高レベルであることには間違いありません。

ここに割って入れる馬となれば、やはり先行馬になるか。両馬ともに末脚を活かした競馬をするタイプ。3番人気が想定されるダンビュライトもこのタイプなので差し届かずで前で粘り込めるタイプをチョイスしたい。

まずはこの馬を挙げます。

人気ブログランキングB

揉まれるとからっきしなタイプですが、揉まれずにスムーズならこの相手でも通用するはず。小頭数で1ターンのコースなら内枠でない限りは揉まれる心配はないでしょう。白帽を引いたら厳しいと思いますが、外枠なら一気に好走率があがってくるはずです。5番人気前後なら積極的に買いたいですね。

もう1頭はこの馬にします。

FC2 ブログランキングB

前走はどスローから一気の加速力勝負になりましたが、どうもこの展開では分が悪かったように思います。直線で不利があったあとの伸び脚を見ても急加速出来るタイプではなさそうです。2走前を見る限りは坂を使って加速しながら長くいい脚を持続できる展開の方が向くように思います。

外回り1800mは現状ではベストと言えそうで好位から押し切る競馬が出来るのではないでしょうか。

上位と下位のレベル差がありそうなメンバー構成で、無理に穴っぽいところに行くのは難しそうです。上位5番人気以内で支持されそうな2頭を推奨となりました。

金曜の枠順を見て最終予想を取り上げようと思います。

以上できさらぎ賞2017予想考察を終わります。

~PR~

メルマガ「競馬力向上委員会」


有馬記念も終わり冬競馬に突入!冬になっても競馬は大盛り上がりです。「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は「1980円」ですが初月は「480円」です!ワンコインでお釣りがくるお値段で設定しております。少しでも気になられたならこちらで詳細をご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

 

東京新聞杯2017予想考察です。

東京芝1600mで行われるGⅢ東京新聞杯2017。今年はエアスピネル・ブラックスピネル・マイネルアウラート・プロディガルサン・ヤングマンパワーら14頭が登録しています。

ここを制して春に飛躍していくのはどの馬になるのか。注目の重賞となりますね。



では考察に入ります。

立ち回り力とギアチェンジの性能が問われる。


まずは過去5年の3着内好走馬を見てみます。



速い上がりは求められていないレースということがわかります。特に良馬場になると立ち回り勝負となる傾向が顕著に出ます。昨年は4コーナーの順番がそのまま順位になりました。

2年前と3年前は良馬場以外での開催。良馬場になると立ち回り勝負となる可能性が高まると考えていいでしょう。レースラップを見る限りはスローからの加速力勝負。好位につけてギアチェンジをいかにスムーズに行えるかが重要となりそうです。ただ、一瞬の瞬発力勝負にはならずにギアが入った後に長くいい脚が使える馬が上位にそのまま入ることが多いですね。

血統

リファールの血を持つ馬がよく走っています。ヴァイスリージェント・ダンチヒ系などのノーザンダンサー系も目立ちます。血統を見ても持続力タイプの馬がいいように思います。

馬番

これは顕著に傾向が出ています。圧倒的に内枠有利で過去5年の勝ち馬は全て馬番7番以内。連対馬10頭中8頭が同じく馬番7番以内。外枠の連対馬2頭はどちらも良馬場以外での開催時となっています。この時期の東京Dコースらしく内枠が圧倒的に有利と言えます。

東京新聞杯2017好走注目馬は?


今年はエアスピネルが断然の1番人気になるでしょう。ただ、立ち回り・ギアチェンジ・持続力となるとこの馬の方に分があるかもしれません。

人気ブログランキングA

瞬発力戦では圧倒的に分が悪い本馬。富士ステークスも上手く立ち回って勝利を収めています。

前走は位置取り悪く参考外。今まで通りポジションを取りに行けばエアスピネルとの逆転は十分にあるでしょう。

メンバーを見る限りはハイレベル4歳世代と言われる馬が5頭。実績・適正は間違いなく上位だと思いますが、人気は意外と3番人気あたりで落ち着くのでは。内枠を引けば重い印の候補になります。

もう1頭はこの馬になります。

FC2 ブログランキングA

走っても走ってもあまり人気にならないのがこの馬ですね。今回も重賞実績馬や4歳世代に押されて7~8番人気に収まるはず。去年の3着馬なので適正は文句なし。

さらに、この馬は典型的な冬馬。12月~2月に戦績をグッとあげてきます。メンバーを見ても逃げ・先行勢手薄でおそらくこの馬が逃げる展開になるはず。

内目の枠からスッと行ってしまえばあれよあれよと逃げ切ってしまうように思います。上級条件での東京マイル連対実績はありませんが、展開と馬場はかなり味方してくれそうです。

以上で東京新聞杯2017予想を終わります。

~PR~

メルマガ「競馬力向上委員会」


有馬記念も終わり冬競馬に突入!冬になっても競馬は大盛り上がりです。「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は「1980円」ですが初月は「480円」です!ワンコインでお釣りがくるお値段で設定しております。少しでも気になられたならこちらで詳細をご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

 

セントポーリア賞2017予想です。

東京芝1800mで行われるセントポーリア賞2017。ここを経由してクラシックへ向かっていく馬も多く注目の特別戦となります。



早速予想に入ります。

セントポーリア賞2017予想と印


人気はコロナシオンとキセキが分け合う形になるはずですが、どちらも本当に人気に見合う能力があるのかは疑問が残る。コロナシオンは前走が負けすぎで本当に能力がある馬ならあそこまで負けることはない。キセキは前走相手関係に相当恵まれたことと除外をくらってのスライドがどうか。

そうなると人気上位は軽視してこの馬から入りたい。

人気ブログランキングJ

新馬戦は着差こそついていないので地味な印象となっているがパルフェクウォーツが勝ち切るような流れだったところを差し切っており味のある競馬内容。走破時計も優秀でソウルスターリングと比較しても全く遜色がないものでした。

さらにこの時計は加速ラップで出していることからまだ詰めて来る可能性の方が高い。ここは勝ちに行ってくれさえすればおのずと結果がついてくるはずです。

相手にはベストアプローチ。

ここ2戦は明らかに展開不向きのなかで馬券内にしっかり絡んでおり着差以上に評価したい。長い脚を使うタイプなので内田騎手との相性も良さそうです。

3番手はこの馬です。

FC2 ブログランキングJ

ここ数戦はかなり強い相手と戦ってきており、どれもわずかな着差。今年の牡馬の中では上位の能力を持っていることは間違いなくこのメンバーなら上位進出してもおかしくない。

以下、ジュンヴァリアス・ソーグリッタリング・バルデスまで。

コロナシオンキセキは押さえの押さえ。

セントポーリア賞2017印です。

人気ブログランキングJ

ベストアプローチ

FC2 ブログランキングJ

ジュンヴァリアス

ソーグリッタリング

バルデス

×コロナシオン

×キセキ

以上でセントポーリア賞2017予想を終わります。

1/29東京・京都・中京平場予想一覧です。

東京芝はやはり内有利。ここは意識しておきたいですね。京都もやや内有利。中京はタフで持続力勝負になっています。京都ダートが昨日は前が全く止まらなかったので注意しておきたいです。平場勝負レースはメルマガ「競馬力向上委員会」にて配信しております。ご興味ある方はこちらから詳細をご確認ください。

メルマガ詳細→「競馬力向上委員会入口」



では本日の平場予想一覧です。

日曜の東京


1R メルマガ限定

2R コロニアルスタイルから少し。

3R メルマガ限定

4R シゲルタイガーから。相手に1・2・8・10・16

5R モリトシラギクから少し。

6R ポンテファブリチオから。相手に2・3・4・8・15

7R メルマガ限定

8R メルマガ限定

9R 本日の厳選レース。

10R メルマガ限定

11R 根岸ステークスは別記事です。

12R フォワードカフェから。相手に2・4・6・8・10・13・15と広く。

日曜の京都


1R メルマガ限定

2R メルマガ限定

3R メルマガ限定

4R スマートアストリアから少し。

5R メモリーディディから。相手に4・5・9・14・15

6R メルマガ限定

7R オウケンワールドから。相手に5・12

8R ブンブンブラウから。相手に1・4・5・9

9R スピナッチから。相手に3・5・6・7・12

10R メルマガ限定

11R シルクロードステークスは別記事です。

12R マイネルラックから。相手に1・4・5・9・12

日曜の中京


1R メルマガ限定

2R ゼルビーノから。相手に3・4・5・14・16

3R メルマガ限定

4R ツジスーパーサクラから少しだけ。

5R トーアヒミコから少しだけ。

6R ブラボーリリックから。相手に2・8・10・11・13

7R ロッキーバローズから。相手に3・5・7・8・12

8R メルマガ限定

9R プレシャスロードから。相手に1・3・7・9・14

10R コスモプロテアから。相手に1・2・7

11R アルティマブラッドから。相手に1・2・6・7・8

12R ラインシュナイダーから。3・12・14・15・16

↑このページのトップヘ