競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2017年04月

4/30東京・京都・新潟平場注目馬一覧です。

今日はいよいよ天皇賞(春)ですね。キタサンブラックとサトノダイヤモンドの対決に注目が集まりますが、わたしはキタサンブラック本命です。発走が待ち遠しいですね。

東京芝はほぼフラットな馬場。展開次第でというところか。ただ、逃げ馬は全滅しており末しっかり伸ばせるタイプが良いか。ダートは先行勢がやや優位。

京都はまだまだ内目が優位でしょう。極端な後方策は苦しいですね。ダートは先行有利と見ます。

新潟はやや外目が伸びている印象。内々から押し切るのは難しい感じでした。踏み固められてから内が伸びて来るかもしれませんね。ダートは完全に先行勢が優位です。



では本日の平場注目馬一覧です。出来る限り1番人気を避けていこうと思います。

日曜の東京


1R ハミングパッション

2R レイダー

3R メルマガ限定

4R レローヴ

5R トータルソッカー

6R メルマガ限定

7R アシャカセルクル

8R キングクラッチ

9R メルマガ限定

10R ラベンダーヴァレイ

11R エバープリンセス

12R メルマガ限定

日曜の京都


1R メルマガ限定

2R メルマガ限定

3R ミスターロンリー

4R サウンドラブリー

5R ミュークレックス

6R クライシス

7R ドルフィンマーク

8R メルマガ限定

9R メイショウタチマチ

10R メイショウラケーテ

11R 天皇賞(春)別記事です。

12R カネトシビバーチェ

日曜の新潟


1R メルマガ限定

2R メルマガ限定

3R メルマガ限定

4R マテンロウボス

5R メルマガ限定

6R アンチャーテッド

7R サトノアイリ

8R マカレア

9R メルマガ限定

10R ヒメタチバナ

11R プロフェット

12R ダノンブライト


競馬ブログランキングへ

天皇賞(春)2017予想です。

京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞(春)2017。今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドに注目が集まります。

キタサンブラックが連覇を達成するのか、サトノダイヤモンドがそれを阻むのか。さらには伏兵の激走があるのか、注目の重賞となりますね。



早速予想に入ります。

天皇賞(春)2017予想と印。


キタサンブラックとサトノダイヤモンドに人気が集中しています。これまでの戦績と実力を見てもこれは仕方がないでしょう。枠と脚質からわずかにキタサンブラックが人気面で上回り1番人気になるはずですが、最後まで拮抗したオッズでしょう。

1番人気は過去10年で3着1回のみであとは全て4着以下と嫌なデータがありますね。おそらくこれは色んなところで言われているのでもう有名な話しになっているでしょうか。

ただ、この1番人気馬らは負けるべくして負けたと言っていいように思っています。

これらの馬をよく見てみると追い込み馬・大外枠と立ち回り・先行力・持続力問われる天皇賞(春)では走りようがない脚質と枠順。さらにはキングカメハメハ産駒とこちらも長距離では買えない血統。

今年は内枠・先行脚質・立ち回り力抜群・天皇賞(春)は去年勝っていると過去10年とはまるで違う1番人気となるキタサンブラック。ここは過去の傾向は無視でいいと思います。キタサンブラックが1番人気はダメだというデータを払拭するでしょう。

では外枠で不利なレース展開になりそうなサトノダイヤモンド。大外枠はどう考えても不利ですが、馬券に絡まないかどうかは別問題。能力・センスは抜けているのがこの馬です。

過去の傾向を見ても馬券絡みがないのは大外枠に入った馬番17・18番の馬であってサトノダイヤモンドは馬番15番。フルゲートなら橙帽の枠になります。嫌いすぎると痛い目にあいそうです。

それでは展開ですが・・・といってもキタサンブラックがほぼ間違いなくレース展開を支配すると思います。この馬より前に行っても交わされて潰されますし、後ろから何も行かなければ淡々と押し切ってしまうでしょう。こう考えると1番上手く立ち回れるのはキタサンブラックから離されずに後ろをついていく、ということになるのではないかと思います。

この馬が最後に失速して詰まるということはまず考えられませんし、抜群のコース取りで立ち回っているはずなのでこの馬が作るレーンに乗ってしまえばおのずと好ポジションが奪えているのでは。去年のカレンミロティックはまさしくこの競馬でした。

ならば、このポジションが取れそうな馬+サトノダイヤモンドで馬券を組み立ててみたいと思います。

本命はもちろんキタサンブラック

もうこの馬に逆らう必要はないでしょう。どんな展開になってもまず間違いなく堅実に走ります。今回は内枠を取りましたし変に逆らうとまず的中しません。素直に本命を打とうと思います。

相手にはこの馬を。

人気ブログランキングE

昨年好走しておりこの舞台への適正は十分。血統的にもハーツクライ産駒とトニービンの血を持っており、ここへの適正は高いです。

前走は早めに勝ちに動いての2着でしたが内容としては決して悪い物ではなかった。内目の枠を引いたのでゲートが非常に上手い鞍上ですしキタサンブラックの後ろをポジションを取りに行くように思います。

昨年の結果と今のキタサンブラックの充実度から逆転の可能性はわずかしかないかもしれませんが、2着までなら十分あるはず。

3番手にサトノダイヤモンド

大外枠を引いたのでここまでの評価とします。前に壁を作ることが出来ない事と外々を回されてしまうことは、立ち回り勝負になるこの天皇賞(春)という舞台では大きく不利です。

ただ、能力的にはこれ以上評価を下げることは難しい。外から強引に勝ちに動いた時に最後脚があがる可能性もわずかながらありそうで3番手としました。

以下、穴注目としてはやはりこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

週初めの考察で挙げた馬になります。昨年も出走していましたが勝ち馬のキタサンブラックとの差はわずかに0.5秒。内々を上手く立ち回ることが出来ればこの差はもっと縮まっても良いはず。

今年も昨年と同様に内目の枠が取れました。昨年は好スタートでスッと前につけるも最初のコーナーまででやや強引に下げてポジションを悪くしてしまっていました。昨年と同様のスタートを切ることが出来れば内々で好位から立ち回る競馬が叶うのではないかと見ています。

昨年同タイムのアルバートとのオッズ差があまりにも大きくこれは舐められすぎていると思います。カレンミロティックのような一発があってもおかしくないはずです。

ゴールドアクター

前走の敗戦だけでかなり人気が下がっていますがこれはちょっと嫌われ過ぎなようにも思います。有馬記念では3着に好走しており、能力が衰えていると判断するのはまだ早いでしょう。

鞍上に横山典騎手を迎えて何かをしてくるのではと思いますし、この馬の先行力・立ち回り力からはインに潜り込んで好位から立ち回る競馬を狙ってきそう。抑えておきたいですね。

最後に好枠引いたシャケトラまでを拾っておきますが、この馬が2着までに来るイメージはあまり湧きません。

アルバート・レインボーラインは穴人気すると思いますが、ポジションを悪くしそうなのでここは切ります。

天皇賞(春)2017印です。

キタサンブラック

人気ブログランキング

サトノダイヤモンド

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

ゴールドアクター

×シャケトラ

以上で天皇賞(春)2017予想を終わります。

4/29東京・京都・新潟平場注目馬一覧です。

今日から新潟が開催です。東京ではダービートライアルの青葉賞が行われ、京都は明日注目の天皇賞(春)が行われます。楽しみな週末ですね。ただ、今日は天気がちょっと心配です。急に降って来ることがあるみたいですね。

東京芝はほぼフラットな馬場と見て良いでしょう。展開次第でといったところ。ただ、雨が降ると一気に変わることも。ダートはやや先行馬が優勢か。日曜は顕著でしたが馬場が乾いて少し変わるかも。

京都芝は内がやや有利な馬場で良いか。先行内枠勢には引き続いて注意したい。ダートは阪神ほどではないにせよ前に行けるほうが良い。ただ、京都も雨が降るかもしれないので降ると変わって来るかも。

新潟芝はおそらく過去の傾向からはほぼフラットとみて良いはず。すぐに外が伸びる馬場に変わる傾向もありますが、先行勢が外に張り始めると差し馬は全く届かないという事もあるので、芝の伸びどころは注目。ダートは先行有利で間違いないはず。小頭数戦の差し馬に注目ですね。

さて平場予想ですが、2週ほど前から平場予想を平場注目馬に切り替えて掲載しています。先週の結果は(2・4・5・32)単回33%複回45%でした。ちょっと狙いすぎた感はありますが4着が多かったので狙いどころは悪くなかったかなと思います。この形でしばらく続けてみようかなと思います。



では平場注目馬一覧です。

土曜の東京


1R メルマガ限定

2R メルマガ限定

3R メルマガ限定

4R クリップスプリンガ

5R メルマガ限定

6R キングオブアームズ

7R メルマガ限定

8R フラマブル

9R レーヌドブリエ

10R ケンベストカフェ

11R 青葉賞は別記事です。

12R メリートーン

土曜の京都


1R メルマガ限定

2R メルマガ限定

3R プライムタイム

4R テソーロ

5R メルマガ限定

6R テイエムチェロキー

7R メルマガ限定

8R コパノリスボン

9R インウィスパーズ

10R メルマガ限定

11R ナンチンノン

12R ロイヤルハンプ

土曜の新潟


1R ベストサポーター

2R レッドエレノア

3R ブルーベック

4R プリンスダム

5R シャンティローザ

6R ウインハイライト

7R メルマガ限定

8R ショウナンガッチャ

9R サウスリュウセイ

10R メルマガ限定

11R テイエムシャンパン

12R グランノーブル


競馬ブログランキングへ

青葉賞2017予想です。

東京競馬場芝2400mで行われるGⅡ青葉賞2017。今年はアドミラブル・トリコロールブルー・ポポカテペトルらが出走を予定しています。

ダービーへの切符を手にするのはどの馬になるのか。注目のダービートライアルですね。



早速予想に入ります。

青葉賞2017予想と印。


昨年に続いて今年も小頭数の組み合わせ。外枠に入っても外々を大きく回される心配もなく、不器用なタイプでもしっかり走ることが出来そうです。

展開を見てもタガノアシュラか若しくはゲート後手ならイブキが引っ張るとは思いますがこの2頭は引き付けてもいい事はないのである程度流れるレースになるかと思います。

ダート勝ちと未勝利の2頭も前に行かないと話しにならないですしポポカテペトルあたりも前々で進めるはずなので淡々と淀みないペースから力比べの展開となりそうです。

本命は週中から注目していたこの馬とします。

人気ブログランキングB

前走スプリングステークスは5着に敗れましたが、外々を回し続けての0.3秒差なら悪くないでしょう。上り最速の脚を使っており能力は示した1戦。過去の走りを見て前走より今レースの条件の方が間違いなく合っているので、パフォーマンスを上げてくるはずです。

血統を見ても過去に好走馬を多数輩出しているヌレイエフをメンバー中唯一本馬だけが持っており、サンデー×ノーザンダンサー系も相性良いです。

この小頭数なら外枠からでも大きな距離不利はないはずですし、戸崎騎手のちょっと外に出しての差しも合うでしょう。ここは期待十分ですね。

相手にポポカテペトル

マウントロブソンの全弟というだけあって立ち回り持続力タイプと見ます。速い上がりでスパッと切れる脚はありませんが、息の長い末脚を使うことが出来るので、ポジションを取って長い直線で前目の位置からしっかり伸びることが出来るはず。ドスローのよーいドンでは分が悪いですがそういう展開にはならないはずです。

3番手にタガノアシュラ

イブキかこの馬が逃げると思いますが、イブキは徹底逃げタイプではないので十中八九この馬が逃げるはず。単騎逃げでマイペースのレースになれば非常にしぶとい馬です。血統背景をみてもスタミナ持続タイプなので、この距離でスタミナを活かせるようなペースを作り出せば非常に面白い存在になりそう。

以下、アドミラブル

前走はアドマイヤロブソンを子ども扱いしているように能力的には間違いないでしょう。ただ、前走はドスローの瞬発力戦での勝利ということで今回の想定する流れとは全く別物。その末脚を存分に使えずに敗れる場面があっても驚けない。

穴注目としてはこの馬を。

[最強]競馬ブログランキングへ

週中から挙げていましたが、内枠でしっかり我慢が出来そうな枠に入ったので狙ってみたいと思います。

考察でも触れましたがとにかく右回りは走りにくいようで消化不良になっている。左回りでは能力発揮出来ており、ここまで人気が無いのであれば1枚押さえておきたい。この鞍上は内枠で好走率が上がるあたりも不気味に映る。

以下、ダノンキングダムベストアプローチを押さえたい。

青葉賞2017印です。

人気ブログランキングB

ポポカテペトル

タガノアシュラ

アドミラブル

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

×ダノンキングダム

×ベストアプローチ

以上で青葉賞2017予想を終わります。

~PR~

無料メルマガ「競馬力向上委員会」


大阪杯を皮切りに春のGⅠ戦線が開幕です!「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は・・・無料です!仕事の都合で確実にメルマガを配信できる保証が出来なくなりそうなので、無料コンテンツとすることにしました。無料メルマガの詳細はこちらからご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

クイーンエリザベス2世カップ2017予想です。

香港シャティン競馬場芝2000mで行われるGⅠクイーンエリザベス2世カップ2017。今年は日本からネオリアリズムが、香港からはワーザーらが出走を予定しています。

ルーラーシップ以来のクイーンエリザベス2世カップ制覇をネオリアリズムが果たすのか。注目のGⅠですね。



早速予想に入ります。

クイーンエリザベス2世カップ予想と印。


今年は8頭立てと小頭数。枠順により有利不利はそこまで考えなくてよいでしょう。この時期のシャティン競馬場の傾向と血統・過去の戦績から予想してみようかと思います。

まずシャティンの芝ですが暮れに行われる香港国際時よりは時計がかかります。同距離で行われる香港カップよりは時計はかかる馬場と見ておいて良いかと思います。ルーラーシップがここで勝っていることが何より物語っています。

血統は香港の主流血統の1つとなるデインヒル持ちが好成績。そのデインヒルの父となるダンジグ持ちも良いです。この2つの血統には注目しておきたいですね。ただ、今年の香港馬は全頭持っていますが・・・。持っていないのはザユナイテッドステイツとネオリアリズムの2頭ですね。

過去の戦績を見てみるとワーザーはちょっと抜けている印象です。前走こそ敗れていますがマイルが単純に忙しかっただけかと思います。この馬を外して予想することは難しいですね。

ブレイジングスピードはそのワーザーと差のない競馬を続けています。ワーザーが外でこの馬が内なら逆転もと思いましたがこの枠からでは逆転はないか。

シークレットウェポンは香港カップが非常に強い内容。内のモーリス・前のステファノスと壁になって追い出しが遅れていましたがそこから2着まで押し上げました。ただ、頭までは難しいか。

面白いのはやはりパキスタンスターですね。ラッキードラゴンというとんでもない馬が同世代にいるためにまだGⅠ勝ちはありませんが、能力的にはここでも通用しそうです。ラッキードラゴンを単純に物差しとして見るならばチェアマンズトロフィーの内容を見ても上位でしょう。

ではこれらを踏まえての予想ですが・・・本命はこの馬にします。

人気ブログランキングD

距離2000mに戻せば本来の能力をいかんなく発揮してくるでしょう。昨年の同レースで圧勝しておりコース・距離への適正は文句なし。このメンバーで3着を外すということはちょっと考えにくいですね。

オッズ的にはおそらくネオリアリズムが鞍上モレイラ騎手も手伝って1番人気だと思うので意外と良い配当になるかも。

相手にパキスタンスター

本命馬を逆転するとすれば筆頭はこの馬になるでしょう。もしこの馬が勝てばラッキードラゴンはとんでもない化け物状態になってしまいそうですが。

3番手にネオリアリズム

時計のかかる馬場自体は合うでしょう。単騎濃厚な展開もこの馬には向いてくるはずです。行った行ったでそのまま粘り込む姿が見られるかもしれません。

穴注目はこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

とにかく本命馬とセットで良く走ります。本命馬が凡走すれば一緒に凡走もありますが。今回は昨年3着の舞台に戻りますし時計の速い香港カップよりはこちらの方が合うでしょう。ただ、勝ち切りは難しいので頭はないと思います。

以下、シークレットウェポン・ディクトンを抑えにとります。

クイーンエリザベス2世カップ2017印です。

人気ブログランキングD

パキスタンスター

ネオリアリズム

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

シークレットウェポン

×ディクトン

以上でクイーンエリザベス2世カップ2017予想を終わります。

~PR~

無料メルマガ「競馬力向上委員会」


大阪杯を皮切りに春のGⅠ戦線が開幕です!「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は・・・無料です!仕事の都合で確実にメルマガを配信できる保証が出来なくなりそうなので、無料コンテンツとすることにしました。無料メルマガの詳細はこちらからご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

↑このページのトップヘ