競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2017年06月

ラジオNIKKEI賞2017予想考察です。

福島芝1800mで行われるGⅢラジオNIKKEI賞2017。今年はサトノクロニクル・クリアザトラック・ライジングリーズンらが登録しています。

残念ダービーと言われている本レースですが、去年はゼーヴィント・一昨年はアンビシャスと古馬になっても一線級で活躍している馬が勝利しています。

今年はどの馬が制することになるのか。注目の重賞です。
[adsense]
早速考察に入ります。

内枠有利。持続力あるボールドルーラーに注目。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



ペースが速い=差し有利、ペースが遅い=前有利とはならない重賞です。ペースに関係なく先行馬が残ったり差し馬が絡んだりと難しい傾向ですね。このあたりも人気薄がよく馬券になる事と関係していそうです。

ただ、共通しているのは外々を追走するのはマイナスになるという事。内々でロスなく立ち回った馬や、内で脚をしっかりと溜める事が出来た馬が好走しているように思います。

内枠先行でロスなく運べる馬や、器用さを持った内の差し馬が良いですね。内枠有利な事はデータでもしっかりと出ていまして、7・8枠の馬は(0・0・1・19)とかなり厳しい結果になっています。

外枠から唯一馬券になった馬は昨年のアーバンキッドですが、この馬は重賞2着の実績がありました。余程の事がない限り、外枠に入った馬を軸にすることは危険ですね。

血統

ディープインパクト産駒が過去5年で3勝しています。今年はクリアザトラックが該当しますが、当然人気するでしょう。

ただ、サンデー×ノーザンダンサー系の馬は過去5年で見ると5年前の1・2着のみであとは惨敗。積極的には買いにくいデータとなります。

ボールドルーラー系にも注目しておきたいです。ボールドルーラーの血を持つ馬の好走が中々に目立ちます。今年も該当馬が数頭いますので気にかけておきたいところ。

前走内容

距離で見ると、距離短縮>距離延長>同距離となります。前走から距離短縮してきた馬が過去5年で4勝2着1回と圧倒的な数値を残しており、勝率・連対率でも抜けています。

前走クラスで見ると、500万組は勝利が馬券内の条件となりそう。過去5年で3頭が500万勝ちから馬券になっていますが、その3頭は東京・阪神で500万勝ちを収めた馬でした。

ラジオNIKKEI賞2017注目馬は?穴馬は?


今年はサトノクロニクルとクリアザトラックが人気を分け合う形になるでしょうか。前者はオープン勝ちで重賞でも好走、後者は1000万勝ちとこのメンバーでは抜けた存在。

ただ、どちらも大箱の競馬場の方に適性があるはずで、取りこぼす可能性は十分。つけ入る隙はありそうです。

では今年のラジオNIKKEI賞2017注目馬ですがまずはこの馬をピックアップ。

人気ブログランキングC

前走ではクリアザトラックに完敗しており、人気にもならないでしょう。

ただ、2走前のきんもくせい特別の内容が非常に良く小回り適正はかなり高いと思っています。

33秒台のキレが求められるような舞台ではかなり厳しいと思いますが、ラジオNIKKEI賞はそのようなキレが求められることはほとんどありません。器用さがあるので内から上手く捌くことが出来るため、内枠に入ってくれれば面白い存在になりそう。

血統背景を見てもスピードと持続力があるのは明白。注目したいボールドルーラーを持っており非常に楽しみです。

もう1頭注目したいのはこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

非常に立ち回り上手いタイプ。スッとポジションが奪えるのは魅力ですね。

この馬もキレ勝負になると厳しいと思いますが、持続力が問われる展開なら上位に入ってくるはず。

3歳馬限定の500万勝ち後ですし、血統背景的にもカジノドライブ産駒の芝レースなので人気にならないでしょう。

ただ、この馬も注目のボールドルーラーを持っており、母父にサンデーサイレンスということでスピードの補填はある。

2走前にはモズカッチャンとタイム差なしで走っている点にも注目しておきたい。内枠を取れば激走があってもおかしくないでしょう。

以上でラジオNIKKEI賞2017予想考察を終わります。

CBC賞2017予想考察です。

中京芝1200mで行われるCBC賞2017メラグラーナ・シャイニングレイ・アルティマブラッドらが登録しています。

夏競馬がいよいよ本格的に始まりますね。夏競馬到来を思わせるCBC賞を制するのはどの馬になるのでしょうか。考察を進めて行きたいと思います。

では早速考察です。

5歳馬が好走率高い。ペース読みが重要。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



ペースが速くなれば差し馬が上位に、ミドルからスローなら前が有利になっています。ペースを読み切ることが出来れば的中に大きく近づくと言えそうです。

2年前と5年前はなかなかのハイペースだったので差し馬が上位に来ています。残りの3年はミドル~スローだったので先行・中段待機の馬がしっかり馬券になっていますね。

今年はメンバーだけを見ると速いペースになりそうですが、最終的には枠順を見て考察していきたいですね。

枠順

その枠順ですが過去5年で1・2枠に入った馬は全滅しています。やはりコーナーのバンクを使いながら加速してくことが出来る中~外枠が有利と言えます。

ただ、中京の芝が6月開催のような高速馬場になっていればこの傾向は変わるかもしれません、土曜日の時計の出方には注目しておきたいですね。

血統

父ノーザンダンサー系が大苦戦で過去5年で17頭出走して2着1回のみ。今回人気が予想されるメラグラーナが該当しますが果たして。

1200mの重賞ということでミスプロ系はよく走っていますね。さらに目立つのはナスルーラ系です。注目しておきたいです。

前走距離

タフな中京ということでしょうか、前走から距離短縮してきた馬の率が良いですね。スピードだけでは押し切れないということになるのでしょう。

前走同距離の馬はほとんどが3番人気までの人気馬です。穴を拾うならまずは前走から距離短縮で臨んでくる馬から見てみたいですね。

CBC賞2017注目馬は?穴馬は?


CBC賞は意外と堅めに収まる傾向にあるレース。2桁人気馬は過去5年で3着1回のみとかなり厳しいデータとなっています。

さらには前走で位置取りが悪すぎた馬(4角10番手以下)も届いていません。ある程度のポジションで競馬が出来る馬で尚且つ1桁人気で支持されそうな馬からチョイスしてみようと思います。

気になる馬はまずはこちら。

人気ブログランキングB

5歳牝馬は同レースと好相性。これだけで買いたくなってしまうのですが、脚質的にも好意からレースを進める事が出来るのは魅力でしょう。

血統を見てもミスプロ系等の好走血統ではないものの、パワーとスピードをしっかりと兼ね備えている血統でCBC賞との相性は決して悪くないはずです。

とんでもないハイペースになると厳しいと思いますが、淡々と流れるのであればこの馬の好走が見られるはずです。

もう1頭は穴っぽいところからこの馬を。

[最強]競馬ブログランキングへ

前走は明らかに距離が長かった。この馬の適距離は1200~1400mでしょう。

脚質の幅も広がってきており、前につけても中段からでも競馬が出来るのは強みですね。

ハンデも手ごろなところで治まりました。追ってしっかり伸びるタイプなので直線の長いコースは合っているでしょう。

想定9番人気になっていますが、この人気なら面白い1頭となりそうです。

以上でCBC賞2017予想考察を終わります。

 

帝王賞2017予想です。

大井競馬場2000mで行われる帝王賞2017。今年はGⅠ馬が6頭揃ってなかなかの豪華なメンバーが揃いました。アウォーディー・サウンドトゥルー・アポロケンタッキー・クリソライト・オールブラッシュ・ゴールドドリームですね。

この6頭から今年の勝ち馬が出るのでしょうか。地方馬が意地を見せる場面はあるか。注目の地方交流GⅠです。
[adsense]
早速予想に入ります。

帝王賞2017予想と印。


今年も豪華なメンバーが揃いました。このメンバーでは地方勢の出番はないでしょうから実質的には7頭立てのレースと考えて良さそうです。

大井2000mは最初の直線も距離がしっかりとありますし内外そこまで大きな差はありません。純粋に能力を存分に発揮しやすい舞台で能力と距離適性の比較が重要となります。

サウンドトゥルーらの末脚もしっかりと届いていますし、脚質もそこまで気にしないで良いでしょう。

今年は昨年の東京大賞典1~3着馬がそのまま出走予定。そこに新鋭と言える4~5歳世代と古豪クリソライトが立ち向かう構図ですね。

では予想に入ります。本命はこの馬で良いでしょう。

人気ブログランキングA

海外帰りという点は気になりますが、その前走ドバイでも掲示板内に好走しました。今回登録しているメンバーでドバイに行って掲示板に載れる馬はいないでしょう。

能力はもはや疑いようがありません。距離・コース共に問題もありませんね。立ち回りも非常に上手いので内枠に入ったことは大きくプラス。あとは抜け出した時にソラを使うという点と海外帰りのデキがどうかだけ。

ソラを使う点はこの馬の事をよくわかっている鞍上なだけにそこまでの心配はいらないでしょう。あとはデキさえまともならこのメンバーでも1枚上と判断します。

相手にはアポロケンタッキー

この馬は加速能力がいまいちなのでいかにブレーキをかげずに押してあげて行けるかがポイントになる。その意味では地方交流重賞はバラける事がほとんどなので好走条件にはまってくるはず。

理想は外目の枠からグイグイ押して行くこととなるのですが、最初の直線は長いですし外に出してしまえば大丈夫かと思います。

万一出せなかった時に苦しくなるのと、海外帰りという点で2番手にしましたが、東京大賞典のような競馬が出来れば勝ち切りまで。

3番手にサウンドトゥルー

前走は距離が短い上に芝スタートで完全に置いて行かれていますのでノーカウントで良いでしょう。

距離はやはり1800m以上は欲しいところ。ダートスタートに変われば置いて行かれることはありませんし、過去に実績にあるコース。ここは巻き返して来るでしょう。

内目でロスなく回って最後に外に切り出す形が理想ですので、この枠はややマイナス。うまく捌けば連までは十分あるかということで3番手とします。

穴で買いたいのはこの馬とします。

[最強]競馬ブログランキングへ

コーナリングの性能が抜群で本来得意とするコースはコーナーが多い小回りコースでしょう。中央競馬よりは地方に適性があるのは間違いないですが、大井競馬場にそこまでの適正があるかどうか。抜群の適正とは言えないと思っています。

では、穴推奨するのは何故か?今回は展開が向いてくるのではないかと見ています。

この枠からなら、スタートの上手い鞍上ですしまず間違いなく逃げることが出来るでしょう。オールブラッシュも行きたいクチですが、逃げるのは本馬だと思います。

この馬は逃げてしまえば抜群の成績を残しており、過去1角を先頭で回ったレースでは連対率100%を誇っています。

行ってしまえば、このメンバーなら無理に競りかけることはしないでしょうから4角まではポジションをキープできるはず。

最後の直線ではアウォーディーは早めに交わしたくないのでギリギリまで競りかけるような内容にしたいはずで、そうなると逃げ残す展開にはまりそう。

逃げ残して配当を上げるならこの馬しかいないでしょう。

以下、クリソライト・ゴールドドリームとします。

オールブラッシュは一番中途半端な競馬になりそうなので今回は切りたい。

以下、帝王賞2017印です。

人気ブログランキングA

○アポロケンタッキー

▲サウンドトゥルー

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

△クリソライト

△ゴールドドリーム

以上で帝王賞2017予想を終わります。

6/25東京・阪神・函館平場注目馬一覧です。

今日はいよいよ宝塚記念。久しぶりの週末に降る雨ですね。

阪神芝は雨が降ると一気に馬場悪化する傾向にあるので、高速馬場からは一変するはずです。楽しみが出て来ました。ダートも雨の影響が大きく出るでしょう。先行勢を拾いたい。

東京芝は変わらず内目は厳しい印象。かと行って外を回すと届かない。立ち回りセンスと長い脚が使えるかがポイントでしょう。ダートは先行勢が依然として好走。

函館もまだまだ芝の状態は良さそうです。これまでの洋芝の傾向とは思わない方が良いでしょう。ダートは4角で前につけていないと苦しいですね。
[adsense]
では本日の平場注目馬一覧です。勝負レースは無料メルマガで配信しておりますのでそちらもよろしければどうぞ。

日曜の東京


1R メルマガ限定

2R センノギモーヴ

3R メルマガ限定

4R ラヴィソント

5R マイネルイノメ

6R メルマガ限定

7R ジェイケイオジョウ

8R プランスシャルマン

9R メルマガ限定

10R バンケットスクエア

11R ウインガニオン

12R メルマガ限定

日曜の阪神


1R メルマガ限定

2R メイショウヒボタン

3R メルマガ限定

4R メルマガ限定

5R イベリア

6R ドルチェリア

7R ウインカートゥーン

8R トリオンフ

9R ブラッククローバー

10R メルマガ限定

11R 宝塚記念は別記事です。

12R メルマガ限定

日曜の函館


1R メルマガ限定

2R サンデュランゴ

3R メルマガ限定

4R メルマガ限定

5R タイセイアベニール

6R シルクドレス

7R メルマガ限定

8R ショウナンアヴィド

9R ウインランブル

10R マルターズゲイル

11R シンフォニア

12R メルマガ限定

 

宝塚記念2017予想です。

阪神芝2200mで行われるGⅠ宝塚記念2017。今年はキタサンブラックの断然1強ムードが漂っています。

オッズ通りにキタサンブラックで決まってしまうのか。他馬が意地を見せるのか。大注目のグランプリレースですね。
[adsense]
早速予想に入ります。

宝塚記念2017予想と印。


宝塚記念の考察はこちらの記事をご参照ください。

宝塚記念2017考察

宝塚記念2017考察2

今年の阪神はここまでかなり特殊な馬場。雨がほとんど降っていないので高速決着が続いています。

明日もこのままの馬場なら高速馬場に適応が高い馬を選択することになりましたが、明日は雨が降る予報。日中一度止むようですがかなりの降雨が予想されます。

阪神の芝は雨中の競馬になると一気に馬場が悪化して重い馬場に変化します。明日は土曜までの高速馬場から一変して重い馬場で時計のかかる競馬になると想定しておきたいと思います。

雨の競馬で小頭数。追ってしっかり伸びるタイプで尚且つ重い馬場でもグイグイ行きそうなタイプ。本命は週中の注目馬として挙げたこの馬としました。

人気ブログランキングA

ここ2戦は敗れた理由がはっきりしている。特に前走は全く競馬をしておらずノーカウントの一戦として良いでしょう。

過去の走りと血統背景を見る限りは重い馬場は歓迎のクチで苦にすることはないはずです。

この小頭数の競馬ならば不利を受けることはほぼないはずですしタフな競馬で他馬が伸びあぐねるところをグイグイと脚を伸ばしてきそうです。

想像以上に人気がないようですしここは思い切って狙ってみたいと思います。

相手にはキタサンブラック

馬券外に飛ぶ可能性は限りなく0に近いと思いますが、取りこぼすならここしかないでしょう。

土曜のような馬場なら間違いなく勝ち切っていると思いますが、この雨の影響で取りこぼす可能性が一気に上がったと思います。

強いことはわかっていますし、勝ち切ってしまっても全くおかしくないのですが、ここは取りこぼす方で考えようと思います。

3番手にシャケトラ

前走は厳しい流れでしたし根本的に高速馬場は合わなかった。58キロの酷服がカギになりますが、血統背景を見ても重い馬場を苦にすることはないでしょう。むしろプラスに働くと見ます。

穴注目としてはこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

何かしら一発があるならこの馬でしょう。前走では出遅れて競馬にならず。関西圏への輸送が問題になりますが、この枠からキタサンブラックに対してどのような競馬をするのか。

逃げてしまうか後ろにぴったりつくかのどちらかでしょうが、逃げてしまった方が面白いのではと思っています。鞍上込みで期待したいですね。

以下、ミッキークイーン・ミッキーロケット・サトノクラウンとします。

シュヴァルグランは嫌うならここと週中から思っていましたので切りとしたいです。

宝塚記念2017印です。

人気ブログランキングA

キタサンブラック

シャケトラ

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

ミッキークイーン

ミッキーロケット

サトノクラウン

以上で宝塚記念2017予想を終わります。

↑このページのトップヘ