競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2017年07月

レパードステークス2017予想考察です。

新潟ダート1800mで行われるGⅢレパードステークス2017。今年はエピカリスに注目が集まりますね。

アメリカGⅠを直前回避しての復帰戦となりますエピカリス。断然人気が想定されますがどのような結果が待っているのでしょうか。注目の重賞ですね。
[adsense]
早速考察に入ります。

先行できる人気上位馬に注目。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



1番人気の複勝率が100%です。3番人気までの馬が3着以内の15頭中10頭を占めており、人気のある実力馬がそのまま結果を出しているということになります。単純に強い馬がそのまま能力通りに好走しているということになりますね。

残りの3着以内に入った5頭は重賞連対実績・古馬混合1000万勝ち・古馬混合500万勝ちとなっていました。

世代重賞の実績か古馬混合戦での実績がないと下位人気馬では苦しいということになります。

レースでの位置取りも非常に重要ですね。新潟1800mダート戦は先週の競馬を見ていても前に行く馬がよく残していましたが、レパードステークスでもそれは同様。

4角4番手以内のポジションを取れている馬が、15頭中10頭を占めています。

逃げ・先行でしっかりとポジションが取れる馬を上位に評価しておきたいところ。

さらには上がり5位までの馬が馬券内の全てを占めています。単純に強い馬がそのまま能力通りに好走してくれるのがレパードステークスと言えるかもしれませんね。

血統

血統の傾向として探ることは少々難しいですね。人気馬がそのまま好走するようなレースでは偏りはあまり出てこないです。

強いてあげるのであれば、ロベルト系・キングマンボ系・米国ダート血統といったところでしょうか。

ただ、わずかに加点出来る材料というくらいでそこまで気にしないで良いかもしれませんね。

前走内容

前走ジャパンダートダービー組が好成績。毎年1頭は必ず馬券内に入ってきています。この組は人気に関わらず注意しておきたい。ランウェイワルツなど人気薄での好走もありますね。

レパードステークス2017注目馬は?穴馬は?


今年はどう見てもエピカリスが人気を被ることになるのは間違いないでしょう。

ただ、能力的には世代最上位に位置していることは間違いないです。コース実績もありますしこの馬には逆らわないほうが賢明だと思っています。

ただ、3着以内と考えると残り2席空いているのでここでは注目したい2頭をピックアップしていこうと思います。

まずはこの馬に注目したいです。

人気ブログランキングA

3番人気を想定していますが、ここまでダート戦では崩れ知らずで複勝率100%を誇っています。

前走はジャパンダートダービーでしたが、ここでも3着に好走しました。

機動力と末脚の安定感がこの馬の強みだと思っています。

脚質的には本来新潟1800mダートでは少々苦しいかもしれませんが、道中で動ける機動力がありますので4角で前を射程圏にいれることが出来れば、エピカリスに迫ることも出来るかもしれません。

もう1頭はこの馬ですね。

[最強]競馬ブログランキングへ

この馬も前走ジャパンダートダービー組。前走は見せ場なく敗れましたが、この馬はとにかく前に行った馬が残る馬場や展開ならというタイプ。前走は苦しい内容でした。

カジノドライブ産駒なのですが、この産駒の馬は同コースで4角で1・2番手を取る競馬が出来ていれば非常に優秀なデータを残しています。

行くしかない馬なのでここでもハナを主張していくことになるのは間違いないでしょう。4角を回ったところでまだ先頭に立っているような展開になればそのまま粘り込めるのではないでしょうか。

人気もあまりないでしょうし7番人気前後になるはず。非常に面白い馬になることは間違いありません。

以上でレパードステークス2017予想考察を終わります。

PR

無料メルマガ「競馬力向上委員会」


夏競馬も早いことにもう中盤戦です!「競馬力向上委員会」では毎週、重賞予想と平場の勝負レースや次走注目馬などを配信しています。お値段は・・・無料です!仕事の都合で不定期配信になっておりますが出来る限り有益な情報を提供できるよう頑張っていきます。

無料メルマガの詳細はこちらからご確認ください。

メルマガの詳細はこちら→「競馬力向上委員会入口」

クイーンステークス2017予想です。

札幌芝1800mで行われるGⅢクイーンステークス2017アドマイヤリード・アエロリットのGⅠ馬2頭に注目が集まります。

この2頭のどちらかが勝つのか。はたまま伏兵の一発があるのでしょうか。楽しみな重賞となりますね。
[adsense]
早速予想に入ります。

クイーンステークス2017予想と印


クイーンステークスの考察はこちらもご参照ください。

クイーンステークス週中予想考察

クイーンステークスはポジション取りが非常に重要となるレース。上手くインで立ち回ってロスなく回れるかと、前に行けるかがポイントとなります。

さらに土曜の札幌競馬を見ている限りは、先行してインのポジションを取れている馬が圧倒的に優位でした。外を回さざるをえない馬にはちょっと厳しい馬場のように感じています。

馬場状態としてはレコードが出たように時計の出る馬場とみて良いかと思います。

クイーンステークス自体は持続力が問われるラップになりがちなので速い時計で持続力問われる流れになると後ろからは物理的に届かないかもしれません。

血統としてはキングマンボ・ゼンノロブロイ・グレイソヴリンあたりに注目しておきたいところ。

以上を踏まえまして、本命はこの馬としました。

人気ブログランキングA

週中の注目馬として挙げましたが、初志貫徹でこの馬から入ろうと思います。

機動力がありますし、前走は早めに勝ちに動いて勝ち切りました。重賞2連勝中ですがどちらも中身のある勝ち方を見せてくれました。

ポジションはおそらく前走とほぼ同等のポジションが取れるだろうと見ています。ポジション取れれば先行して押し切れることは前走で証明済です。

時計がかかる馬場の方が良いことはわかっていますが、そこを差し引いても血統背景や脚質・適性を考えるとこの馬を上位に評価しない理由がありません。ここから入ろうと思います。

相手にはパールコード

GⅠ2着ありこのメンバーでは実績上位。2ターンの競馬で結果をしっかりと残して来ています。

ゲートが非常に安定しておりポジションは問題なく取れると思います。ノットフォーマルの後ろについていく形になるでしょう。

速い時計にも対応出来ているので今の札幌芝にも合うでしょう。

3番手にクインズミラーグロ

インで上手く立ち回れる本馬にとっては絶好の枠が取れたと思います。ゲートを決めることが出来るかどうかがになりそうです。

前走のように外から捲る形になると今回は厳しいと思いますが、中山牝馬の時のような競馬が出来ればここでも十分にやれるはず。

穴で注目はこの馬になりますね。

[最強]競馬ブログランキングへ

昨年好走しており適正という面では文句なし。そこから凡走が続いているので今回は人気急落といったところ。

血統面でも適正ありですし、今回は先行策を示唆しています。好位から競馬をすれば去年の再現があっても不思議ではないでしょう。この人気で買えるなら面白い。

おそらくここで走らなければもうこの馬を買える場面がないと思います。

以下、アドマイヤリード・トーセンビクトリー・アエロリットとして押さえにノットフォーマル・ヤマカツグレースとしました。

クイーンステークス2017印です。

人気ブログランキングA

○パールコード

▲クインズミラーグロ

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

△アドマイヤリード

△トーセンビクトリー

△アエロリット

×ノットフォーマル

×ヤマカツグレース

以上でクイーンステークス2017予想を終わります。

アイビスサマーダッシュ2017予想です。

新潟芝1000mで行われるGⅢアイビスサマーダッシュ2017。今年はフィドゥーシア・ネロ・アクティブミノルらが出走を予定しています。

新潟名物千直重賞ですがどの馬が制するのでしょうか。注目が集まる重賞となりますね。
[adsense]
早速考察に入ります。

アイビスサマーダッシュ2017予想と印


アイビスサマーダッシュの考察はこちらの記事も参照ください。

アイビスサマーダッシュ週中予想考察

アイビスサマーダッシュで求められるのはスピードの持続力。ゲート出た後にグイグイ進んでそのまま惰性で一気に駆け抜ける競馬となります。

そして有名なところですが外枠が絶対的に有利です。7・8枠の成績が圧倒的なので軸はここから拾う事になりそう。

では本命ですが絶好枠を引いたこの馬となりました。

人気ブログランキングB

週中でも注目馬として挙げましたが、まさに絶好枠。この枠からなら前走のようにハナを主張する以外にはないでしょう。

行ってしまえば前走同様に粘り込める競馬が出来るはずですし、前走のラップを見てもここへの適正は間違いなくある。

この枠順なので必要以上に人気してしまうとは思いますが、この枠なら買わない手はないでしょう。

相手にフィドゥーシア

本馬も枠は悪くないでしょう。前走の内容からは千直への適正は間違いなくあります。

晩成型だと思いますのでここから一気に開花していく可能性を秘めていますね。

ここを勝つようならサマースプリント戦線で一気に浮上することになります。

3番手にレッドラウダ

フィドゥーシアを評価するなら前走で接戦を演じた本馬も上位に評価しておく必要があるか。

ただ、56キロではまだ結果を出したことがありません。馬格のある馬なので56キロを苦にするようには思えないのですが。

枠は前走より好枠を引いたのでパフォーマンスを落としてしまう事はないはずで、この馬なりの結果をしっかりと出してくれるでしょう。

穴で注目したいのはこの馬になります。

[最強]競馬ブログランキングへ

先行して持続力を活かすという意味では血統的には問題ないはず。枠順的にもまずまずでこの枠からなら勝負になってもおかしくないでしょう。

戦績的にはもう終わった馬と思われているかもしれませんが、函館スプリントでは0.7秒差に健闘しています。

千直という特殊条件で新たな一面が見れる可能性に賭けてみるのも悪くないでしょう。

以下、レジーナフォルテ・ラインスピリット・ナリタスターワンとして、押さえにネロとします。

アイビスサマーダッシュ2017印です。

◎人気ブログランキングB

○フィドゥーシア

▲レッドラウダ

[最強]競馬ブログランキングへ 穴

△レジーナフォルテ

△ラインスピリット

△ナリタスターワン

×ネロ

以上でアイビスサマーダッシュ2017予想を終わります。

 

クイーンステークス・アイビスサマーダッシュ2017予想考察です。

今回は危険な臭いがする人気馬を挙げていこうと思います。

両レースともにそこまで荒れるイメージはないのですが、この馬は人気しているけどちょっとどうかなと思える馬が1頭ずついましたのでここで公開していこうと思います。
[adsense]
では早速行きましょう

クイーンステークス2017危険な人気馬


ここでの危険な人気馬となりそうなのはこの馬ではないかと思います。

人気ブログランキングC

操縦性の高いタイプなのでコース自体はこなせても不思議はありません。ただ、上手く流れに乗ることが出来ればという条件付きですね。

基本的にはかかりやすいタイプなので距離延長は不安が残ります。クロフネ牝馬は短距離で実績を残す馬が多く、この馬も本来の距離はマイルよりさらに短い距離なようにも思えます。

では、なぜクイーンステークスに出走してくるのか。考えられるのは秋華賞へのテストと方針確認ではないかと考えています。

秋華賞は距離2000mの2ターンコース。今回のレースでかかってしまって操縦性を活かせない競馬となれば、距離適性・2タ―ン適正がないと考えられます。

ここでの結果次第では秋競馬は短距離へシフトしていくこともあるのではないでしょうか。

秋に入ってからやっぱり短距離~マイルへとするにはちょっと時間的に後手後手となります。ここからなら修正は存分に可能ですし、放牧先のノーザンFからの転戦なので馬への負担も少ないでしょう。

ここはテストとして考えている臭いがぷんぷんしますね。

アイビスサマーダッシュ2017危険な人気馬


ここではこの馬が明らかに危険だと思っています。

[最強]競馬ブログランキングへ

週中考察でも少し触れましたが、ヨハネスブルグ産駒の6歳馬はそれだけで危険な臭いがしています。

ここ2年半の戦績ですが6歳以上のヨハネスブルグ産駒は散々な結果となっています。

年齢を重ねる毎に戦績が悪くなる馬で、早熟傾向があるのは明らか。過去の千直実績と鞍上戸崎騎手ということで間違いなく人気にはなると思いますが、この人気に見合うだけの走りが出来るかどうか。

戸崎騎手は千直実績高く、単複回収値も非常に優秀なので余計に人気すると思いますがここは危険視して評価を下げたいと思っています。

枠順の並びでヒモに加えるかもですが、無印も十分にある馬ですね。

この2頭が連対することがあれば予想は間違いなく外れることになると思いますがどうでしょうか。今週末は久しぶりに連休なので非常に楽しみです。

クイーンステークス・アイビスサマーダッシュ2017危険な人気馬紹介でした。

アイビスサマーダッシュ2017予想考察です。

新潟芝1000mで行われるGⅢアイビスサマーダッシュ2017。今年はネロ・フィドゥーシア・アクティブミノルらが登録しています。

新潟名物千直レースでの重賞ですね。非常に楽しみなレースとなります。

[adsense]

早速考察に入りましょう。

スピードの持続力勝負。外枠圧倒的有利。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



スピードの持続力が求められる舞台になります。新潟千直コースはテンからグイグイ進んで行ってそのままなだれ込むような競馬が出来る馬が好走する傾向にありますね。

これは過去のラップを見ても明らかで2~4Fは10秒台でグイグイ進んで行きながら最後の1Fはグッと時計のかかる競馬となっています。

トップスピードに速く乗れて尚且つ最後まで持続力で粘り込んでいけるかが重要となりますね。

新潟千直競馬と言えば外枠有利。この傾向はアイビスサマーダッシュでも同様となっています。

7・8枠の馬が過去5年で3勝2着3回3着3回と圧倒的な数値となっています。

1~6枠の馬も6頭が馬券に絡んでいますが、6枠人気薄で馬券になったシンボリディスコを除くと人気馬ばかりとなります。

外枠から中心に考えて内で買えそうな人気馬を拾っていく形になりそうですね。

血統

サクラバクシンオーの血には注目です。ベルカントの2連覇が目立っていますが他の馬の好走も目立ちます。

サクラバクシンオーの父であるサクラユタカオーまで含めるとさらに好走率があがります。この血にはまず注目したいところ。

あとはダート短距離を得意としているミスプロ系や持続力あるヨハネスブルグなどにも注意しておきたいですね。

前走内容

前走重賞組が3着以内の大半を占めています。前走GⅢ組が過去5年で5勝2着2回3着2回と圧倒的な数値。

前走GⅢで3着以内に入ってる馬は全て9着以内の実績なので1桁着順ならというところ。

まずは前走重賞組からの取り捨てを考えていくことになるでしょうか。

アイビスサマーダッシュ2017注目馬は?穴馬は?


今年はネロ・フィドゥーシアが人気を分け合う形になるでしょうか。

ネロは年齢を重ねると一気に好走率が落ちるヨハネスブルグ産駒。6歳を迎えた同産駒は過去2年半で(1・1・1・34)とかなり厳しい戦績。早熟傾向がありありでここは厳しい結果が待っているかもしれません。危険な人気馬になりそうです。

フィドゥーシアは逆に晩成傾向のある血統。ここから一気に開花していく可能性もありますし、注目したい人気馬はこちらでしょうか。

ではここからは注目馬と穴馬のピックアップです。まずは人気サイドからこの馬を。

人気ブログランキングB

前走はブリンカー効果てきめんでした。出鞭をいれて先手を奪うとそのまま粘り込み。

前走のラップを見ても、ここで好走しそうなラップを刻んでいますし、スピードの持続力と言う点でも問題はないでしょう。

初の千直競馬となりますが、舞台適正はかなり高いように思えます。前走のように積極的な競馬が出来れば勝ち負けまで持ち込めると見ています。

前走CBC賞で好走した馬はここでの好走率も高く期待十分。

もう1頭は穴馬からこの馬をチョイス

[最強]競馬ブログランキングへ

この馬も前走CBC賞組です。その前走は15番人気ながらに6着に好走しました。

ここ2戦は行き足ついていませんが、4レース前には新潟直千とリンクしている中山1200ダートで先行して押し切り勝ちをおさめています。

血統を見ても父父にサクラバクシンオーを持っており、血統的には間違いなく合うので、過去に千直へ出走実績がないことで人気を落とすのであれば面白い。

外目の枠を引くことが出来ればこの馬から入るかもしれません。

以上でアイビスサマーダッシュ2017予想考察を終わります。

↑このページのトップヘ