競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2018年05月

さきたま杯2018予想です。

浦和競馬場1400mで行われるJpnⅡさきたま杯2018。今日は時間もあまりないので早速予想に入ります。

さきたま杯2018本命穴馬


浦和1400mで行われる重賞。今年は逃げ先行勢がかなり揃った印象です。

逃げるのはおそらく地方馬のノブワイルド。テンの早さはこのメンバーに入ってもおそらく上位ですし、逃げないとどうにもならない馬なので行けるだけ行くと思います。

その後ろに中央勢がつけてもう1列後ろにキタサンというところでしょうか。

どこでノブワイルドを捕まえに行くかが焦点になりそうですが、外からスムーズに行けそうなベストウォーリアかグレイスフルリープとなりそうですね。

逃げ馬を捕まえるタイミングで他馬の動きが変わると思っているのですが、今回は少し後ろ目の馬に利が出ると想定して買ってみたいと思っています。

では本命ですがこの馬でいきたいと思います。

人気ブログランキングC

このメンバーに入っても全く遜色はありません。器用さのある馬で浦和1400mでの好走歴もあります。

やや早めの展開になると想定するならこの馬の差し足が活きてくる流れになると思います。ここは頭も期待してみたい。

穴で注目はこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

中央ではテンの速さがないので後方一気ばかりでしたが、地方交流となればおそらくある程度のポジションは取れる。

差し届く流れになれば一発あってもおかしくないと思います。

離された人気になりそうですし1枚押さえておきたいところ。

以下、相手候補にグレイスフルリープ・ベストウォーリア

△候補にサクセスエナジー・ノブワイルドとしてみたい。

以上でさきたま杯2018予想を終わります。

鳴尾記念2018予想考察です。

阪神芝2000mで行われるGⅢ鳴尾記念2018。今年はトリオンフ・マルターズアポジーらが登録していますね。

宝塚記念のステップレースとして位置づけられている鳴尾記念。GⅠ路線外の宝塚記念出走候補馬が揃いましたね。

ここから本番でも好走する馬が出て来るかどうか。注目の重賞となります。
[adsense]
では早速考察に入ります。

前目からの競馬が理想。前走位置取りに注目。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



上がり1位・2位の馬がわずかに1勝ずつ。

上がりの脚は必要ですが後方から上りだけの競馬では届かないことを意味しているでしょう。

ある程度のポジションから末をしっかりと伸ばせる馬が良いですね。

ラップ的にも内回りらしく持続するスピードが要求されているので後方一気だとポジションの悪さから届かないということでしょう。

ポジション取りが重要なことは前走の位置取りを調べてみても顕著で、前走4角で4番手以内につけていた馬が4勝2着2回となっています。

開幕週の馬場でもありますし、阪神の芝は基本的に開幕=内有利で良いのである程度の好位からの競馬が出来る馬に有利となっているのでしょう。

血統

スピードが重要ということなのでサンデーの血は必須。過去5年でサンデーの血が父・母父に入っていないのはわずかに1頭のみとなっています。

そこに持続力を補填できるようなノーザン・トニービン・ロベルトといったあたりがかけられていると良さそうに思えますね。

特にロベルトはここ2年連続で穴をあけていますし注目したいです。

鳴尾記念2018注目馬・穴馬


今年はマルターズアポジーがレースを作ることになりそうです。

鞍上は武豊騎手ですし、武騎手が逃げる馬にはおそらく誰も競りかけないでしょう。

この馬が逃げるなら淡々と淀みないラップを刻むと思いますし、例年通りにスピードの持続力が必要な展開になるのではないでしょうか。

では注目馬ですがこの2頭をチョイスしておきます。まずはこの馬。

人気ブログランキングB

マルターズアポジーが作る流れにしっかり乗ればチャンスがありそう。

切れ勝負では全く無理だと思いますが持続力問われる展開になれば出番があるはずです。

時計が出る馬場になればトニービンの血も活きると思いますしロスなく運べる枠に入れば面白い。

もう1頭はこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

ここ数戦は全く競馬が出来ておらず結果も散々。おそらく全く人気にならないと思いますが、血統的にはスピード持続力を問われる展開になればこそ。

同舞台の重賞でサトノクロニクルとタイム差0.1差に好走していますし当時だけ走ることが出来ればチャンスはあるはず。

以上で鳴尾記念2018予想考察を終わります。

PR

普段のネットショッピングをもっとお得に!ハピタスでお得にポイント貯めよう!


普段楽天などのネットショッピングでお買い物をしたり、旅行の時にじゃらんなどで宿泊施設を決めている方には是非ともお勧めしたいポイントサイトです。

例えば楽天でネットショッピングをする時にこのハピタスというポイントサイトを経由してお買い物をすると、楽天ポイントとは別にハピタスポイントが貯まります!

そしてこのハピタスポイントはギフト券はもちろん現金に変えてしまうことも出来てしまいます!!

普段のお買い物をもっとお得に楽しむならハピタスに登録した方が良いことは間違いないですね!!!

気になる方はこちらからご確認下さい↓↓

ネットショッピングを楽しむならハピタス

安田記念2018予想考察です。

東京芝1600mで行われるGⅠ安田記念2018。今年はスワーヴリチャード・サングレーザーらが登録しています。

好メンバーが登録していますがかなりの混戦メンバー。面白いレースが期待出来そうですね。
[adsense]
では早速考察に入りたいと思います。

例年は前傾ラップの末勝負だが・・・


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



2年前は前々有利な競馬でしたが、安田記念は基本的に淀みなく流れて好位から末をしっかり伸ばせる馬が好走するレースです。

2年前は小頭数で行われたレースでラップも後傾ラップとなっています。

したがって小頭数で行われた2年前はデータとしては参考外と捉えて良いかと思います。

末をしっかり伸ばせる馬=上がり上位。上がり上位の馬がしっかりと結果を残しているレースで、過去5年で見るとロゴタイプ・モーリス・クラレントの3頭以外は全て上がり3位以内でまとめていますね。

過去の傾向からいくと今年はフルゲートで行われますし前傾ラップの淀みない流れ・・・といきたいところではあるのですが、登録メンバーを見ると明らかに逃げ先行勢が手薄なのです。

さらにダービーを含めた日曜東京芝の結果を見てもわかる通りにかなりの高速馬場にプラスして内がかなり有利な馬場。

2年前の再現がもしかしたらあるかもしれないなと思っています。土曜の傾向に注目しておきたいですね。

血統

ノーザンダンサーの血がまずは重要。スピードの持続力が要求される舞台となりますね。

サンデー系×ノーザンダンサー系という配合の馬が過去5年でみても馬券内のほとんどを占めています。

この組み合わせの馬は評価を少しあげておきたいなと思います。

安田記念2018注目馬・穴馬


今年はかなり好メンバーが揃ったなという印象。

ただ、前述したとおりに逃げ先行勢が手薄。過去3走以内に逃げたことがあるのはウインガニオンのみとなっています。

その本馬も決して脚の速い逃げ馬ではありません。前に有利な展開になることを現状では想定しておきます。

スワーヴリチャードが前のように捲ったら・・・ともありますが、直線長い東京で捲ることはしないと思います。単順に前に行ける馬が有利になりそう。

では今年の安田記念の注目馬・穴馬ですがこの2頭を。

人気ブログランキングA

前走と比較すると馬場状態と想定される展開からは条件が好転しそう。

ノーザン×サンデーの組み合わせで血統背景も良いですね。

鞍上も調子を上げてきています。先週までの馬場のままなら期待出来ると思います。

もう1頭はこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

暑い時期の調子をあげてくる本馬。血統背景としてもサンデー×ノーザンで良いですね。

これも前が穴をあける想定ですが、このメンバーなら前にいけるだけでアドバンテージはあるはず。

こうなるとこの馬は必ず馬券には組み込んでおきたいです。

以上で安田記念2018予想考察を終わります。

PR

普段のネットショッピングをもっとお得に!ハピタスでお得にポイント貯めよう!


普段楽天などのネットショッピングでお買い物をしたり、旅行の時にじゃらんなどで宿泊施設を決めている方には是非ともお勧めしたいポイントサイトです。

例えば楽天でネットショッピングをする時にこのハピタスというポイントサイトを経由してお買い物をすると、楽天ポイントとは別にハピタスポイントが貯まります!

そしてこのハピタスポイントはギフト券はもちろん現金に変えてしまうことも出来てしまいます!!

普段のお買い物をもっとお得に楽しむならハピタスに登録した方が良いことは間違いないですね!!!

気になる方はこちらからご確認下さい。ハピタスについて詳しく記載しています。↓↓

ハピタスの記事へジャンプ!

 

日本ダービー2018予想です。

東京芝2400mで行われるGⅠ日本ダービー2018。今年はダノンプレミアム・ブラストワンピースらが出走を予定しています。

いよいよ待ちに待ったダービーデー。日本中が注目する大一番です。巷でも盛り上がっていますね。

ここでの的中が6月からの競馬への弾みとなりますしここはしっかりと的中させたいところです。
[adsense]
では早速予想に入ります。

日本ダービー2018本命と穴馬


日本ダービーの考察はこちらをご覧ください。

日本ダービー2018週中予想考察

やはり注目は1枠1番に入ったダノンプレミアムでしょう。

過去の傾向からも内枠、特に1枠1番は驚異的な好走率となっています。

そして、日本ダービーは内枠から穴馬が出ることがほとんど。その穴馬は内枠に入り尚且つ重賞勝ちの実績がありながらも舐められた人気になっている馬となるでしょうか。

やはり基本的には迷ったら内枠からというスタンスでいきたいと思います。

そして前哨戦としては皐月賞組がやはり最有力となりますね。

では今年の日本ダービーの本命ですがこの馬でいきます。

ダノンプレミアム

1枠1番の絶好枠を引いた時点で好走率はグッと高まりましたね。

皐月賞に出走さえしていれば9割方勝っていたと思いますし、川田騎手は先週のオークスでも内枠から2着にリリーノーブルを導きました。

先週の乗り方をすればおのずと結果はついてくるでしょう。人気になることは間違いないですがここで嫌う要素はありません。

では穴馬ですがこの馬をチョイス。

人気ブログランキングD

GⅠ馬がこの人気はちょっと舐められすぎなように思います。

過去の傾向的に穴をあけるなら内の2枠までの馬と割り切ってみたいところ。

その中でも過去にGⅠで好走実績があるにも関わらずのこの人気薄なら1枚押さえておきたいところ。

色気を持って好位からの競馬をしてほしいなと思っています。

以下、相手候補にブラストワンピース・ゴーフォザサミット

△候補にキタノコマンドール・グレイル・ステルヴィオ・ワグネリアン

最後に単騎逃げ濃厚で鞍上が怖いジェネラーレウーノを1枚押さえておこうかと思っています。

以上で日本ダービー2018予想を終わります。

では最後に目黒記念の注目馬も挙げておきます。

[最強]競馬ブログランキングへ

日本ダービーでの勝ち負けはかなり苦しいと思いますが、目黒記念はチャンス十分。

考察でも書いたように長距離での重い斤量はそこまでのハンデにはなりません。

さばきやすい枠に入りましたし斤量で嫌われるなら買いたい1頭ですね。

葵ステークス2018予想です。

京都芝1200mで行われる新設重賞となる葵ステークス2018。今年はアンヴァル・アサクサゲンキあたりが人気の中心になるでしょうか。

過去のデータからは毎年のように大穴馬の激走が見られていますが今年はどうなるでしょうか。

ダービー前日の面白そうな重賞ですね。
[adsense]
では早速予想に入ります。

葵ステークス2018本命と穴馬


今年からの新設重賞となる葵ステークス。行き場をなくしていた3歳スプリンターが揃いましたね。

過去の傾向から見ると内枠が圧倒的に優位な舞台で、過去5年の勝ち馬は全て3枠より内から出ています。

逆に7・8枠からの3着以内馬は1頭も出ていません。

今年もDコースに変わってやや内が良い印象ですし、枠としてはやはり内が有利な舞台になりそうです。

前走距離としては距離短縮組が良さそう。

スプリンターであることはわかっていてもこの時期はマイル以上のレースが多いのでどうしてもそちらへ向けてのレース選択となるが、ここで適距離に戻って一気にパフォーマンスをあげる馬が多いという事でしょう。

内枠・距離短縮組を上位に考えての本命はこの馬ですね。

人気ブログランキングC

1400m以下での重賞では大きく崩れたことはありません。

適距離は1200mで間違いないと思いますし、立ち回りセンスのある馬で尚且つ内枠有利な舞台でのこの枠は大きなプラス。

大きく崩れる事はまず考えにくく、勝ち負け濃厚と見ます。

穴で注目したいのはこの馬。

[最強]競馬ブログランキングへ

この枠でこの騎手なら間違いなく積極策をとってくると思います。

とにかく前に行かないとどうにもならないので腹をくくった騎乗が出来るこの枠は良いですね。

この2戦は距離・展開ともに全くの参考外。適距離の1200mに戻って一発あってもおかしくないと思います。

以下、相手候補にアンヴァル・ペイシャルアス

△候補にゴールドクイーン・マドモアゼル・タイセイプライド・オジョーノキセキ・ビリーバーまでとします。

以上で葵ステークス2018予想を終わります。

↑このページのトップヘ