競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2018年10月

北海道2歳優駿2018予想です。

門別競馬場1800mで行われるJpnⅢ北海道2歳優駿2018

今年はミヤケ・ウィンターフェルらが出走を予定しています。

過去データを見ても中央勢・地方勢ほぼ五分の成績。地方馬の台頭がある地方交流重賞となります。

今年も地方馬の上位食い込みはありそうですし、面白そうですね。
[adsense]
では早速予想に入ります。

北海道2歳優駿2018本命と穴馬


北海道2歳優駿は地方交流重賞の中でも地方馬が馬券に絡んでくることが多いレース。

この時期の2歳道営馬はレベルが高いこともありますが、中央勢が初ダートだったりそもそもの能力が足りなかったりとあてにならない事が多い。

今年の中央勢は初ダートのミヤケに未勝利勝ちの馬ばかり。レベル的にはかなり怪しく地方勢の上位独占まであるかもしれません。

では本命ですがこの馬でいこうと思います。

人気ブログランキングC

ナイママに先着した実績もあり、ダート戦では非常に安定した戦績を残しています。

このメンバーならば崩れることはちょっと想像し難い。勝ち切れないところはありますが上位人気馬の中では最も信頼して良いと思います。

穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

前走の大敗で人気落ちするのであれば非常に面白い存在になりそう。

本命馬に先着した実績がありますし、外枠変わりで一変があるかもしれません。

外からスムーズな競馬が出来そうなのでここは押さえておきたいですね。

以下、相手候補にイグナシオドーロ・マイコートとします。

JRA勢は正直2頭以上が馬券に絡んで来るイメージは沸きません。△として1頭は絡むかもくらいの形で馬券に組み込んでいきたいと思います。

上述した地方馬4頭+JRA勢で買いたいと思います。

以上で北海道2歳優駿2018予想を終わります。

 

アルゼンチン共和国杯2018予想考察です。

東京芝2500mで行われるGⅡアルゼンチン共和国杯2018

今年はパフォーマプロミス・ノーブルマーズらが登録していますね。

JC・有馬記念へと繋がる名物重賞のアルゼンチン共和国杯。

今年もここから飛躍する馬が出て来るかどうか。注目の重賞となりそうです。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~
は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、
一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、
1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、
テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。
本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。




[adsense]
では早速考察を進めて行きましょう。

スタミナ要求値があがる。最後まで脚を伸ばせる長距離適正に注目。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



上がり上位の馬が必ず2頭以上は馬券に絡んでいます。

東京2500m戦は坂を2回超えないといけいない舞台。絶対的な能力が必要とされる舞台だと思っています。

ちょっとした展開利などではなかなか人気薄の馬が好走出来ない。したがって単純に能力ある人気馬がそのまま好走することが多いということです。

一瞬のキレでは勝負にならず坂を2回超えるタフな条件で最後まで脚を伸ばし続けることが出来る馬が上り上位で馬券に絡んでいるということですね。

2年前はかなりのスローペースだったので上がり33秒台となっていますが、基本的には上がり34秒台で十分に勝負になります。

タフな条件でも最後まで脚を伸ばすことが出来る馬を見つけることが的中への近道となりそうです。

上述しましたが、人気馬の好走が目立つレースでもあります。

7番人気までの馬しか好走しておらず、1・2番人気が共に崩れたのは5年前のみ。オッズを見てみても20倍を超える馬は過去5年んで馬券に絡んでいません。

配当的にもその5年前を除けば3連単でも1万そこそこと堅めの決着が続いています。

無理な穴狙いは難しいレースと言えそうですが・・・今年はどうでしょうか。

血統

瞬発力よりも最後まで伸び続けることのできるスタミナの要求値が他の条件よりも高いので必然的に長距離適正がありそうな血統背景の馬が良いかなとは思います。が、そこまで血統的な偏りはないように思います。

トニービンの血が入っている馬が毎年のように好走しているのでこの点は強調しておいて良いでしょうか。

アルゼンチン共和国杯2018注目馬・穴馬


今年は2400m以上の重賞実績がある馬や目黒記念好走馬がそのまま人気になりそうです。

ただ、パフォーマプロミスは一頓挫明けですしノーブルマーズも叩き良化タイプ。

ガンコも初の左回りとなります。

さらにはJBCが京都開催ということで有力騎手はこぞって京都で騎乗となりますので、今年は下位人気の馬にもつけいる隙は十分にありそうです。

では注目馬・穴馬ですがこの2頭をピックアップしてみたいと思います。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

準オープンでひたすらに2~3着を繰り返しています。

これは現代競馬に必要な立ち回りや一瞬のキレ・瞬発力勝負になると1枚足りないからではないかと思います。

東京2500m戦は2400mと100m違うだけですが、一気にスタミナ要求値が上がり単純な上がりの競馬にはならない舞台。

こういった舞台で一気にパフォーマンスを上げるのは去年のソールインパクトのように根幹距離で勝ち切れないタイプだと思います。

血統背景的にみても長距離適正ありそうですし、ここは期待してみたいですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走は瞬発力勝負になってしまったのでこの馬には厳しい展開でした。

鞍上も京都2400m以上ではほとんど実績がなかった。いい叩き台になったのではないかと思います。

今回は好走実績のある舞台に戻りますし、血統背景的にも好相性のはず。

前走の負けで人気落ちするようならここは狙いどころかもしれません。

以上でアルゼンチン共和国杯2018予想考察を終わります。

 

JBCスプリント・クラシック・レディスクラシック2018予想考察です。

今週末は京都でJBCが開催されます。

初の中央競馬場での開催とあって注目が集まっていますね。

それぞれに地方馬の台頭があるか、中央馬が実力を見せつけるか非常に楽しみではあります。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
競馬サイトが多数乱立するなか・・・
本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?

その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆




[adsense]
それでは3重賞の考察を進めて行きたいと思います。

JBCスプリント2018考察


初の中央開催ですし過去の傾向は全く通用しないと思います。

メンバーとしては絶対的な馬はいないので地方勢にもチャンスがある重賞になりますね。

中央勢は初ダート馬も数頭おり3重賞の中では1番難解なイメージを持っています。

過去データは使えないので今の京都短距離ダートの傾向を見てみますと、血統としてはフジキセキの系統が合っています。

日曜は最低人気のキンシャサノキセキ産駒が勝利したり母父にフジキセキを持つ馬が穴をあけたりと好走していました。

今開催通じてキンシャサノキセキ産駒は良く走っているのでここは注目したいところ。

あとはアメリカダート血統が好相性で、特にAPインディ・ストームキャット系が良さそうです。

基本的には後方からの差しは届いていないので先行勢もしくは好位中団から末脚伸ばせるタイプを狙っていくことになるでしょう。

JBCクラシック2018考察


ちょっと特殊な京都1900m戦となります。

この距離は阪神2000mと通ずるものがありますので阪神2000m実績は注目しておいて良いと思います。

特殊条件=リピート性があると思いますので、同条件もしくは阪神2000mでの実績は見ておきたいですね。

メンバーをザっと見た限りここは強力な中央勢がいますし地方勢の出番は無いと見ています。

基本的に前に行ける馬が有利な舞台。今年の同距離で行われたレースを見てみると4角の位置取りが下がれば下がるほどに好走率も下がります。

また、中~外枠が有利となっています。ただし、多頭数のピンク帽はマイナスとしておいて良いでしょう。

最内も馬券内率は良いのですがここは逃げるか差すか極端な競馬をした馬だけが馬券内に食い込んでいるので、揉まれるような形になれば厳しい枠ですね。

血統的には大きな偏りはないですね。キングカメハメハ・ゴールドアリュール・ステイゴールド・ヴァーミリアンあたりは相性良さそうです。ヴァーミリアンはキングマンボ系ですしキングカメハメハ含めキングマンボは合いそうですね。

カネヒキリも悪くないのですがこちらは上位人気馬しか好走していない。今回は厳しいと見ます。

ここは勝ち負け出来そうな馬が数頭しかいないと思っているので絞って買いたいなと思っています。

レディスクラシック2018考察


1800m戦で行われる牝馬限定重賞ですね。

先週の傾向としては先行勢+好位中団からの上り最速馬。

特に上がり最速馬は土日の1800m戦全てで馬券に絡んでいました。

かなり速い上がりが出ていましたし軽い馬場ということでしょうか。

血統背景としてはキングマンボとアメリカダート血統がかなり走っていました。

特にAPインディ系は良かったように思えます。

JBC3重賞注目馬


JBCクラシックに関してはケイティブレイブが堅実に走って来ると思います。

欠点らしいところもないですし鞍上とも手が合います。舞台適正も問題ないでしょう。

オメガパフュームも前走阪神2000m重賞でしっかり勝ち切りました。

この2頭はかなり有力だと思います。3頭目をどうするかというところですね。

ではここでJBCスプリントとレディスクラシックから1頭ずつ注目馬を挙げてみたいと思います。

まずはスプリントから。

人気ブログランキングA

前走の敗戦からさほど人気にはならないはずですが、能力的には十分に通用すると見ています。

血統背景を見ても今の京都ダートと相性良さそうです。

レディスクラシックからはこの馬。

競馬ブログランキング

はっきりと叩き良化型タイプ。前走は終始外々を回された結果でしたし2か月休養明けでもありました。

今回は叩き2走目で上昇見込める上に今の京都1800mダートと相性のよいキングマンボを母側に持っています。

前走の敗戦から1番人気にならないのであればここは狙いたいですね。

以上でJBCスプリント・クラシック・レディスクラシックの考察を終わります。

 

 

天皇賞秋2018予想です。

東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋2018

今年はスワーヴリチャード・レイデオロらが出走を予定してます。

GⅠ勝ち馬6頭が揃いましたね。ここを制して秋の古馬GⅠ戦線主役となっていく馬はどの馬になるのでしょうか。
[adsense]
では早速予想に入ります。

天皇賞秋2018本命と穴馬


スローペース濃厚。無理い行く馬もおらずに上がり勝負になるだろうと思います。

加速力とスピードの持続力を備えた馬に有利な展開になりそうです。

では本命はこの馬ですね。

人気ブログランキングE

もう今更どうこう言うことはないですね。右回りと出遅れ以外で凡走するイメージはないです。

どう考えても勝ち負け濃厚。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

ここは週中から触れていましたが、スロー濃厚の組み合わせ。前々からスピードの持続力で押し切れるとすればこの馬だろうと思います。

上位人気2頭は強いですが一角崩しを期待したい。

以下、相手候補にレイデオロ

△候補にサングレーザー・ヴィブロスとしておきます。

上位人気がはっきりと強いので絞って買いたいところですが・・・果たしてどうなるか。

以上で天皇賞秋2018予想を終わります。

アルテミスステークス・スワンステークス2018予想です。

東京ではGⅢアルテミスステークス、京都ではGⅡスワンステークスが開催されます。

それぞれGⅠ戦線へ向けた大事な前哨戦として注目が集まりますね。

日曜の天皇賞秋へ向けてここでしっかり的中して弾みをつけておきたいところです。
[adsense]
では早速予想にいきましょう。

アルテミスステークス2018本命と穴馬


考察でも触れていますが、アルテミスステークスは前走直線が長いコースで上がり上位の脚を使っていた馬の好走率が高いレース。

さらに距離短縮>同距離>距離延長となっておりマイル以上での実績が必要となります。

先行勢も勝ち鞍ないものの粘り込みがあるので注意しておきたいですが、この先行勢もマイル以上での実績がないと厳しい。

では本命ですがこの馬ですね。

エールヴォア

週中から注目馬として挙げていましたが初志貫徹でこの馬から入りたいと思います。

前走は牝馬にはかなりタフな条件な阪神1800m戦を上り最速で圧勝。

タイムランクAでの快勝ですが最後は余力十分に流しているのでまだまだ底は見せていません。

鞍上の東京マイル実績が無いあたりは気になりますが馬の能力は通用すると思います。

穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングD

目下絶好調の厩舎です。

スピード型のノーザンダンサー系は東京マイルとの相性良く血統背景も良いのではないかと思います。

前走は前につけ4角2番手から上がり33秒台の脚を使っての快勝でした。

大外2頭が逃げそうなので外からスムーズな競馬が出来そうですし、粘り込みに期待したいと思います。

以下、ミディオーサ・シェーングランツを相手候補とします。

△候補にグレイシア・ウインゼノビアとしておきます。

以上でアルテミスステークス2018予想を終わります。

スワンステークス2018本命と穴馬


考察でも触れた通り、マイル実績と距離短縮を重要視したいですね。

血統的にはニジンスキーに注目でしょう。

では本命はこの馬ですね。

モズアスコット

さすがにこのメンバーで馬券外はないでしょう。外が伸びてきている馬場であり、データ的にも外枠有利とある中で好枠をゲット。

凡走はちょっと考えにくいですが、叩き良化タイプであり取りこぼす可能性も。

単勝1倍台前半になりそうですし連複軸として買いたいと思います。

穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

ここは週中から注目馬として挙げていました。

ニジンスキーを持ち、オープン以上でのマイル実績もあります。

毎年前々の馬が粘り込みを見せるレースですのでこの馬の粘り込みに今年は期待したいと思います。

以下、相手候補にレーヌミノル

△候補にロードクエスト・グァンチャーレとしておきます。

以上でスワンステークス2018予想を終わります。

↑このページのトップヘ