競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2019年03月

大阪杯2019予想です。

阪神芝2000mで行われるGⅠ大阪杯2019。

今年はブラストワンピース・キセキあたりが人気の中心になりそうです。

春の中距離GⅠレース。ドバイ組はいませんがそれでも豪華なメンバーが揃いました。

ここを制して今年の中央競馬の中心となるのはどの馬か。注目の重賞です。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

人気予想家の推奨買い目は!?
今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!




[adsense]
では早速予想に入りましょう。

大阪杯2019本命と穴馬


今年はキセキがいるのでスローの瞬発力戦にはまずならないと思います。

キセキの鞍上川田騎手は瞬発力戦で分が悪いことからこれまで前々でレースを作った場合は全てラスト3Fで時計がかかっていく持続力勝負の消耗戦の形に持ち込んでいます。

今回もこういった流れになることは明白。昨年は前半スローで捲ったスワーヴリチャードの流れにのって持続力問われましたが今年はさらに厳しい流れが想定されます。

キセキの作り出す展開で結果を残している且つ時計が速くなっても勝負が出来て、2ターンでも結果を残している馬から入ることが的中への近道と思っています。

では本命ですがこの馬です。

人気ブログランキングD

キセキの作り出す流れでの好走実績・2ターン実績・時計勝負と全てに対応出来るのはおそらく本馬。

血統背景を見るとダート的な馬力を持ち合わせるディープ産駒。

様々な局面に対応してきており好位中団から脚を伸ばせば自然と結果はついてくるだろうと思っています。

次に穴として注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

距離はやや長い印象を持っていますがキセキの作り出す展開にてついていった馬が消耗して垂れるような展開になればこの馬に展開が向いてくるのではないかと思っています。

本命馬の少し後ろからの競馬になると思っていますが、一緒に伸びて来るならこの馬でしょう。

我慢して最後に末脚を活かす競馬に徹すればチャンスがありそうです。

以下、相手候補にブラストワンピース・エアウィンザー

△候補にアルアイン・キセキ・ペルシアンナイト・ワグネリアンとしたいと思います。

以上で大阪杯2019予想を終わります。

ダービー卿CT2019予想です。

中山芝1600mで行われるGⅢダービー卿CT2019

今年はギベオン・プリモシーンあたりが人気の中心になるでしょうか。

一筋縄ではいかないハンデ重賞。大荒れまで十分あるでしょうし非常に楽しみです。

PR

競馬予想情報サイト ACTIVE(アクティブ)




今日は競馬情報予想サイトACTIVE(アクティブ)のご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

週中から週末の出走馬の情報を得ておられており、注目馬をピックアップされています。

登録だけなら無料なので、まずは無料情報の充実度を実感いただければと思います。

登録はこちらからどうぞ!



ACTIVE(アクティブ)登録

では早速予想に入りましょう。

ダービー卿CT2019本命と穴馬


今年は1400mで先行していた馬の臨戦も多く、逃げ先行馬がある程度しっかりと揃ったなという印象を持ちます。

もともと速いラップを刻みながらの持続力が問われる展開になりやすい重賞ではありますが、今年はさらに拍車がかかると思っています。

血統的には考察通りにロベルトと欧州の血に注目したいと思っています。

では本命ですがこの馬でいこうと思います。

人気ブログランキングC

週中から注目馬として挙げていましたが、枠も内過ぎずのまずまずの枠に入りました。

特注とも言えるサドラーズウェルズを今回の出走メンバーで唯一保持しておりここは注目したい。

中山マイル適正自体が非常に高い上に鞍上も徐々に調子を戻している印象。

ここは上位争いが期待出来ると思います。

次に穴で注目したいのはこの馬ですね。

競馬ブログランキング

キンカメ産駒は欧州型が走りやすい舞台で同様にパフォーマンスを上げて来ることが多い。

前走初ブリンカーが効いたのか久しぶりに馬券内に好走しました。

展開は決して向いていたわけではないと思いますので評価して良いと思います。

前回よりはっきりと調教も良化しておりここは面白い存在になるかと思います。

以下、相手候補にロードクエスト・カツジ

△候補としてプリモシーン・フィアーノロマーノ・マイスタイル・ギベオン・ヒーズインラブ・ダイアトニックと手広くいきたいと思います。

以上でダービー卿CT2019予想を終わります。

ダービー卿CT2019予想考察です。

中山芝1600mで行われるGⅢダービー卿CT2019。

今年はギベオン・プリモシーンあたりが人気の中心になりそうです。

今年はここからマイル路線で飛躍する馬が出て来るのかどうか。

注目の集まる重賞になりそうです。

PR

競馬予想情報サイト ACTIVE(アクティブ)


今日は競馬情報予想サイトACTIVE(アクティブ)のご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

週中から週末の出走馬の情報を得ておられており、注目馬をピックアップされています。

登録だけなら無料なので、まずは無料情報の充実度を実感いただければと思います。

登録はこちらからどうぞ!



ACTIVE(アクティブ)登録

[adsense]
では早速考察を進めて行きましょう。

時速力とパワー寄りのレース。ロベルトと欧州血統に注目。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



上がり上位の馬が馬券内の半分を占めていますが、レース内容を見てみると瞬発力が問われている訳ではない。

ラップを見てみると1F11秒台のラップを刻み続ける持続力が問われるレースになりがちです。

どれだけ我慢できるかといった形になり、結果的にじりじり伸び続けた馬が上り上位になっているというところでしょう。

前走で前向きな競馬をした馬の戦績はあまり良くなく、前走4角5番手以内の競馬をしていた馬は(1・3・1・28)となっています。

前々からスピードで押し切ることは非常に難しいということがわかります。

勝ち馬は前走中団で我慢しながら伸びる競馬を経験している馬がほとんどとなっており極端な競馬をしている馬には厳しい結果となっています。

血統

ロベルトとサドラーズウェルズを始めとする欧州型に注目。

重厚な血を持つ馬の好走が目立つということはやはり持続力が必要であり我慢比べになっているということです。

持続力という事でダンジグにも注目しておいた方が良いでしょう。

ダービー卿CT2019注目馬・穴馬


現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

キレないサンデー系に母系はダンジグとロベルトを持つ血統背景。

じりじり伸びるタイプなので舞台適正は高いと見ています。

前走はもう一歩で馬券内というところまでしっかり伸びており、キレ味が求められない舞台での距離延長は問題ないでしょう。

過去と同様の展開になるようであればさらに着順を上げられる可能性が高いと思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

今年の登録メンバーでは唯一のサドラーズウェルズ系を持っている馬です。

中山マイルとの相性は非常によく4勝を挙げています。

鞍上も徐々に調子を戻して来ている印象を受けますし差し届くような展開になるなら本馬の出番がある。

じりじり伸びるタイプなので傾向的な相性も良いはずで、ここは買いたい1頭ですね。

以上でダービー卿CT2019予想考察を終わります。

 

 

大阪杯2019予想考察です。

阪神芝2000mで行われるGⅠ大阪杯2019

今年は最強4歳世代のGⅠ馬ワグネリアン・ステルヴィオ・エポカドーロ・ブラストワンピースを含め豪華なメンバーが揃いました。

春の古馬GⅠ戦線の開幕と言える大阪杯ですがここを制して今年の中央競馬を引っ張るような存在になる馬はどの馬になるのか。

大注目の重賞となります。

PR

競馬情報予想サイト シンクタンクご案内


今日は競馬情報予想サイトのシンクタンクのご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

調教好調馬や爆弾穴馬等週中から読み応えのあるボリュームで注目情報目白押しです。

無料情報だけでも価値があると思いますので、まずは一度登録されてみてはいかがでしょうか。

無料登録はここからどうぞ!



シンクタンク登録はここをクリック

[adsense]
ではさっそく考察を進めて行きましょう。

持続力勝負。時計の速い決着!?


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



GⅠに昇格してから今年で3年目となります。

GⅠに昇格したことによりここを目標としてくる馬が増えた印象ですね。

これまではここをステップに春のGⅠへという馬がいましたが今年もここ目標でステップを踏んで来ている馬が多数います。

ではレースの傾向ですが過去のラップを見てみると道中ほとんど緩まない持続力が必要となる流れになりやすいですね。

元々阪神2000m戦は内回り戦ということもあり仕掛けが速くなって持続力が必要となりやすいわけですが、大阪杯においてもその傾向に変わりはありません。

コーナリングでスピードを落とさない器用さも必要となります。直線一気の競馬は厳しいでしょう。

そして速い時計への対応も必要となります。

阪神の馬場は少しずつですが速い時計が出るようになっており、大阪杯の結果を見ても徐々に時計が速くなっていることがわかります。

速い時計に対応することが出来て尚且つ持続力が必要となります。

そして今年はキセキの存在がポイント。

キセキは持続力勝負にならないとどうにもならないので、そういった流れを自らが作り出すことが出来る。

今回もおそらく道中緩めず持続力が必要となるラップを刻んで来るでしょう。

さらに時計の速い馬場への対応も出来ている馬なので速い時計且つ持続力勝負になることは間違いないと思います。

時計が速くなってきている・持続力勝負になるということで前走で前向きな競馬をしている馬の好走率はやや高い。

前走4角2~3番手までで競馬をしていた馬の好走率はかなり優秀です。

ただ、内枠に入った馬は持続力要する流れでじりじり伸びたいところで不利を受けたりブレーキをかけることが多いためか全く結果を残せていません。

外目からスムーズな競馬でスピード落とさず走りとおせることが好走に近付くということでしょう。

血統

注目はディープ産駒。

毎年1頭以上は馬券に絡んでいます。

ディープ産駒に母系はダート的な馬力を持っている血統が非常に好相性。

毎年この血統を背景に持つ馬が好走しています。

今年も数頭が該当しており、この中から1頭は馬券内に顔を出して来るのでは。

さらにはベタですが持続力勝負=欧州タイプということでトニービン・ニジンスキーといった血統も合いますね。

大阪杯2019注目馬・穴馬


現状で注目しているのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

時計勝負に対応が出来て尚且つ持続力勝負に向くとなれば本馬でしょう。

前走は直線向いてから加速についていけませんでしたがそこからじりじりと伸び続け最後は掲示板を確保。

やはり加速力では劣ってしまうものの持続力では通用するということ。

さらに言うと左回り戦ではまだ3着以内を確保できていないことから左回り自体が実は良くない可能性があります。

そう考えると右回り戦に変わる点もプラス。

高速持続力勝負はまさにうってつけでここはパフォーマンス上がる要素がふんだんにありそうです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ディープ産駒に母父フレンチデピュティとダート的な馬力を持つ血統背景となり好走条件に合致。

本馬は元々キレキレのディープ産駒ではなく持続力寄りのディープ産駒なので舞台適正は高いと思います。

センスのある馬なので立ち回り力もあります。

キセキが作り出すレース展開の中での好走実績もあります。

長期休養明けがどうかというところではありますが、適正の高さに疑いようはなくここは狙いたい1頭となります。

以上で大阪杯2019予想考察を終わります。

 

高松宮記念2019予想です。

中京芝1200mで行われるGⅠ高松宮記念2019

今年はダノンスマッシュ・モズスーパーフレアの2頭が2強オッズを形成することになるでしょう。

混戦模様の短距離路線ですが春のスプリント王として大きく飛躍するのはどの馬になるか。

大注目のGⅠとなりますね。

PR

競馬情報予想サイト シンクタンクご案内




今日は競馬情報予想サイトのシンクタンクのご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

調教好調馬や爆弾穴馬等週中から読み応えのあるボリュームで注目情報目白押しです。

無料情報だけでも価値があると思いますので、まずは一度登録されてみてはいかがでしょうか。

無料登録はここからどうぞ!



シンクタンク登録はここをクリック

[adsense]

最後にマーチステークスの穴注目馬もあげるとしてまずは早速高松宮記念の予想をしていきましょう。

高松宮記念2019本命と穴馬


今年は能力差がある程度はっきりしているのではないかと思っています。

詳しい考察は高松宮記念考察記事を見ていただくとして→高松宮記念考察はこちらをクリック

今日の馬場傾向も踏まえて予想に入りたいと思います。

今日の中京芝は欧州型の血統や持続力寄りの血統の好走が目立ちました。

同じ1200m戦ではトニービン・バゴといういかにも欧州といった血統の馬が勝ち切っていましたね。

その他の好走馬を見ても欧州型が目立ちます。

欧州持続力寄りの馬場になっているということなのでダンジグも好相性。

欧州型・ダンジグの2血統に注目した上で能力比較から印の上げ下げをしようと思います。

では本命ですがこの馬ですね。

ダノンスマッシュ

血統背景としてもダンジグを母父に持ち、嫌う要素がどこにもありません。

最内なら・・・と思いましたがこの枠なら詰まる心配もないでしょう。

反応の良い馬ですし馬郡も捌けます。好位から競馬が出来ると思いますので死角はないと思います。

モズの快速逃げを捕まえてスプリント王になるのはこの馬でしょう。

次に穴で注目したい馬ですが・・・この馬ですね。

人気ブログランキングE

初のスプリント戦となりますが、過去の高松宮記念を見ても初の1200m戦で好走している馬は多数います。

特に今は欧州型が走る馬場となっている=ややタフだと見ていますので少し長い距離が走れる本馬にはむしろ合うと思っています。

血統背景を見ても父にトニービン・母系にダンジグということはありません。

快速モズを追いかける形になればさらにタフな設定になると思いますのでこういったタイプが面白いと思っています。

以下、相手候補にナックビーナス・アレスバローズ

△候補にデアレガーロ・レッツゴードンキ・ショウナンアンセム・ティーハーフ・ラインスピリットと穴っぽいところを手広く拾って最後にモズスーパーフレア。

モズは連対はないとして買ってみたいと思っています。

以上で高松宮記念2019予想を終わります。

マーチステークス2019穴注目馬


マーチステークスですが4歳のテーオーエナジーとヒラボクラターシュがやや抜けている印象。

これにロードとハイランドがどこまで食い下がることが出来るかになりそう。

ではその中で穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

年齢を重ねてスピードが必要とされるようなレースではやや厳しくなっている印象を受けます。

今回はそこまで速くならないでしょうしタフ目な上りが必要となると見ているので大きな変わり身を見せる可能性があると思っています。

最後に差し届くような形なら本馬の一発に期待してみたいですね。

以上が日曜2重賞の本命と穴注目馬となります。

しっかり的中させて気持ちよく月曜日を迎えたいところ・・・月曜から6連勤なのでしょんぼりしたまま迎えたくないのです。

では日曜も競馬を楽しみましょう!

 

↑このページのトップヘ