競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2019年10月

みやこステークス2019予想考察です。

京都競馬場ダート1800mで行われるGⅢみやこステークス2019。

今年はインティを中心に好メンバーが揃った印象ですね。

これから始まっていくダートGⅠ戦線を賑わす馬はここから出て来るかどうか。

注目のダート重賞となります。

PR


地中海厳選レースのご紹介!

 

中央から地方、さらには海外まで厳選レースの買い目を配信されています。

 

LINEでの予想公開も好調持続中!

 

1週間でおおよそ20レース程度の予想をされているにもかかわらず無料!!

 

ご自身の予想の参考にまずはクリックして詳細チェック!


banner_300x300



では早速考察を進めて行きましょう。

前走位置取りとアメリカダート血統。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

みやこ2019

1・2番人気総崩れもありやや波乱含みなレース。

ここをしっかり勝ちたい馬とここをステップにという馬の出来の差が出てきているか。

レースラップを見てみると前傾ラップとなっており、消耗戦になりがち。

その中で上がりをしっかりとまとめている馬が上位に食い込んでいる印象です。

前傾ラップであり最初の追走で苦労すると脚があがってしまうので、注目したいのは前走の位置取り。

前走4角4番手以内の前向きな競馬をしていた馬が5勝2着2回3着5回と圧倒的な数値を残しています。

ただ、逃げ馬は全く馬券に絡むことは出来ていないので2~4番手で競馬をしていた馬としておきます。

2着に3回入っている3頭は前走中団からの競馬。その内2頭は上がりの脚をある程度まとめることが出来ている馬でした。

狙いは前走で先行していた馬と中団から上りをまとめていた馬ということになりそうです。

血統

アメリカダート血統にとにかく注目。

フォーティナイナー・APインディ・ヴァイスリージェントを持つ馬の好走がはっきりと目立っています。

前回のみやこステークスはこの血統を持つ馬で3着以内を独占しました。

今年もこの傾向には注目でしょう。

みやこステークス2019注目馬・穴馬

インティは脚質と実績から断然人気になると思いますので、他の馬で現状注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングC

全くの人気薄が想定されていますが、ヴァイスリージェントを持ち先行していた馬ということでこの馬をチョイス。

春先はいいところなしでしたが立て直した効果に期待したいところ。

チュウワウィザードあたりに先着した実績もありますしはっきり人気薄が想定されるならここは馬券に加えたいですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

母父にクロフネとヴァイスリージェントを持ちます。

ダイワメジャー産駒は同舞台相性はまずまずなのですが、その中でも母系にアメリカダート血統を持つ馬は優秀な成績を残しています。

前に行ける脚質も良いですし、予定されている鞍上も積極的な競馬が合う。

この馬も人気薄が想定されていますが買い目に加えたいですね。

以上でみやこステークス2019予想考察を終わります。

京王杯2歳ステークス2019予想考察です。

東京芝1400mで行われるGⅡ京王杯2歳ステークス2019。

今年はタイセイビジョン・ビアンフェあたりが人気の中心になるでしょうか。

ここから暮れのGⅠやクラシックで活躍するような馬が出て来るかどうか。

PR

地中海厳選レースのご紹介!

 

中央から地方、さらには海外まで厳選レースの買い目を配信されています。

 

LINEでの予想公開も好調持続中!

 

1週間でおおよそ20レース程度の予想をされているにもかかわらず無料!!

 

ご自身の予想の参考にまずはクリックして詳細チェック!

詳細はこちら↓↓



banner_300x300


では早速考察を進めて行きましょう。

小倉・函館重賞組が中心か。ダート血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

京王杯2歳2019


1番人気が確実に馬券に絡んで来ており、大きく荒れない重賞ですね。

5年前に11番人気が勝ちましたが基本的には平穏~小波乱のイメージ。

レースの質としては後傾ラップでラスト3~2Fでグッとペースが上がるラップとなっています。

中間少し緩るものの一環したラップを刻んでいます。

マイルの緩い流れを経験している馬よりは1200~1400m戦からの臨戦過程が良いですね。

特に1200m戦の急流を経験してきている馬の好走率が良く、小倉・函館2歳ステークス組は見逃せません。

小倉組は4角で前々にいた馬を、函館組は4角で中団にいた馬が好走率高いですね。

小倉は道中急流になるので前々からの厳しい競馬を経験していた馬が、逆に函館は道中少し緩むので中団からしっかりと脚を伸ばせた馬がここに繋がるということでしょう。

1200m組はほとんどがこの2レースを経由してきている馬なのでここ以外は軽視しても良さそうです。

その他の傾向としては前走1番人気馬・1着馬の好走率は高め。

馬券内で見ても前走3番人気以内・3着以内の馬が馬券内の大半を占めています。

しっかりと結果を残して来ている馬を評価したいレース。したがって人気馬の好走が目立つということでしょう。

血統

はっきりとした傾向はあまりないのですが、キンシャサノキセキ・ダイワメジャーといったダートも走るサンデー系は合いそうです。

そういった意味ではキンカメも該当しますね。

あとは仕上がり早いアメリカダート血統。

この時期特にこういった非根幹距離レースでは主流よりは少しズレた血統であったり仕上がりが早い血統を持つ馬に注意したいです。

京王杯2歳ステークス2019注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

1400mで勝ち上がり1600m戦でキレ負けしていることから適正はキレ負けしないこちらの距離にあるか。

ダイワメジャー産駒であり、過去の好走傾向とも合致しています。

勝ち切れない印象はぬぐえませんが馬券内と考えるなら買い目に加えたい1頭ですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

この血統背景でこの時期から好走しているということは前走からの上積みがありそうです。

距離が伸びることと、直線の長いコースに変わることは間違いなく好材料。

前に行きたい馬が多くなりそうですし末脚活かす走りが出来れば勝ち負けまで。

後々に活躍しそうにない血統背景であることからも、この時期ならではの好走がありそうです。

以上で京王杯2歳ステークス2019予想考察を終わります。


アルゼンチン共和国杯2019予想考察です。

東京競馬場芝2500mで行われるGⅡアルゼンチン共和国杯2019。

今年はオジュウチョウサンが出走を予定しており注目が集まりそうですね。

ジャパンカップや有馬記念で好走してくるような馬がここから出て来るかどうか。

===PR===============================================

日刊スポーツ≪公式≫競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

予想印入り出馬表も人気のコンピ指数も前日夜に読める

前走動画分析で軸馬推奨「次は馬かせろ」が好調キープ



====================================================


では早速考察を進めて行きましょう。

タフな欧州型が好走する舞台。立ち回り力が重要。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

アルゼンチン共和国杯2019

上がり上位の馬が馬券内のほとんどを占めています。

32秒台の上がりも出ており、如何に速い上がりが使えるかがポイントとなりそう。

この上りが出るということはレース自体はスローで流れる事が多いということ。

過去5年で見ると2年前以外は後傾ラップの上がり勝負。

ラスト3Fで一気にペースが上がっており瞬発力が必要とされています。

今年も逃げ馬不在でありスロー濃厚ですね。

ただ、東京の坂を2回超えることになるのが東京2500m戦。

2400mから100m伸びるだけなのですが一気にタフさが増しますのでこの点には注意しておきたいですね。

そうなると狙いどころは2400m戦の上がり勝負である程度の末脚を見せたもののキレ負けしたタイプや2200m戦の持続力勝負で能力を発揮できなかったタイプになるのではないかと見ています。

次に同距離で施行される目黒記念についても少しだけ。

今年の目黒記念は淀みない流れからの持続力勝負でしたのでここでの実績はあまりアテにならないかなと思います。

レースの位置取りとしてはロスなく立ち回りたいところで好位につけてあまり外を回されずに末脚を伸ばしたい。

後方一気はほとんど決まらないと思っておいて良いかと思います。

実際に4角向いて10番手以下の馬は3着に一回のみとなっています。

好位で上手く立ち回り尚且つ末伸ばせるタイプが好走してくる舞台となります。

血統

注目したいのはタフな馬場で好走する欧州型、特にグレイソブリン系ですね。

欧州の血を引いている馬の好走はとにかく目立ちます。

あとは長距離適正高いロベルトにも注目しておきたい。

アルゼンチン共和国杯2019注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

長期休養明けになりますがこれは外厩で仕上げているはずなので問題ないでしょう。

ここ数戦は距離不足やコース適正で負けており、前走は展開不向きだった印象を受けます。

それでいて上りは上位の脚を使えていたのは良いですね。

今回は昨年と同様にスロー濃厚なメンバー構成。好走する舞台と展開は整っているように思いますので極端な外枠を引かなければ重い印候補になります。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

全く人気はないかと思いますが、前走東京2400m戦で先行しつつスローの上がり勝負でキレ負け。

それでいてしっかりとまとめていますし、勝ち馬との上がり差は0.2差。

血統的にも欧州の血を父・母父に持ち母馬は長距離で結果を出していました。

2500m戦となりタフさが増すことはプラスに出そうなのでこれは押さえたい1頭です。

以上でアルゼンチン共和国杯2019予想考察を終わります。

天皇賞・秋2019予想です。

東京競馬場芝2000mで行われるGⅠ天皇賞・秋2019。

今年はアーモンドアイ・サートゥルナーリアを始めとして豪華なメンバーが揃いました。

アーモンドアイとサートゥルナーリアの2強と言われていますがこの2頭で決まるのか、他馬の台頭があるか。

大注目の秋古馬GⅠとなります。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

競馬サイトが多数乱立するなか・・・

本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?

その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

では早速予想を進めて行きましょう。

天皇賞・秋2019本命と穴馬

天皇賞・秋の考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想に入ります。

土曜の東京競馬を見ている限り芝はしっかりと時計の出る馬場となっており、週末の大雨の影響はそこまで感じませんでした。(レコードも出るような馬場)

日曜に向けてどんどん乾くでしょうし日曜はさらに時計が出るようになっても不思議ではないですね。

こうなると考察していた通りにマイル寄りのスピードが重要となるレースになるはず。

では本命ですがこの馬です。

アーモンドアイ

もはや説明不要でしょう。

マイルGⅠ勝ちがありスピードはこのメンバーでもまず負ける事はありません。

前走はスプリント寄りの適正が求められる流れの上に道中も不利がありそれでいて3着。

今回は展開等全てが好転するのでこれで凡走は考えられない。

マイルよりのスピード重視ならサートゥルナーリアよりこちらが断然上だと思います。

次に穴で注目したい馬を2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングD

マイルGⅠ3着の実績があるように前向きな競馬も出来る馬ですね。

ここ数戦は連対を外していますが、この乗り変わりは不気味です。

中途半端な騎乗はしないと思いますので展開はまれば一発の可能性を秘めていると思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

マイル~1800mでの重賞実績十分。スピードに長けている馬なのでレースの質としては合うと思います。

重賞で連続好走している割には人気はなさすぎ。舐められすぎだと思います。

仮にも本命馬に先着した実績もありここは買いたいですね。

以下、相手候補にダノンプレミアム

△候補にサートゥルナーリア・ワグネリアンとします。

以上で天皇賞・秋2019予想を終わります。



アルテミスステークス・スワンステークス2019予想です。

土曜は東京でGⅢアルテミスステークス2019が、京都ではGⅡスワンステークス2019がそれぞれ開催されます。

秋から暮れのGⅠへ向けて重要な位置付けとなる両重賞です。しっかりと的中させて日曜の天皇賞・秋へと弾みをつけたいですね。

では早速予想に入りましょう。

アルテミスステークス2019本命と穴馬

アルテミスステークスの考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想に入りましょう。

アルテミスステークスは末脚勝負。瞬発力と末の持続力が必要となります。

今年は雨の影響をふんだんに受ける馬場になることが濃厚。

雨の東京は追い比べになる事が多く、この時期の牝馬にはタフな馬場となる。

本来はアメリカダート血統を狙いたいところなのですが、タフな馬場でもしっかりと脚を伸ばせる馬を上位に取ってみたい。

上がりの脚が使えて尚且つタフな馬場で走れそうな馬はこの馬でしょう。

本命はこの馬です。

ラインオブダンス

阪神1800mで上り最速の脚を使って勝ちあがり。

脚質的に後方からになってしまいますが、小頭数であることと追い比べになることはこの馬にとって大きくプラス。

母系の血統から重馬場を味方につけられそうですし、外目からグイグイ伸びる姿を期待します。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

キレキレの勝負にならない馬場になることはプラスに働くはず。

前々からの粘り込みに期待出来る展開になりそうですし、母系のフレンチデピュティから重馬場はしっかりとこなしてくれそう。

重賞好走馬が舐められたオッズですのでここは買いたいですね。

以下、相手候補にリアアメリア・ショウナンハレルヤ

△候補にオータムレッド・サンクテュエールとします。

以上でアルテミスステークス2019予想を終わります。

スワンステークス2019本命と穴馬

スワンステークスは1400m重賞としては緩やかな流れとなり、マイル寄りの質になりやすいレースです。

マイル以上からの距離短縮組が好成績であり、狙いはマイル重賞好走馬。

本来であれば切れるマイル重賞好走組を狙いたいところではあるのですが・・・重馬場濃厚。

ということで、重馬場で走れる距離短縮組を狙いたいです。

本命はこの馬とします。

アマルフィコースト

まだ重馬場で競馬をしたことはありませんが、ダイワメジャー産駒で母父サドラーズウェルズでありダンジグも持ちます。

パワーと持続力に優れた血統背景であり重い馬場はプラスに出るでしょう。

京都1400mでの実績もありますし、距離短縮ローテも良い。ここは狙いどころでしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング


アドマイヤムーン産駒に母系にフェアリーキングを持つことから重いタフな馬場の方が良馬場より走れそうな印象を受けます。

長期休養明けですがノーザンの馬なのでこの点に関しては問題ないでしょう。

1400mにしては緩い流れになるのがスワンステークスなので道中追走も楽になると思いますし、一発が期待出来ると思います。

以下、相手候補にグァンチャーレ・モズアスコット

△候補にダイアトニック・マイスタイル・トゥザクラウン・キャナルストリートとしておきます。

以上でスワンステークス2019予想を終わります。

↑このページのトップヘ