競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2020年08月

キーンランドカップ2020・新潟2歳ステークス2020予想です。

日曜は札幌でGⅢキーンランドカップ2020が、新潟でGⅢ新潟2歳ステークス2020がそれぞれ開催されます。

ともに秋のGⅠ戦線に向けて非常に重要なレースとなっており注目が集まりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想の入りましょう。

キーンランドカップ2020予想。本命と穴馬。

キーンランドカップの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の競馬を見ている限り札幌は水準通りの時計となっています。

馬場は内よりはやや外目が伸びている印象を受けました。

末脚をしっかりと伸ばしている馬が上位に食い込んでますし、キーンランドカップにおいてもその末脚の重要性は同様。

コーナーでしっかりと加速してそのまま末脚を伸ばせるタイプがやはり良さそうです。

では本命ですがこの馬です。

フィアーノロマーノ

週中から取り上げていましたがこの馬にとっては好枠だと思いますのでここは本命とします。

外目の中団あたりから競馬が出来ると思いますし、何よりダイアトニックが最内に入ったことでこの馬より前で競馬をしたい外の馬が被そうとしてくるはず。

そうなると展開としては流れますし本馬に絶好の形となるかと思います。

1400mで好走してきたスピードの持続力を活かす競馬が出来れば勝ち負け。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

考察で触れた通りヘイローの血が活きて来る舞台。

ダンジグの持続力も重視したいところでもあります。

そうなるとスピードの持続力ということでこの馬の血統は合いそうだなという印象。

過去に重賞で好走実績のある乗り変わりも魅力的に映りますね。

全く人気がないわけですが上手く立ち回ればの一発に賭けてみたい。

以下、相手候補にダイアトニック・ビリーバー

△候補にエイティーンガール・カッパツハッチ・メイショウカズヒメ・ライトオンキューとします。

以上でキーンランドカップ2020予想を終わります。

新潟2歳ステークス2020予想。本命と穴馬。

新潟2歳ステークスの詳しい考察も過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の新潟芝戦を見ている限りはやや時計がかかることと、外回り戦では外がはっきりと伸びてきている印象。

そこまでの速い上がりを出さなくても勝負になっており究極の上がり勝負にはならないはず。

と言っても基本的には上がりの脚は重要。時計がかかるタフな馬場で末脚をしっかり伸ばせるタイプがねらいとなりますね。

では本命ですがこの馬です。

ブルーシンフォニー

週中から取り上げていましたが外目の好枠におさまりましたのでここから。

やはり前走の競馬が秀逸。

あれだけの不利を受けながらの上り最速は能力を証明しているでしょう。

ギアチェンジがやや遅いので今の時計がかかっている馬場は合うと思いますし、血統背景を見てもスピードの持続力はしっかりとあるはずです。

現状3番人気前後で買えそうですのでここからいきたいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

上位勢は強いかなという印象を受けますし、もう1頭買いたかったショックアクションも人気になりそう。

と、いうことで考察で触れた短距離性というところからこの馬を買ってみたいと思います。

はっきりとキレない血統なので時計が掛かっている今の馬場なら好走確率はやや上がったかなという印象。

1200m実績馬は本重賞で度々穴を開けていますし、今年の登録馬の中で該当するのは本馬のみ。

前走よりかなりゆったりと流れると思いますがしっかりと我慢が効けば今の馬場でしっかりと伸びる下地はある。

10番人気前後だと思いますし押さえておきたいと思います。

以下、相手候補にショックアクション・フラーズダルム

△候補にシュヴァリエローズ・ハヴァスとします。

以上で新潟2歳ステークス2020予想を終わります。


新潟2歳ステークス2020予想考察です。

新潟芝1600mで行われるGⅢ新潟2歳ステークス2020。

今年はシュヴァリエローズ・フラーズダルムあたりが人気の中心になりそうです。

暮れのGⅠや来年のクラシック戦線に向けても注目の集まる2歳重賞となります。

今年はここからクラシック戦線で活躍するような馬が出て来るのでしょうか。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めて行きましょう。

末脚の性能重視。前走上がり上位馬を狙う。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

新潟2歳ステークス2020

1番人気馬は3勝としっかりと結果を残しています。

ただ、ヒモ荒れ多く小波乱~中波乱といったイメージですね。

まず末脚の重要性が分かる結果となっており、上がり上位の馬が馬券内のほとんどを占めています。

ラップを見てみても前半スローの後半上がり勝負となっています。

特にラスト3Fに差し掛かったところから急激にペースが上がる事がほとんどですね。

ただ、長い直線で末脚を活かす必要がある=持続するスピードが重要ということ。

一瞬の瞬発力だけでは最後まで持たない可能性が高いですね。

実際ラスト1Fは時計がかかっていますので一瞬のギアチェンジ+持続力が問われると思います。

そういったレースになれば狙いは同距離もしくは距離短縮組。

しっかりと末脚の性能を前走で示しいる事も重要です。

前走上がり1~2位しか過去5年で馬券に絡めていないことがそれを示していますね。

今年は小頭数ですし例年通りスローからの末脚勝負になることは間違いなさそうなのでこの傾向は続くと思っています。

血統

注目したいのは短距離型の血統を持つ馬です。

マイル寄りの血統をどうしても見てしまいがちですが短距離型の血統を持つ馬が度々好走しています。

昨年でいうと人気ですがウーマンズハートの母は短距離志向の強い馬でした。

今年も該当馬はいますし注目の傾向だと思います。

新潟2歳ステークス注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

前走はかなりの不利を受けながら東京1600m戦を上り最速で勝ち上がり。

あれだけの不利を受けながら上がり最速は能力が無いと出来ないと思います。

ややギアチェンジに不安を残すので小頭数のレースも有利に働くと見ています。

母馬は現役時代短距離戦で結果を出していた馬ですし注目の1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走新潟1600mの同舞台でみごとな圧勝。

先行して上り最速。しっかりとした加速を見せてくれました。

この馬以外の上がり上位馬が軒並み後方から脚を伸ばした馬ということで能力を証明していると思います。

2走前と比較してもおそらく持続力勝負の我慢比べよりは末脚活かすレースの方に適性があるのだと思います。

母系にダンジグを持つことから直線長いコースでの末脚持続力勝負は良いはずなので連続好走の期待十分ですね。

以上で新潟2歳ステークス2020予想考察を終わります。


キーンランドカップ2020予想考察です。

札幌競馬場芝1200mで行われるGⅢキーンランドカップ2020。

今年はダイアトニックが断然人気になることが想定されますね。

サマースプリントシリーズと秋のスプリンターズステークスに向けて非常に重要なレースとなります。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。 

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう! 

↓無料登録コチラから↓ 
では早速考察を進めて行きましょう。

スピードの要求値が高い持続力勝負。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

キーンランド2020

1番人気馬は2勝2着1回3着1回と非常に安定した戦績を残しています。

人気馬が安定した戦績を残している理由はやはり別定重賞ということが大きいですね。

ここまでのサマースプリント戦は全てハンデ戦ですがキーンランドカップは別定戦となります。

つまりは実力馬がそのまま実力を発揮しやすいということですね。

次にレースラップを見てみるとスプリント戦らしく前傾ラップの持続力が問われるラップとなります。

ただ、函館SSと違うのは末脚が活きて来るということですね。

札幌はコーナーが緩やかでスピードに乗りやすいので結果的にスピードの要求値が上がります。

函館や小回りで末脚届かずだった馬や直線の長いコースで上がり上位の脚を使っていた馬には注目しておいて良いかなと思います。

血統

ここ数年で重賞性が増しているなと思うのはヘイローとダンジグですね。

スピードの要求値が上がるということでヘイローの血が活きているということと、その持続力ということでダンジグの血は重要ですね。

キーンランドカップ2020注目馬・穴馬

ダイアトニックは断然人気に支持されると思いますし能力的・サマースプリントを考えても好走率は非常に高い。

よってこの馬以外で2頭をチョイスしてみます。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

今年の登録馬で父・母父どちらかにダンジグを持つ馬は本馬のみです。

スピードの要求値が高く持続力勝負に合っている事は1400m戦での実績からもわかります。

前走は中団からの追走で差し届かずでしたが、上位3頭は4角4番手以内で回って来た馬でしたしパフォーマンスとしては悪くない。

函館で差し届かずの内容は如何にも札幌で合いそうな内容でもあります。

上がりは4位でしたが、上がり上位の馬は全て4角2桁番手からのモノなので中団から上位の末脚を使えている点も良いですね。

血統・脚質・前走パフォーマンスを考えると重い印候補ですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

本馬はサマースプリントを取れる可能性を残しているのでここはしっかりと仕上げて来るだろうと思っています。

安定した末脚を使える馬ですしここ数戦は上がり上位の脚を使ってしっかりと好走出来ている。

前走で非常に速い流れを経験しているので今回は追走が楽になると思いますし、上手くコーナーでスピードに乗ることが出来ればチャンスは十分にありそう。

母父にヘイローの血を持っているので好走傾向にも合致。楽しみな存在です。

以上でキーンランドカップ2020予想考察を終わります。

札幌記念2020・北九州記念2020予想です。

日曜は札幌で札幌記念2020が、小倉で北九州記念2020がそれぞれ開催されます。

どちらもGⅠ馬の出走ありということもあって注目が集まるレースとなりそうですね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想に入っていきましょう。

札幌記念2020予想。本命と穴馬。

札幌記念の詳しい考察も過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

札幌の芝は土曜の競馬を見ている限りCコースに変わったからと行って内前が有利という馬場でもないですね。

特に中距離戦ではしっかりと差しも届いている印象。外目を走ってコーナーで上手くスピードに乗せることが出来た馬の好走が目立ったようにも思います。

時計もまずまずですし週中からの狙い通りにいきたい。

では本命ですがこの馬にしたいと思います。

ノームコア

考察で触れた通りですがこの馬から入りたいと思っています。

末脚活きる時計の速い馬場はこの馬とマッチするはずです。

2ターンの適正もありますし血統面から見ても札幌記念とは相性が良いと思います。

前走より確実に前半は時計面でゆったりと流れるはずなので好位中団追走から末脚活かす競馬が出来れば結果は自ずとついてくるでしょう。

ラッキーライラックを離れた外から豪快な末脚で差し切ることを期待したいですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

こちらも週中に注目馬として取り上げていました。

この枠ならインの2~3番手がスムーズに取れると思います。

前走よりラップ的にも馬場的にも楽になる事は間違いないですし洋芝への適正も非常に高い馬なので、前々からの粘り込みに期待出来ると思います。

前走だけ走ることが出来れば一発の魅力十分ですね。

以下、相手候補にラッキーライラック・ブラックホール

△候補にアドマイヤジャスタ・イェッツト・ポンデザールとします。

以上で札幌記念2020予想を終わります。

北九州記念2020予想。本命と穴馬。

北九州記念の詳しい考察も過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の小倉芝戦を見ている限りかなりの高速馬場であることに間違いはなく先週同様の馬場ですね。

中距離戦は差し届くこともありますが基本的には前有利・内有利の馬場となっています。

そして北九州記念はもともと超前傾ラップの持続力勝負の我慢比べです。

今年もハイラップからの我慢比べになるとは思いますがその高速馬場への適正も重要です。

今年は前に行きたい2頭がおそらく上位人気となりますが、そこに無理についていくとおそらくスピード負けして垂れてしまいます。

前でやりあうことは容易に想像が付きますし大外にジョーカナチャンが入ったことで厳しい先行争いとなるでしょう。

こうなると面白いのはもう1列後ろの馬。中団追走から垂れてきた馬を交わして一気に差し切れるような形を理想としたい。

では本命ですがこの馬です。

ダイメイプリンセス

前走アイビスサマーダッシュでは昨年よりも着順を上げ尚且つ時計面でも昨年を上回りました。

ジョーカナチャンとのタイム差はわずかに0.1秒で今回は斤量差2キロあったものが1キロに減ります。

ジョーカナチャンは大外からのレースになるので逆転は十分に可能でしょう。

同舞台では好走を続けていることから適正の高さは十分ですしモズスーパーフレアも次走を見据えた仕上げ。

一角崩しどころか全て食ってしまっても全くおかしくないと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

この枠ははっきりとギャンブルだと思いますがロスなく脚を溜めて外に切り出すことが出来ればチャンスは十分にあると思います。

1200m戦では非常に安定した戦績を残していますし、時計がどんどんと掛かる前傾ラップの持続力勝負では上り最速を繰り出しての好走が多いのでこういったレースへの適正の高さが伺えます。

前への意識が強くなり前々でやりあってくれれば面白い存在になることは間違いないと思っています。

以下、相手候補にアンヴァル・ジョーカナチャン

△候補にトゥラヴェスーラ・モズスーパーフレア・ジョイフル・タイセイアベニールまでとします。

以上で北九州記念2020予想を終わります。

北九州記念2020予想考察です。

小倉芝1200mで行われるGⅢ北九州記念2020。

今年はGⅠ馬モズスーパーフレアが断然の人気を背負うことになりそうです。

モズスーパーフレアが始動戦からGⅠ馬の貫禄を示すのか、伏兵の激走があるのかどうか。

注目の集まる重賞となりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めて行きましょう。

超前傾ラップの持続力勝負。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

北九州記念2020

1番人気馬は2着2回のみ。ここ3年は馬券内に入る事も出来ていません。

中穴~大穴の激走も多々とあり荒れる重賞となっています。

脚質的には好位~中団からの好走が多いわけですが、今年は開催2週目に行われるのでこのあたりは変わって来ると思います。

先週の小倉芝はかなりの高速馬場となっており中距離戦では差しも届いていましたが、短距離戦になると前に居ないとどうにもならないような馬場になっています。

今週末の天候次第かもしれませんが好天が続くようなら高速馬場・内前有利は変わらないのではないかと思っています。

ラップを見てみると超前傾ラップの持続力勝負。

前半3F32秒台はざらであり、そこからどんどん時計がかかる我慢比べのレースとなっています。

道中全く緩むところがないというのが特徴ですね。

北九州記念は前走アイビスサマーダッシュ組と相性が非常に良いのですが、アイビスサマーダッシュは同じようなどんどん時計がかかる持続力勝負の我慢比べのようなラップになります。

よってここでの好走はそのまま北九州記念での好走に繋がっているということになりますね。

買いポイントとしては道中緩まない持続力比べのハイラップ戦で好走している馬を狙うで良いかなと思います。

血統

サクラバクシンオーが好相性でそこから派生するショウナンカンプも良いですね。

その他で見ると欧州型の血統が好相性。

持続力勝負の我慢比べとなるので欧州のタフさが活きて来るということになりそうです。

北九州記念2020注目馬・穴馬

モズスーパーフレアは断然人気になると思いますしハイラップ適正の非常に高い馬。

叩き台であったとしても格好はつけてくると思いますのでこの馬以外か2頭をチョイス。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

アイビスサマーダッシュ組であり、前走は自ら作り出したペースで押し切り。

斤量は過去に経験したことがない55キロになりますが惰性で押し切る我慢比べのようなレースになるのであまり気にしないで良いかなと思っています。

モズとの先行争いになりそうですが、向こうは先を見据えた仕上げでありこちらはサマースプリントを意識した仕上げ。つまりは取りにきた仕上げのはず。

斤量差と仕上げの差を考えると逆転できると思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

過去に同舞台で好走実績があるので舞台適正は文句なしでしょう。

昨年と同様にアイビスサマーダッシュからの臨戦過程となりますが、走破時計は昨年より良いですし着順も上げており年齢による衰えは心配しないで良いかと思っています。

前について行った馬が垂れてしまうようなハイラップ戦になるので、そこからこの馬の末脚が活かせることが出来れば上位のチャンスは十分にあるでしょう。

以上で北九州記念2020予想考察を終わります。

↑このページのトップヘ