競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2020年09月

スプリンターズステークス2020予想考察です。

中山芝1200mで行われるGⅠスプリンターズステークス2020。

今年はグランアレグリア・モズスーパーフレアあたりが人気の中心になるでしょうか。

秋のGⅠ戦線がいよいよ開幕します。今年は無観客競馬が続いていますがテレビやネット越しにじっくりしっかり楽しみたいと思います。

PR

---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!



【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!
さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



---------------------------------------------------------------


では早速考察を進めて行きましょう。

超前傾ラップの持続力勝負。米国血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

スプリンターズステークス2020

1番人気馬は3勝3着1回と上々の成績ですね。

勝ち馬は3番人気以内から出ており人気にしっかりと答えていますが、2桁人気の激走も多々とありイメージ通りに荒れるGⅠと言えそうです。

過去のラップを見てみると超前傾ラップになりやすいレース。

中山1200mは下級条件でも前傾ラップになりやすいですが、GⅠともなるとその傾向には拍車がかかり非常にタフなレースとなっています。

基本的には2F目以降どんどんと時計のかかる消耗戦・持続力勝負となると想定しておいて良いでしょう。

特に今年は快速モズスーパーフレアがいます。

この馬が逃げればもれなく消耗戦の持続力勝負となるので超前傾ラップでの好走実績と経験がモノをいうと思っています。

そして今年の特徴ですが非常に時計と上がりのかかる馬場となっています。

例年以上にタフさが要求されるようなレースとなりそうですね。

臨戦過程を見ると距離短縮組がなかなかの成績を上げているのですが、距離短縮組が好走しているのは道中で一旦緩んで再加速するようなラップバランス時に多いです。

どんどんと時計がかかっていく消耗戦のようなスプリントラップになると距離短縮組は道中の追走でかなり苦労している印象を受けます。

今年はモズスーパーフレアが消耗戦・持続力勝負を作り出すと思っていますので距離短縮組はやや軽視したいと思っています。

血統

注目したいのは米国型の血統ですね。

スピードの持続力勝負となるとやはり米国型が好走する傾向にあります。

そしてニジンスキーを持つ馬も好成績です。

昨年は該当馬の好走はありませんでしたがそれ以前では毎年馬券内に入り込んでおり注目したいですね。

スプリンターズステークス2020注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

前走は前半3F33.0秒でどんどんと時計がかかる超前傾ラップの消耗戦を前受けしての5着。

流れも厳しかったですがそれ以上の走破タイムの壁にぶつかったようにも思えます。

時計に限界がありそうで高速決着は厳しいと見ています。

昨年のような馬場では出番が無さそうですが、今年の時計がかかるタフな馬場であれば一変する可能性が十分にあると思います。

本馬の種牡馬からの産駒の牡馬はパワータイプが多いですし母系からも短距離で持続力を活かす競馬が合っているはず。もちろん米国型のダート血統を持っていますね。

先週までの馬場であれば面白い存在になる1頭でしょう。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

本馬も時計のかかる馬場での消耗戦が合っているタイプで高速決着は不得意と言えるでしょう。

前走では消耗戦ラップの中上手く流れに乗ることが出来ていましたし、持続力を存分に活かすことが出来ていたと思います。

今の中山なら時計がかかることは間違いないですし1分8秒以上の決着になるようであれば一気にチャンスが広がるはず。

血統的にも文句ない血統背景。前走で好走している割にはそこまでの人気にならないようですし楽しみな1頭ですね。

以上でスプリンターズステークス2020予想考察を終わります。

神戸新聞杯2020・オールカマー2020予想です。

日曜は中京でGⅡ神戸新聞杯2020が、中山でGⅡオールカマー2020がそれぞれ開催されます。

コントレイルの秋初戦として神戸新聞杯には非常に注目が集まりますし、オールカマーも秋のGⅠ戦線へ向けての重要なレースとなります。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想に入りましょう。

神戸新聞杯2020予想。本命と穴馬。

土曜の中京芝を見ているとコース変わりはあったものの差しがしっかりと届く馬場。

雨の影響はある程度受けており中距離戦では上りがかかる競馬となっています。

日曜にかけて天気には恵まれますが一気に軽い馬場になることはないと思いますし、ある程度のタフさが要求され末脚の持続力が必要となるはずです。

では本命ですがこれはこの馬で仕方ない。

コントレイル

この世代では頭2つくらいは抜けた存在とみて良いですね。

初戦であり7~8分の出来だとしてもこのメンバー相手に苦戦は許されないでしょう。

無敗の3冠へ向けて好スタートを切ると思います。

では穴で注目したいのはこの馬ですね。

人気ブログランキングC

週中から注目馬として取り上げていましたがやはり注目したい穴馬ですね。

考察通り非根幹距離での実績とトニービンの血を重視しました。

母系を考えてもキレ勝負では分が悪く上がりのかかるタフな条件でこそ。

おそらく今回は34秒台後半の末脚でも十分勝負になると思いますし、コントレイルが前を全て飲み込む展開が想定出来ますので、後方からぐいぐい末脚を伸ばせる本馬に展開も向くのでは。

コントレイルを負かすとこは難しくても2~3着なら可能性は十分にあると思います。

以下、相手候補にディープボンド・レクセランス

△候補にメイショウボサツ・ビターエンダー・ディープキング・ヴェルトライゼンデとします。

以上で神戸新聞杯2020予想を終わります。

オールカマー2020予想。本命と穴馬。

土曜の中山は雨の影響をしっかりと受けており先週から続いて非常にタフな馬場となっています。

上がりは35秒台以上と非常に上がりのかかる馬場となっておりキレないパワー寄りのサンデー系や欧州型の血統を持つ馬の好走が目立ちます。

日曜にかけて馬場が大きく回復することはないでしょうし現状のタフな馬場でパフォーマンス上がる馬を狙っていきたいところです。

では本命ですがこの馬。

ステイフーリッシュ

週中から取り上げていました。

非根幹距離・中山実績・上がりがかかる馬場とレースでの実績を考えるとこの馬は全てにおいて良績があり今の馬場との相性は非常に良いと思います。

ある程度の位置取りに居ないと物理的に厳しい馬場ともなっており先団~好位で競馬が出来る本馬は脚質的にも合いそうですね。

3歳春から勝ち鞍に恵まれていませんがここで一発ないか期待したいです。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

速いラップを刻まないようなタフなレースになれば出番が出て来るのはこの馬。

道中のラップ次第で追走が厳しくなるので時計がかかるタフな馬場になってほしい。

レースまでにもう一雨ほしいところでもあります。

中山実績・非根幹距離実績は十分にありますし前走でも大きな差はなかったので期待出来ると思っています。

以下、相手候補にミッキスワロー・カレンブーケドール

△候補にジェネラーレウーノ・クレッシェンドラヴ・アウトライアーズとします。

以上でオールカマー2020予想を終わります。

オールカマー2020予想考察です。

中山2200mで行われるGⅡオールカマー2020。

今年はミッキースワロー・カレンブーケドールが人気の中心になりそうです。

秋のGⅠ戦線へ向けての重要な位置づけとなっているオールカマー。小頭数ながらになかなかの好メンバーが揃ったように思います。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めて行きましょう。

上がりかかる馬場。非根幹距離実績とリピート性。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

オールカマー2020

1番人気馬は2勝2着2回と非常に安定した戦績を残しています。

極端な穴馬の好走が少なく小波乱までかというイメージ。

過去のラップを見てみると中山2200m戦らしく後半5Fの持続力勝負ですね。

上がりのかかるタフなレースであることがわかります。

加えて先週の中山は非常にタフな馬場で総じて上りがかかるレースとなっていましたのでこの傾向には拍車がかかると見ています。

過去のデータから注目しておくべきコトは中山実績と非根幹距離実績、そしてリピート性です。

非常に癖のある中山非根幹距離2200m戦。リピート性は非常に高いので過去に中山非根幹距離で好走実績のある馬は無条件で評価を上げても良いくらいだと思います。

根幹距離でキレを身上に結果を残している馬は少し疑ってみたいところです。

血統

中山非根幹距離戦と言えば、ロベルト・トニービン・ノーザンテーストといったあたりなわけですが、オールカマーにおいてはトニービンが好相性だと思います。

昨年の2・3着馬はトニービンを持っていました。

ちなみに1着馬は欧州志向の強いステイゴールド産駒でノーザンテースト持ちですし4着は母父ロベルト系でした。

トニービンに最注目しつつロベルト・ノーザンテーストも押さえるというところですね。

今年の上位人気と予想される2頭は上記の血を持ちません。面白い傾向だと思います。

オールカマー2020注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

2200~2500m非根幹距離での重賞成績は1勝2着2回3着2回とパーフェクトと言える戦績を残しています。

中山非根幹距離での実績もありますし中山では勝ち鞍こそないものの重賞3戦で2着2回3着1回という戦績です。

ステイゴールド産駒で母系にロベルトを持つことから好走血統にも合致しています。

事前オッズでは2強ですが1角崩しに期待したいですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

中山2200mでの実績とリピートを考えると2強ではこの馬を上位に評価したいと思います。

トニービン・ノーザンテーストを持ち血統的にはもちろん好走血統に合致しています。

展開次第で自ら動ける機動力もありますしここは外せない1頭です。

上がりがかかる馬場も合いますし楽しみが大きいですね。

以上でオールカマー2020予想考察を終わります。

神戸新聞杯2020予想考察です。

中京競馬場芝2200mで行われるGⅡ神戸新聞杯2020。

今年は無敗の2冠馬コントレイルに断然の注目と人気が集まることになりそうです。

無敗の3冠へ向けてコントレイルが順調な秋のスタートを切るのか、波乱はあるのか。

注目の集まる2冠馬の秋初戦となりますね。

PR

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
   大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~   
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、
現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。



では早速考察を進めて行きましょう。

非根幹距離と末脚の持続力。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

神戸新聞杯2020

1番人気馬は3勝2着1回と非常に安定した戦績を残しています。

ダービーで優秀な成績を残した春の実績組がそのままに結果を残している事が分かります。

ただ、今年は中京の2200m戦。

非根幹距離の左回りと過去の神戸新聞杯とは全く違う適正が問われるので先週のローズステークス同様に穴馬の台頭は十分にあると思います。

コントレイルは別格なので馬券内残り2席に入りこめるような穴馬を探して行きたいと思っています。

過去の中京2200m戦を見てみると基本的には道中に13秒台のラップを挟み前半は非常に緩い流れになりがちです。

これはスタートしてすぐに登り坂があることと、ラスト5Fまでゆったりとした登り坂があることが関係しているでしょう。

逆にラスト5Fからは下り坂。直線坂を登って最後は惰性で押し切るような競馬になります。

基本的には上がりがかかくレースとなりがちで34秒台の上がりがあれば十分勝負になるでしょう。

今の中京は上がりがかかる馬場なのでこの傾向に変わりはないと思っています。

末脚の持続力が問われるようなレースになると見ています。

血統

過去5年同舞台の成績を見るとディープ産駒の成績はまずまず。直線の長いコースで末脚を活かすということなのでこれは納得です。

その他をみると欧州型若しくは欧州志向の強いサンデー系の好走率が高いですね。

トニービン・サドラーズウェルズといった欧州型の血を持つ馬やステイゴールドのように欧州志向の強いキレよりタフさがある血に注目です。

キレないサンデー系はなかなかの好相性だと思います。

神戸新聞杯2020注目馬・穴馬

コントレイル以外で注目したい穴馬はこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

本馬は根幹距離で馬券外・非根幹距離で2勝2着1回となっており明らかに日本の主流とややズレている印象。

主流とズレる=前走のダービー大敗は起こるべくして起きたこととも考えることが出来ます。

上がりのかかるレースでこそのタイプですし、非根幹距離の3戦は全て上り最速の脚を使っている点も注目しています。

血統的にも非根幹距離が合っているルーラーシップ産駒でトニービンを持ちますし母系にヌレイエフが入っていることからも上がりがかかる条件が良いですね。

事前オッズでは単勝万馬券となっており全く人気はありませんが面白い1頭と見ています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

こちらも非根幹距離で2戦2勝としています。

クラシック戦線では全くいいところは無かったですが王道路線から少しズレる非根幹距離なら面白い1頭だと思います。

ディープ×ダンチヒなのでスピードの持続力勝負は合うでしょうし、先週2勝クラス条件を勝ち上がったアリストテレスを3走前に負かしているので実質的には古馬2勝クラスを勝ち上がる力は十分に持っているということ。

3勝クラスの能力と見ても神戸新聞杯では十分に通用すると判断します。

道中少し緩んだあとの持続力勝負で結果を出しているのでこの舞台への適正は高いと思います。

ローズステークスのように無欲の後方策が決まるようなら一発あってもおかしくないはず。

以上で神戸新聞杯2020予想考察を終わります。

セントライト記念2020予想です。

中山芝22000mで行われるGⅡセントライト記念2020。

今年はサトノフラッグ・ガロアクリークあたりが人気の中心になるでしょうか。

菊花賞への切符をかけたトライアルです。どの馬が菊への切符を手にいれるのか。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想に入りましょう。

セントライト記念2020予想。本命と穴馬。

セントライト記念の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

日曜の雨がどこまで月曜に影響を与えるかがまず気になるところ。

月曜はしっかりと晴れてくれるようではありますがパンパンの馬場にはまずならない。

おそらくある程度の時計がかかるタフめな馬場になると思っています。

セントライト記念はダービー組が強いことと5Fの持続力勝負になることがポイント。

道中もあまり緩むことはないので道中緩んだスローからの末脚勝負でパフォーマンスをあげていた馬はここでは厳しいということですね。

ここは週中からはっきりと狙いたい馬がいましたのでここから入ります。

本命はこの馬ですね。

人気ブログランキングD

ダービーでは結果が出ませんでしたが2走前が非常に優秀であり、ここに繋がる内容での勝利。

道中全く緩まない流れの中ラスト5Fのスピード持続力勝負で結果を出しています。

この競馬で結果が出るのであれば当然ここでもパフォーマンスをあげてくることは明白です。

この産駒の馬は総じて非根幹距離でパフォーマンスが上がるので持続力勝負でこそ。

やや外目の枠ですが向こう正面からの持続力問われる展開なら内で詰まるよりは断然良いのでここはブレずに狙います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

日曜の雨で上りがある程度かかる馬場になるのであれば面白いと思える1頭です。

非根幹距離での実績がある点と上りがかかる競馬でしか結果を残せていない点に注目しています。

未勝利こそ能力の違いで速い上がりを使っていますがそのレース自体のあがりは34秒半ば。

2・3走前はともに早めの上りが要求されるようなレースでしたのでこの馬には不向きでした。

前走2勝クラスでしたが上がりのかかる条件でしっかりと結果を出しての完勝です。

つまりは持続力問われるタフな展開でこその馬なので恵みの雨を受けて大きく変わる可能性があります。

持続力問われる尚且つ雨で時計がかかるなら急浮上する馬だと思っています。

以下、相手候補にバビット・フィリオアレグロ

△候補にサトノフラッグ・リスペクトまで。

以上でセントライト記念2020予想を終わります。

↑このページのトップヘ