競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2021年01月

根岸ステークス2021・シルクロードステークス2021予想です。

日曜は東京でGⅢ根岸ステークスが、中京でGⅢシルクロードステークスがそれぞれ開催されます。

どちらもGⅠへ向けての重要な前哨戦となります。ここからGⅠで人気になるような馬が出て来るのかどうか。

両重賞共に注目が集まりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想に入りましょう。

根岸ステークス2021予想。本命と穴馬。

根岸ステークスの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の東京は終日ダートは重馬場で行われていましたが日曜までの天候を考えるとどんどん回復して来るでしょう。

ただパサパサのダートというわけではないと思いますので例年通りにスピードの要求値は高いレースになると思います。

ダートは比較的前有利でしたが、しっかりと流れると差しもバシバシと決まっておりここは例年通りに末脚上位の馬が馬券にしっかり絡んで来ると想定したいです。

東京ダート実績・安定した末脚をしっかりと評価して印をあげていきたいと思います。

では本命ですがこの馬です。

アルクトス

東京実績としてはもはや文句のつけようがありません。

末脚も間違いなく上位ですしやや脚抜きよいスピードの要求値があがる点も好材料。

斤量は厳しいですがこのメンバーで凡走することは許されないでしょう。先を見据えた仕上げでもしっかりと走ってくれると思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

回避が出たことで出走枠に滑り込むことが出来ました。

ダートに舞台を移してからの安定感と速い末脚は大きな魅力でありここでも通用するモノがあると思います。

例年通りに末脚上位の馬が好走するような展開ならば一発あってもおかしくないと思います。

この枠からなら腹を括って後方一気の競馬を選択してくれるでしょう。

調教師は定年を迎えますし渾身の仕上げで臨んで来ることに期待したいですね。

以下、相手候補にタイムフライヤー・ヘリオス

△候補にテイエムサウスダン・ステルヴィオ・メイショウテンスイ・レッドルゼルまで。

以上で根岸ステークス2021予想を終わります。

シルクロードステークス2021予想。本命と穴馬。

シルクロードステークスの詳しい考察も過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

中京の芝はBコースに変わりましたがはっきりと内が荒れています。

内を空けて走ることが目立ちましたし外がしっかりと伸びる馬場となっています。

レースはモズスーパーフレアがハイペースで引っ張ることになるのは間違いないと思っています。

ただ、逃げ馬が内を空けて走ることは明白でそうなると差し馬はかなりの外を回される可能性があります。

内に逃げても荒れて伸びない馬場ですし非常に難しいレースとなりそう。

こうなると先団~好位で競馬が出来て尚且つ荒れたタフな馬場に適性がありそうな馬を狙ってみたいと思っています。

では本命ですがこの馬。

ラウダシオン

重・不良馬場では2勝2着1回ということでタフな荒れ馬場への適正がかなり高いだろうと思っています。

モズスーパーフレアを見ながら好位で競馬が出来そうな点も良いですし、今の馬場なら外枠からの競馬もプラスに出るでしょう。

考察で挙げていた米国型血統を母側にしっかりと持っていますし、何より左回りで全く崩れていないという点も大きな魅力です。

鞍上デムーロ騎手の久々重賞制覇に期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

モズスーパーフレアが作り出すハイペースのレースで結果を残したことがあるという点は大きなプラス材料となります。

左回りへの距離短縮・冬のタフな馬場や荒れ馬場も得意としておりまさに好走条件にはまったと言えますし、今回は外から前に出して行けるので外目好位の伸びる位置を確保できると見ます。

調教でも抜群の動きを見せていますし、一発の期待が十分にありますね。

以下、相手候補にトゥラヴェスーラ・エイティーンガール

△候補にシヴァージ・モズスーパーフレア・ルッジェーロ・タイセイアベニールとします。

以上でシルクロードステークス2021予想を終わります。

シルクロードステークス2021予想考察です。

中京芝1200mで行われるGⅢシルクロードステークス2021。

今年はモズスーパーフレア・ラウダシオンが人気の中心になると見て間違いないでしょう。

高松宮記念に向けての重要なステップとなるレースであり注目が集まる事となるでしょう。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。 

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう! 

↓無料登録コチラから↓ 


では早速考察を進めて行きましょう。

今年は中京開催。末脚と米国血統。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

シルクロード2021

今年は中京開催なので参考程度となりますが、人気馬の不振が目立ちます。

先を見据えた仕上げの馬とここで賞金が是が非でも欲しい馬の出来の差とハンデ戦ということ、さらには冬のタフな芝戦といったあたりが荒れる要素となっているでしょう。

中京芝は先週雨の影響で非常にタフな馬場となっていましたし、今週中に再度の降雨ということでタフな馬場は続いていると思います。

外がはっきりと伸びてきていましたがBコースに変わって伸びどころが変わるかどうかは土曜の競馬をしっかりと参考にする必要がありそうです。

次にラップですが、今開催に入ってからのラップは全てが後傾ラップとなっています。

しかし、コース形態としてはスタートしてすぐは軽い登りが続きますがその後4コーナー過ぎるまでずっと下り坂となっており前がかりになりやすいコースとなっています。

今年はモズスーパーフレアが出走してくるのでおそらく前傾ラップとなるでしょう。かなり速い超前傾ラップとなることも想定しておく必要があると思います。

元々差しがしっかりと決まりやすいコースなのですがモズスーパーフレアの存在にてさらに拍車がかかる可能性が高いと思っています。

前述した通りBコースに変わってどうかというところはポイントとなりそうですが、基本的には差し馬有利な展開を想定したいなと現状では思っています。

血統

高松宮記念をベースに考えてみると米国型血統に注目したい。

毎年好走馬を出しているのが米国型血統となります。

高松宮記念は中京最終週で行われるレース。今回のシルクロードステークスはBコース最初となりますが、ここまでかなり使い込まれた馬場となっており高松宮記念同様に荒れた馬場であることに間違いはないはず。

そうなると同等の血統に注目してみるべきだと思っていますので米国型血統を重視してみたいと思います。

シルクロードステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

展開と馬場に大きく左右される馬ですが、今回は展開・馬場ともに向いてくると思っています。

モズスーパーフレアが前傾ラップで引っ張る形になるのであれば当然差しが届く展開。

そして先週までの馬場であるならば末脚がしっかりと活きてくるはず。

米国型血統であり注目の血統背景。非常に楽しみな1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

こちらも米国型血統を持つ差し馬です。

出せる時計に限界のあるタイプなのでタフな馬場となることは歓迎ですね。

前走は使い詰めておりお釣りの無い状態でしたのでここでの凡走は止む無しか。

休養明けの戦績は優秀ですので、しっかりと立て直された今回は面白い存在になりそう。

こちらもモズスーパーフレアが前傾ラップを如何に作り出してくれるかが全てですが楽しみな1頭です。

以上でシルクロードステークス2021予想考察を終わります。

根岸ステークス2021予想考察です。

東京ダート1400mで行われるGⅢ根岸ステークス2021。

今年はタイムフライヤー・レッドルゼルあたりが人気の中心となるでしょうか。

フェブラリーステークスへ向けての重要な前哨戦ということで注目が集まるレースとなりそうです。

PR

---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!
PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!

さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



では早速考察を進めて行きましょう。

末脚の性能と東京実績。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

根岸ステークス2021

1番人気は2勝2着2回と非常に安定した戦績を残しています。

極端な穴馬の連対もなく大きくは荒れないイメージとなりますね。

末脚が非常に重要なレースであり上がり上位の馬がそのまま馬券に絡んで来ています。

末脚上位の差し馬を狙っていくことになりますね。

また、過去のラップを見てみるとほぼ間違いなく前傾ラップになります。

そういったことから末脚がしっかり伸ばせる馬が良いということです。

近2走以内に上がり2位以内の末脚を使っている馬に注目したいですね。

また、前傾ラップということで距離延長組はかなり苦戦しており、過去5年で馬券になったのはコパノキッキングのみ。

基本的には距離短縮組に利があります。短縮>同距離>延長のイメージで良いと見ています。

特に武蔵野ステークスを経由してきている馬には注目。

過去2走までに武蔵野ステークスを使ってきている馬の好走率が高い点に注目したいです。

次に注目したいのは東京での実績です。

東京ダートは他場と比較しても非常にスピードと末脚の性能が問われるコースとなっており、タフな中山等とは適正が真逆と言っても過言ではありません。

東京でのコース実績のある馬が他場で凡走して評価を落としているようであれば面白い穴馬となるかもしれません。

血統

基本的にはサンデーのスピードは重要な要素。ダート重賞ですがサンデー系は頻繁に馬券に絡んでいます。

またフォーティナイナー系を始めとしてミスプロも好相性となっています。

はっきりとした傾向としては難しいところではありますが、スピードの要素を引き上げてくれるような血統に注目ですね。

根岸ステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

ここ2走ダート1400m戦で上り最速を使っています。

その上がりは35秒台半ばと非常に速い上がりの脚を使うことが出来ています。

芝スタートよりダートスタート方が良さそうなので東京1400mは合っていそうですし、過去には34秒台の芝戦のような上りを使う事が出来ていますので根岸ステークスには合いそうです。

芝からダートに主戦場を切り替えてからは、不良馬場時以外安定した末脚を使う事が出来ています。

予定されている鞍上はこういった末脚を使える馬を東京ダート1400m戦で乗ることに長けており、前走上り最速の馬に乗った時の戦績は非常に優秀です。

除外対象なのですが1番手なので回避が出れば出走可能。是非とも出てきてほしい穴候補です。

次に注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

東京ダートでは崩れ知らず。東京ダートに限れば毎度安定した末脚を使うことが出来ており適正の高さは疑いようがありません。

1800m以上のレースでは全く結果が出ていませんしやはり主戦場は1400~1600mなのだと思います。

スピードが問われるコースやレースの方が合っているということですね。

今回は斤量がかなり重いわけですが定量戦なのでそこは分かった上での出走でしょう。

酷斤量が嫌われて人気が落ちつくようであれば楽しみな1頭となります。

以上で根岸ステークス2021予想考察を終わります。

AJCC2021・東海ステークス2021予想です。

日曜は中山でAJCC2021が、中京では東海ステークス2021がそれぞれ開催されます。

AJCCが4歳勢が上位人気に支持されていますがそう簡単には決まらないでしょうし4歳勢のレベルを図る上でも重要なレースとなりそうです。

東海ステークスは2月のフェブラリーステークスへ向けての重要な前哨戦。ここからGⅠ馬が誕生するのか注目ですね。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。 

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう! 

↓無料登録コチラから↓ 

では早速予想に入りましょう。

AJCC2021予想。本命と穴馬。

AJCCの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想にいきたいと思います。

土曜の中山は雨の影響と最終週ということで外がしっかりと伸びる馬場となっています。

上がりもかかる馬場ですしパワーと持続力が要求されるレースとなりそうです。

ただ、外が伸びると言っても後方から差せるのかというとそういう訳ではないか。

かなりタフな馬場になっているので後方からでは厳しい馬場となりそうで4角でしっかりと前に行けて尚且つタフな馬場で持続力を活かせるタイプを狙ってみたいと思います。

血統としてはやはり欧州型・ロベルトといった持続力に溢れた血統に注意しておく必要があるでしょう。

では本命ですがこの馬です。

ステイフーリッシュ

前に行ける・タフな馬場や重馬場での実績を考えるとここの馬が非常に安定していると思います。

京都記念でタフな重馬場で好走しており中山実績もあります。

持続力勝負でこその馬なので今の馬場は絶好でしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

全く人気はないと思いますので一発穴を期待したいです。

過去の走りから見てどう見ても瞬発力戦では勝負にならないのでタフな馬場で持続力問われるレースでしか狙えません。

中山実績は無いのですが前に行けた時は着差は僅かであり今の馬場で前々から競馬が出来れば可能性を感じます。

母系はトニービン・ロベルトを持ち持続力の塊と言える血統です。

内がはっきりと荒れているのでやや外目の枠も悪くないと思っています。

以下、相手候補にアリストテレス・モズベッロ

△候補にサトノフラッグ・ベストアプローチ・ラストドラフト・ジェネラーレウーノとします。

以上でAJCC2021予想を終わります。

東海ステークス2021予想。本命と穴馬。

東海ステークスの詳しい考察も過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

中京ダートは基本的には逃げ先行が有利。脚抜きは良くなっているもののそこまで時計は速くなっていないと思います。

外に数頭の先行馬はいますが絶対にハナというタイプは外枠にはいませんのでそこまで前半のペースはあがらないと想定出来ます。

動きがるのは下り坂に入ってからでしょう。

ここで外を回しながら上がっていく馬は不利になると思っていますのでやはり内で我慢できるかどうかがポイント。

特に内が有利な事は過去のデータも物語っており圧倒的に内枠の馬の好走率が高いです。

では本命ですがこれはこの馬にします。

ハヤヤッコ

先行馬でも内枠の馬でもないのでこれまでの話しは・・・となりますが、中団からの競馬となるこの馬に注目しています。

とにかく左回りとスピードが必要なレースでこそであり、中京と脚抜きの良い馬場はこの馬にマッチすると思います。

1番人気がインティでありこの馬が前に行く事からこの馬を目標にしてレースが進むはず。

1800m戦では安定しているインティですが勝ち切れないのも実情。この馬を目標に外から動く馬が多数いれば直線内から一気に伸びてこれそうなこの馬に展開利があるのではないかと見ています。

前走では1頭だけ抜けた上りの脚を使っていましたので同様の脚を使うことが出来れば一気に重賞ウィナーとなるチャンスは十分にあるでしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

内の馬と先行できる馬が穴をあけると思いますのでそうなると面白いのはこの馬です。

鞍上込みでまず間違いなくハナを主張して来ると思います。

インティはじめ他の馬は絶対にハナというタイプではないので問題なくハナが奪えるはず。

後ろにインティが控える形になれば直線まで舐められたまま向ける可能性もありそうなればそのまま粘り込めるかもしれません。

以下、相手候補にインティ・グレートタイム

△候補にアナザートゥルース・オーヴェルニュ・ダノンスプレンダー・ロードアクシスまで。

以上で東海ステークス2021予想を終わります。




東海ステークス2021予想考察です。

中京競馬場ダート1800mで行われるGⅡ東海ステークス2021。

今年はインティ・ダノンスプレンダーあたりが人気の中心となりそうです。

フェブラリーステークスへ向けて重要な前哨戦となる東海ステークス。

今年はここからGⅠ戦線の主役となれる馬が出て来るかどうか。注目のダート重賞です。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めて行きましょう。

前向きさとスピード。米国血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

東海ステークス2021

昨年は京都開催でしたので2年前からの5年分で見てみます。

1番人気馬は4勝3着1回と圧倒的な数値を残し非常に安定しています。

一方で穴馬の激走多々とあり難解なレースとなっています。

基本的には中京ダート1800m戦らしく前に行ける馬が圧倒的に有利。

4角4番手以内につけていた馬が馬券内の半分以上を占めています。

中京ダート1800m戦は上級条件になればなるほどに前半のラップが速くなり差しが届きやすくなるのですが、こと東海ステークスにおいてはチャンピオンズカップほどに速くならないことがほとんどであり結果的に前に行った馬がそのまま残すことが多いですね。

秋~冬にかけてダートGⅠが多々とある中でのGⅡ戦。メンバーが分散しレベルも1つ落ちる中で落ち着きやすいという事でしょう。

前有利ということで前走でも先行していた馬の成績は非常に良く、前走4角2番手以内の馬が4勝2着1回となっています。

前走位置取りが後ろになればなるほどに好走率が下がるので前向きさは非常に重要な要素となります。

さらに前走上位人気に支持されているとさらに好成績となっていますね。

週末の中京は雨予報が出ていますし前に行ける馬にさらに優位となる可能性も高いかなと思っています。

血統

基本的には米国型血統が好成績。やはり前向きさが重要ということになります。

フォーティナイナー系が好成績を残していることからスピードが重要ということが分かります。

また、米国でGⅠを勝っているような中距離型の米国血統にも注目したいですね。

東海ステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

フォーティナイナー系アイルハヴアナザー産駒です。

前走はかなりタイトな流れについていけずに直線で大きく失速しての大敗でしたが、今回はそこまで速い流れにはならないはずで前走の経験が活きて来ると思います。

安定した先行力はやはり魅力ですし、何より1~3月の成績が非常に優秀です。

冬場のタフな馬場が合っているようで、この時期のレースで馬券外になったのは下級条件も含めると8戦して1度きりです。

前走からの叩き2走目ということでしっかりと狙ってきている印象もあり、急坂コースでの成績も良いということで好走が期待出来ると思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

母父ヴァイスリージェント系ということで米国型血統を保持。

前に行ける脚質ではありませんが中団から差して来るならこの馬かなと思っています。

スピードが重要なレースとなりそうでそうなると追って追ってしっかり伸びるタイプよりはダートながらにスパッと切れるタイプが面白いか。

この馬はまさしくそのタイプでタフなレースよりはスピードを重視されるような舞台でしっかりと結果を残して来ています。

前走も1頭だけ抜けた末脚で差し切っていますし、これまでの好走時を見ると全てがスピードを活かせるレースになった時となっています。

今回はスピードが重要なレースになりそうだと思っていますので本馬の脚質に合いそう。

位置取りが悪くなることが嫌われて人気を落とすことがあれば面白い存在になるかと見ています。

以上で東海ステークス2021予想考察を終わります。

↑このページのトップヘ