競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2021年04月

青葉賞2021予想です。

東京芝2400mで行われるGⅡ青葉賞2021。

今年はキングストンボーイ・ワンダフルタウンあたりが人気の中心になるでしょうか。

ダービーへの切符をかけた重要なトライアルとなる青葉賞。

ここからダービーでも好走する馬が出て来るかどうか。注目のトライアルとなりますね。

PR

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~   

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。

馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。

そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、
現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。



では早速予想に入りましょう。

青葉賞2021予想。本命と穴馬。

青葉賞の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

青葉賞はダービーと同じ東京2400mの舞台で行われるレース。

ダービーとの違いは瞬発力よりは持続力が要求される展開になりがちということ。

道中は緩みますがペースアップするところはラスト4~5Fであり、一瞬の瞬発力よりは持続する末脚が要求されます。

持続力問われるレースということで血統的には欧州型に注目したいですね。

特に今年は週中にかなりの雨がありましたしパンパンの良馬場とならないはず。より持続力が要求されるレースになると思っています。

では本命ですがこの馬とします。

人気ブログランキングC

絶好の内枠偶数枠。週中から注目馬として挙げていましたが本命として狙いたいと思います。

2000m以上での実績はもちろんながらに前走負かした相手はかなりの高レベルメンバー。

ルーラーシップ産駒において距離延長と持続力勝負はまさにうってつけの舞台と言えるでしょう。

今の東京は速い時計が出ていますが時計勝負にも対応出来ることはレコードの実績で証明済。

ダービーへの挑戦権を手に入れて本番に向かってほしいですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

前走は前にいないとどうにもならない展開でしたので4角8番手からでは仕方ない結果だったと言えるでしょう。

上がり3位の脚を使う事が出来ているので絶対的に向かない流れの中で能力は示したと思います。

内目の枠に入ったことで一気にチャンスが出てきたと思いますので穴としてねらってみたい。

スローの上がり勝負よりは持続力勝負の方が合っていると思いますし母系から見ても底力に長けていると見ています。

軽いレースになりにくいこの舞台は合っているでしょう。一発に期待したいと思います。

以下、相手候補にアオイショー・リーブルミノル

△候補にレインフロムヘヴン・モンテディオ・レッドヴェロシティ・キングストンボーイとします。

以上で青葉賞2021予想を終わります。

天皇賞春2021予想考察です。

阪神芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春2021。

今年はアリストテレス・ディープボンドあたりが人気の中心になるでしょうか。

京都の改修により今年は阪神3200mで開催される天皇賞春。

過去のデータは全く使えない難しいレースとなりそうですね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速考察を進めて行きましょう。

高い持続力が要求されるレース。タフな鈍足タイプを狙う。

過去の好走データは全く無意味だと思いますのでここでは省きたいと思います。

京都3200mで行われる天皇賞とのはっきりした違いはスタミナ・持続力勝負になることだと見ています。

阪神3200m戦は1週目外回り2週目内回りで行われます。

阪神の急坂を2回超えるというだけでもタフな条件なわけですが、2週目が内回りになるという点がポイント。

2週目に内回りが来るということは必然的にスパートが早くなり持続力が要求されるレースになるということになります。

ラップから考えてみると1週目は外回りを使用して急坂があるのでどう考えても緩みます。

中間ラップがグッと緩むのは長距離戦ではありがちではありますが、その後のロングスパートでかなりの持続力を要求されることになりそう。

同じ内回りの宝塚記念を見てみると、ラスト5Fあたりからの持続力が要求されるラップバランス。

瞬発力の要求値はかなり低いと思います。

京都3200mはスピードが必要でありステイヤーにはもはや不利ではないかと思えるほどでしたが、阪神3200m戦はステイヤーに向いてくるはずだと見ています。

京都なら好走出来ていたような馬が凡走するレースになるでしょう。

上がりがかかりタフなレースなるので必然的に前に居る馬に有利な展開になるかなと思います。

前の馬がそのままスタミナ活かして走り切ってしまうのであれば、当然ながら後方から走っていると届きません。

前の馬の脚があがったところに突っ込んで来ての馬券内はありそうですが、4角である程度の位置が取れそうな馬を狙っていく事になると思います。

血統

タフな持続力が要求されるということは即ち欧州型の血が活きることになるはず。

内回り急坂といえばステイヤーズステークスがありますが、ここでも欧州の血は活きています。

瞬発力は不要なので鈍足血統も良さそう。タフな血統背景に注目したいですね。

天皇賞春2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

人気ブログランキングB

これまでの戦績を見ると圧倒的に持続力勝負でこその馬ですね。

3走前に東京2400mの瞬発力戦で負けて前々走・前走と高い持続力が要求されるレースで快勝しています。

特にここ2戦の内容は非常に良く、この馬がここ2戦のレースのようなラップを作り出すと届く馬はいないのではないかと思えるほどです。

中山と阪神の内回りで尚且つ坂を2回超えるタフなレースで一気にパフォーマンスをあげていることからタフな条件が如何に合うのかを示していますね。

特に前走は大外発走で出負けしながらにポジションを押し上げて先手を主張していることから最初のポジション取りで脚を使っていたにも関わらずの圧勝劇。相当な適正がないと出来ない芸当です。

いきなりのGⅠ挑戦でも通用する能力と適正はあると思いますし穴人気になることは間違いないですが必ず買いたい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

はっきりと鈍足タイプ。上がりの速いレースではかなり厳しいことは過去の実績から分かります。

前走は好位から進めながらにスローだったので上がりの勝負でついていけずに掲示板外。

前々走の有馬記念は持続力が要求されるレースとなりましたが、不利な大外枠からのレース。

それでいてワールドプレミアやカレンブーケドールとわずか0.3秒差。内枠ならもっと上の着順も十分にあったでしょう。

3走前にはステイヤーズステークスを上り最速の脚を使っての勝利。

ステイヤーズステークスは単純に上位の馬がそのままに上がり上位になる事が多いわけですが、それは純粋にタフな馬がそのまま脚を使っているということなのでタフな条件でパフォーマンスが上がる事は間違いないでしょう。

血統を見ても父はステイゴールド一族なので欧州寄りですし、母父バーリは凱旋門賞馬を出したようなタフな血統。母母父はサドラーズウェルズということで如何にもタフな条件でこそ。

前々に行ける脚質も良く穴候補として買いたいですね。

以上で天皇賞春2021予想考察を終わります。

青葉賞2021予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅡ青葉賞2021。

今年はキングストンボーイ・ワンダフルタウンあたりが人気の中心になるでしょうか。

ダービーへの切符を手に入れるのはどの馬になるのか。注目の重賞となりますね。

PR

---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!
さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!




---------------------------------------------------------------


では早速考察を進めて行きましょう。

4F持続力勝負。欧州血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

青葉賞2021

1番人気馬は1勝のみですが複勝率100%と非常に安定した戦績を残しています。

極端な穴馬の激走もなく小波乱までといったイメージとなります。

まず上がりを見てみると34秒台で十分に勝負になっていることから瞬発力戦になっていないことがわかります。

ラップバランスとしては前半ゆったりと流れてラスト4Fからスピードが上がる持続力が問われる展開になることが多いです。

同舞台で行われるダービーと比較しても明らかにスパートが入るところが速いのでスピードの持続力が要求されるレースとなります。

次に臨戦過程ですがこれは皐月賞のスピードレースではなくこの長距離の舞台に目標を定めてきた馬に注目したい。

過去5年の3着以内馬を見ても2000m以上での実績のある馬ばかり。

2000m以上の実績が無かったのは2年前3着のピースワンパラディのみとなっています。

前走ステップとして注目したいのはアザレア賞・大寒桜賞・ゆきやなぎ賞といった2200m以上の特別戦。

東京2400mという大箱の長距離戦に向けて長距離のレースで結果を出して来ている馬はそのまま好走することが非常に多い。

ここに弥生賞やスプリングステークスでスピード負けした距離延長組が絡んで来るというイメージですね。

では次に前走データから見てみたいと思います。

全て過去5年でのモノになりますが、前走5番人気以下は(0・1・0・23)と壊滅的な数値となっています。

唯一の馬券内は弥生賞4着のベストアプローチですがこれは当日も4番人気に支持されていましたので、前走5番人気以下の馬は重賞である程度の実績がある人気馬でないと厳しいと言えそうです。

次に前走着順ですが前走3着以内、つまり馬券内の馬が4勝2着4回3着5回と圧倒的な数値。

つまりは前走4番人気以内かつ3着以内に入っていないとかなり厳しいデータとなっています。

そして前走上がりですがこれも前走上がり2位以内の馬が好成績となっています。

最後に前走未勝利組は馬券に絡めていません。これは単純にどうにかここに間に合ったからの出走となっており能力が足りていないということでしょう。

狙いは前走1勝クラス以上で4番人気かつ3着以内で上がり2位以内の馬となりますね。

今年もこの条件に該当する馬が登録段階で5頭該当。この5頭には注目ですね。

血統

ダービーと同舞台で行わるレースですが、前述したとおり瞬発力よりは持続力寄りのレースになりがち。

持続力ということで注目は欧州型の血統となります。

トニービン・サドラーズウェルズを始めとして欧州の血を持つ馬の好走は非常に目立つのでこれは今年も注目したい血統傾向だと思います。

青葉賞2021注目馬・穴馬


現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

休養明けとなりますが前走負かした馬はきさらぎ賞勝ち馬ラーゴム・大寒桜賞勝ち馬マカオンドール・すみれ賞2着グロリアムンディ・NZT勝ち馬バスララットレオンと非常にハイレベルなメンバー。

トニービンを持ち母系はフランスということで欧州の血もしっかりと持っています。

今の東京は時計が速いですが新潟でレコード勝ちしており速い時計にもしっかりと対応出来ますし、左回りでも走る事が出来ています。

距離が伸びて悪くなりそうなところもないですしいきなりから期待出来ると思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

抽選対象となりますが突破出来れば是非ともに買いたいです。

好走多いアザレア賞組となりますが前走負けているのは言い訳の効く内容です。

勝ち馬は常時インを通り直線向いてからも空いたインを突いての勝ち切りでしたが、本馬は外々を回りながら直線詰まる不利を受けていました。

一瞬の瞬発力が無くじりじり伸びていくタイプなのでこの不利はかなり痛かったと思います。

血統を見てもトニービンを持ち母父はグレイソヴリン系ということでこれは長距離適正ありそうですし持続力勝負でこそ。

わかりやすく不利を受けていたので穴人気しそうではありますが買いたい1頭ですね。

以上で青葉賞2021予想考察を終わります。

フローラステークス2021・マイラーズカップ2021予想です。

日曜は東京でGⅡフローラステークス2021が、阪神でGⅡマイラーズカップ2021がそれぞれ開催されます。

日曜から再び無観客競馬とはなりますが開催はされますしテレビ越しにしっかり楽しみたいなと思っています。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。 

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう! 

↓無料登録コチラから↓ 

では早速予想に入りましょう。

フローラステークス2021予想。本命と穴馬。

フローラステークスの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の東京芝戦を見る限り非常に良い馬場状態でレコードも出ていましたね。

未勝利の1600m戦の勝ちタイムはクイーンカップよりも速い時計となっていましたので高速設定と考えておいて良いと思います。

フローラステークスは基本的に前半ゆったりで徐々にスピードが上がり後半4Fあたりから一気にスピードが上がるレース。

すなわち一瞬の瞬発力ではなくスピードの持続力が要求され、3歳牝馬としてはタフな条件設定。

狙いは1800m以上のローテでここを狙ってきた馬。そして前走1着尚且つ上がり2位以内に絞ると非常に好走率が上がります。

前走4角5番手以内で前々の競馬をしていれば尚良し。

血統的には欧州型が好相性。欧州が走る舞台ではキングマンボ系も同時にパフォーマンスを上げる事が多いのでキングマンボにも注意しておきたいです。

では本命ですがこの馬とします。

ウインアグライア

週中から触れていましたが絶好枠を引きましたのでここは本命として狙いたい。

マイル路線ではわかりやすくスピード不足を露呈。賞金的に足りていながら桜花賞には登録すらしなかったのはマイル戦線では厳しいことはわかっていたのでしょう。

前走2000m戦を前付けの先行策から上がり2位の脚を使っての勝ち上がり。

好走するデータにもしっかりと合致していますし欧州の血はないものの持続力勝負で力を発揮する母父ロベルト。

ネヴァーベンドのクロスもあるので持続力勝負でこそだと思います。

最内枠を活かしてロスなく前々で運ぶことが出来れば一発の可能性十分ありそうです。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

前走は1600m戦ということで傾向からは少しズレているのですがそれもあってか2桁人気前後で買えそう。

その前走は先行勢壊滅する中で1頭だけ粘っての0.2秒差2着。

勝ち馬はクイーンカップ勝ち馬で桜花賞4着のアカイトリノムスメなので価値のある2着だと思います。

その前走はひたすらに11秒台のラップを刻み続ける非常にタフなレースでしたのでその中で先行して粘り込んだ点は大きく評価したい点となります。

また、血統を見てみると父欧州型で母父キングマンボと傾向的には非常に面白い血統背景。

距離伸びて良さが出そうな血統背景ですし前走より楽なラップで先行出来ると思いますので、同じように好位さえ取ることが出来れば激走が期待出来ると見ました。

以下、相手候補にオヌール・パープルレディ。

△候補にグローリアスサルム・クールキャット・エトワールマタン・ユーバーレーベンとします。

以上でフローラステークス2021予想を終わります。

マイラーズカップ2021予想。本命と穴馬。

マイラーズカップは久しぶりの阪神開催。

前回は相当前になりますので当時のデータを使う事は出来ませんね。

阪神の芝は使い込まれているものの状態は非常に良く速い時計が出ています。

直線は外回りに関しては外差しがしっかりと決まっており末脚重視でいきたいと思います。

血統的にはサドラーズウェルズ系を始めとして欧州型が良いかなという印象を持ちます。

欧州型が合う=キングマンボ系も好相性ですね。

では本命ですがこの馬。

エアロロノア

鞍上は土曜阪神芝戦で好調だった池添騎手という点も心強いですね。

本馬は前走で同じ阪神1600戦を1分32秒1のタイムで走っていますので今の高速馬場にもしっかりと対応することが出来ます。

3戦連続上り最速で3連勝となっていますが前走が非常に濃い内容でした。

逃げた馬が上り33秒台を使うような展開を外から一気に差し切っての快勝。

今の外回りで外が伸びる馬場ならメンバーレベルが上がってもこの末脚は通用するでしょう。

父キンカメということで相性の良いキングマンボ系。4連勝での重賞制覇に期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

父キングマンボ系に母父サドラーズウェルズということで血統的にも非常に面白い1頭です。

ロードカナロア産駒は距離延長より距離短縮の方が戦績良いですので臨戦過程も良いですね。

マイルは新馬以来となりますが、今回のメンバーならそこまで追走に苦労することもないと思いますし好位から粘り込めるような形になれば一発の可能性も十分にあると思います。

鞍上的にも一発に期待出来ると思いますし2桁人気前後で買えるなら是非とも買いたいですね。

以下、相手候補にラセット・アルジャンナ

△候補にエアスピネル・カイザーミノル・ケイデンスコール・ワールドウインズとします。

以上でマイラーズカップ2021予想を終わります。


福島牝馬ステークス2021予想です。

今年は新潟開催となるGⅢ福島牝馬ステークス2021。

シゲルピンクダイヤ・ドナアトラエンテあたりが人気の中心とはなりそうですが混戦メンバーですね。

ここで賞金加算をしてヴィクトリアマイルへと駒を進めて行くのはどの馬になるか。

注目の集まる牝馬限定重賞となります。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想に入りましょう。

福島牝馬ステークス2021予想。本命と穴馬。

今年は新潟1800mで開催される福島牝馬ステークス。求められる適正が全く異なりますので過去の傾向は使えませんね。

新潟1800m戦は基本的に後傾ラップの上がりが問われるコース。

ラスト4~3Fの末脚勝負となる事が多いです。

ただ、先週の競馬で新潟の芝はかなりタフになっている事が想定されます。

開催当初から芝の状態はあまり良くないなという印象でしたが一気に悪くなったはず。

欧州のようなタフな馬場になっていることを想定しておきたいと思っています。

こうなると重馬場巧者やタフな持続力勝負でこそというタイプを狙っていきたい。

キレキレの馬場になってしまった場合は諦めて決め打ちしようと思います。

では本命ですがこの馬。

人気ブログランキングB

とにかくタフな馬場でこそのタイプで時計が速くなると相当厳しいので今の新潟はぴったりと合いそうです。

直線向いてグイグイ伸びて来れるような馬場でも無さそうですしこの馬の先行力が活きて来るはず。

メンバーを見ても逃げ先行勢手薄な組み合わせであり楽に先手を主張できると思います。

鞍上は同舞台で4番人気までに支持された時は過去3年で(4・0・1・2)としっかり結果を残している点も良いですね。

ローズキングダム産駒ですがこちらも過去3年勝ち鞍こそないものの複勝率60%と好相性の舞台。

前走に続いての好走が期待出来る舞台が整ったと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

3歳重賞制覇してから3着以内ですら1度も無いような馬ですがこの馬の好走スポットは時計のかかる馬場とタフな条件であることに間違いはないと思います。

今回は時計がかかりタフな馬場になることを想定していますのでここは狙ってみる価値がありそうです。

調教を見ても自己ベストを記録しており体調面では文句なしですね。

血統的にもパワータイプ。このメンバーならゲートさえ決まれば前に行くことも出来るでしょう。

好位から競馬を進める事が出来れば非常に面白い存在になると思っています。

以下、相手候補にミスニューヨーク・ディアンドル

△候補にリュヌルージュ・パラスアテナ・フィリアプーラ・ムジカ・ドナアトラメンテ・シゲルピンクダイヤと広めに拾っておきたいと思います。

以上で福島牝馬ステークス2021予想を終わります。

↑このページのトップヘ