競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2021年04月

桜花賞2021予想です。

阪神芝1600mで行われるGⅠ桜花賞2021。

今年は白毛の無敗2歳女王ソダシに断然の注目が集まるレースとなります。

前日オッズは3強オッズとなっていますが他馬もそこまで大きな差はないと思いますし大混戦の桜花賞だと思っています。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へ入りましょう。

桜花賞2021予想。本命と穴馬。

桜花賞の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の阪神芝を見る限りしっかりと速い時計の出る馬場。

上がりが31秒台という破格の上がり時計も出ていました。

内外の有利不利もほとんどありませんので単純にまずは高速時計への対応がカギとなるかもしれません。

内外の有利不利がないということで展開面はしっかりと考察する必要がありそう。

はっきりとした逃げ馬は不在。おそらくヨカヨカがある程度主張してくると思いますが、前走1400m戦で控えて結果を出している事と阪神JFで粘り切れなかったことを考えると逃げないのではないかと思っています。

そうなると前半速くなりがちな桜花賞といえど前傾ラップとまではいかない可能性もあるか。

ただ、ここで問題となるのはメイケイエールです。

鞍上は横山典騎手となりますが馬具を全て外してシンプルにという発言がありました。

馬の気分に合わせて騎乗してくるので行きたがるところを無理に抑えることはしないでしょう。

そうなるとこれまでの走りを見ている限りは前に行かせてしまうのかなと思います。

前走相当に抑えて抑えての上で行かせてのレースでしたが最初から気分にまかせて行かせると相当速いペースになるのでは。

上がりの勝負になりやすい桜花賞ですが一瞬のキレではなく長く良い脚を使う必要が出て来そうです。

前傾ラップかつ持続力のある末脚。尚且つ速い時計に対応出来そうな馬を狙おうかと思います。

また、前傾ラップで苦しくなると必然的に内目の馬は詰まりやすい。外目の馬を優位とみて予想します。

では本命ですがこの馬。

人気ブログランキングD

前走はソダシに敗れていますが外が伸びる馬場の中で内に進路を取った上でのこの差は無かったに等しいと思います。

そして2走前に持続力が必要となるような流れをしっかりと上り最速で差し切っている点から、今回の想定している展開なら十分に逆転が出来ると判断しました。

外枠なので内の馬が垂れてきて邪魔になる心配もありません。

阪神JF組がしっかりトライアルでも活躍していることから今の牝馬戦線上位の存在であることに間違いないですし桜の女王となることに期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

これは週中から取り上げていましたが、想定していた人気よりやや控えめなのでがっつり狙いたい穴馬となりました。

キレキレの勝負では勝ち切りは難しいかと思っていましたが、想定するような展開になればこの馬の持続力のある末脚が大いに活きるはず。

やや踏み遅れながらに上り最速の2着だった前走。前傾ラップからの末脚勝負にしっかりと対応出来ていましたし前走の走破タイムも優秀。

土曜の芝戦ではキングマンボ系が活躍していたことも好材料。一発に期待出来ると思います。

以下、相手候補にソングライン・メイケイエール

△候補にアカイトリノムスメ・ソダシ・ククナ・ファインルージュとします。

以上で桜花賞2021予想を終わります。


阪神牝馬ステークス2021・ニュージーランドトロフィー2021予想です。

土曜は阪神でGⅡ阪神牝馬ステークス2021が、中山でGⅡニュージーランドトロフィー2021がそれぞれ開催されます。

どちらも春のGⅠマイル戦線へ向けての重要なステップとなり注目の集まるレースとなりそうです。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想に入りましょう。

阪神牝馬ステークス2021予想。本命と穴馬。

阪神牝馬ステークスは前半3Fがやや緩く流れる事が多い。

またラスト5Fからペースが上がり11秒台のラップを刻みつつグッとペースが上がるポイントもありますので基本的には前半が緩い分だけ内前が有利なレースとなります。

外回りですが単純な瞬発力勝負にならないことは上がり上位の馬の成績がいまいちな事が物語っているでしょう。

過去5年の4角位置取り別の成績を見ても位置取りが後ろになればなるほどに好走率が下がります。

差し届いている馬を見るとGⅡ以上で結果を出しているような馬ばかり。

過去にGⅡ・GⅠで結果を出しているような馬でなければ差し届くのは困難ということになります。

血統としては欧州型の血統が面白い。穴をあけるなら欧州としておきたいですね。

では本命ですがこの馬でいきたいと思います。

リアアメリア

本馬の好走条件は良馬場・後傾ラップですので今回はこの2点が揃いそうです。

逃げ馬はイベリスのみですのでそこまで速いラップバランスにはならないと思います。

前に行ける脚質で尚且つ上がり勝負にも対応出来るとなるなら狙いたい条件が全て揃ったと言えるでしょう。

前走は超不良馬場で参考外ですし2走前のエリザベス女王杯は展開と位置取りを考える限り悪くない内容。

本来は根幹距離の後傾ラップが合っているので今回は全てにおいて条件好転。

まず間違いなく馬券内にまとめてくれるでしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

前走も狙いましたがここでも狙える条件が揃ったと思います。

前走は後ろからの競馬になりましたが、好位に付けられる脚もありますし何よりこの枠からなら自然とインの好位に付けることが出来ると思います。

母父サドラーズウェルズ系ということで欧州の血をしっかりともっていますし、前走より前半がゆったりと流れそうな点も良いはず。

前走重賞好走にも関わらず人気は控えめ。もう一度買いたいと思います。

以下、相手候補にイベリス・マジックキャッスル

△候補にギルデッドミラー・プールヴィル・デゼルまで。

以上で阪神牝馬ステークス2021予想を終わります。

ニュージーランドトロフィー2021予想。本命と穴馬。

ニュージーランドトロフィーの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

過去の記事で触れた通り圧倒的に内枠が有利なレース。

2桁馬番は相当に不利なので本命としたいのはやはり内目の馬となります。

また、単純なマイル適正が問われるレースではなく注目したいのは短距離実績やダートでの実績。

穴をあけるのも当然ながら短距離適性のある馬やダートでの実績のあるような馬となります。

血統としては米国型とダンチヒに注目ですね。

では本命ですがこの馬。

アヴェラーレ

1400mの実績しかありませんが前走の内容を見る限り距離延長は全く問題にならないでしょう。

進路を確保することに時間がかかっていましたが、そこからノーステッキでグイグイ伸びて加速ラップでの勝利と底を見せない勝ちっぷりでした。

母系に米国型血統と短距離志向の強い血統を持ちますし上りの出せるドゥラメンテ産駒はとにかく中山マイルと相性が良いです。

ここのところ波に乗れないルメール騎手ですがここで払拭となるはず。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

内目の枠でダート的な要素やダート実績と考えるとこの馬でしょう。

初戦・2戦目と全く違う競馬で結果を出せている点は非常に評価出来ますし、母父ダンチヒ・母母父ゴーンウエストということで好走注目血統にも合致しています。

また、異父兄弟にカシアスがいることから芝が駄目とはならない母系であることも面白いですね。

過去に度々ダート実績馬やダート転戦馬が結果が出しているレース。今年はこの馬が穴をあけてくれるのではないでしょうか。

以下、相手候補にヴィジュネル・ドゥラモンド

△候補にバスラットレオン・サトノブラーヴ・ゲンパチミーティア・ロンギングバース・タイムトゥヘヴンとします。

以上でニュージーランドトロフィー2021予想を終わります。

ニュージーランドトロフィー2021予想考察です。

中山芝1600mで行われるGⅡニュージーランドトロフィー2021。

今年はバスラットレオン・アヴェラーレあたりが人気の中心になるでしょうか。

NHKマイルへの出走権をかえての重要なレースとなり注目が集まりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めて行きましょう。

ダート的要素と短距離要素。スピードの持続力

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

ニュージーランドトロフィー2021

1番人気馬は2着1回のみ。中穴~大穴の激走あり波乱を前提としたような重賞となっています。

昨年は上がり上位の馬がそのまま馬券に入りましたが、基本的には上がりの脚はそこまで求められないレースとなっています。

ラップを見てみればそれは一目瞭然となっています。

11秒台から12秒前半までラップを刻み続けます。下り坂の影響もあり道中緩むところがないレースです。

それでいて最後まで最後まで加速していくラップとなることが多く、速い時計での追走力と直線向いてから一瞬で加速出来る加速力が必要となります。

ドスローの瞬発力戦とは真逆の適正が必要となっており、結果としてノーザン系の馬は活躍出来ないレースとなりますね。

即ち阪神・京都・東京のマイル戦といったレースのラップとは全く別物でありマイル適正がそこまで問われるレースではないということ。

一貫したスピードとそのスピードで押し切れる馬力ということで過去にダートで勝利を挙げた馬や1200m戦のようなスプリント戦で結果を出して来たような馬が度々穴をあけます。

純粋なマイル戦という枠からは少し外れていると考えておいた方が良いかもしれません。

次に枠ですが一貫したラップを最後まで刻むので物理的に外を回されると不利。

と、いうことで内枠が圧倒的に有利となっており過去5年で1~3枠の成績は4勝2着2回3着3回と圧倒的な数値を残しています。

もう迷ったら内枠といった考えでも良いくらいの数値です。

血統

米国型ダート血統にまずは注目。

特にストームキャットが非常に相性が良いかなと思っています。

もう一つは短距離的な要素が強い血統。

父や母父が現役時代にスプリント戦で活躍していたような馬は注目したいですね。

ニュージーランドトロフィー2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

初勝利はダート1000m。2勝目も不良馬場を前々から押し切りとはっきりとした馬力タイプでありダート的要素が強い馬です。

血統的にみても母父シンボリクリスエスはダートで走る馬が多いですし母母もダートで2勝を挙げています。

また、ロードカナロア産駒なので当然ながらストームキャットを保持しており非常に面白い戦績と血統背景。

上がり勝負で結果を出せずに馬力が必要なレースで結果を出している辺り如何にもここに合いそう。

人気も無さそうですし狙いたい1頭ですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

母父ストームキャット系、母母父アンブライドルドでありダート的な要素が強い馬となります。

また、母母母父にダンチヒが入っていることからダート的なスピードの持続力に長けた血統と思っています。

母馬もマイル以下の重賞で勝利実績を持っていますし高松宮記念でも3着と好走しました。

本馬は1400m戦しか経験していませんが前走は加速ラップで快勝していることと、速い上がりの出せるドゥラメンテ産駒は中山マイルで好走している傾向にあるのでこのあたりとも合致。

人気の1角になると思いますが極端な外枠で無い限り重い印候補となりそうです。

以上でニュージーランドトロフィー2021予想考察を終わります。

桜花賞2021予想考察です。

阪神芝1600mで行われるGⅠ桜花賞2021。

今年は白毛の無敗馬ソダシに大きな注目が集まる事となりそうです。

牝馬クラシック初戦となる桜花賞。昨年はデアリングタクトが強さを見せつけたレースでしたが今年はどの馬が桜の栄冠を勝ち取るのか。

PR

---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!
さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



---------------------------------------------------------------

では早速考察を進めて行きましょう。

速い末脚が問われるレース。欧州の血。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

桜花賞2021

1番人気馬は2着2回3着1回と全く結果を出すことが出来ていません。

近年は極端な穴馬の好走もなく1桁人気馬での決着となっています。

ノーザンファーム生産馬はしっかりと結果を出しており過去5年必ず2着以内に1頭は送り込んでいますね。

牝馬にとって桜花賞はオークス以上に重要なレースと言われており、ここを取れるかどうかは今後の繁殖生活を大きく左右してくるのでノーザン系の馬は是が非でも欲しい勲章となっています。

ノーザン系がしっかりと走って来るということは末脚が重要なレースであるということ。

過去5年において前走上がり最速馬はもちろん好成績なのですが、注目したいのは過去1600m戦で33秒台の末脚を使っているかどうかという点。

上がり3F33.9秒以下の末脚を使った上で重賞なら連対以上、条件戦等なら勝利実績がある馬がしっかりと結果を出しています。

昨年は極悪馬場だったことを考えるとノーカンしてもそれ以外の過去4年で上がり33秒台を使ったことがなかったのはレーヌミノルのみ。

マイルでの速い上がりでの実績は非常に重要な実績となります。

従って前走マイル戦で上り最速馬を狙いたいということですね。

前走マイル重賞で上り最速の脚を使っていた馬の成績は(2・3・0・6)と好成績。

ノーザン・社台系の馬に限ればさらに成績は良くなります。

昨年該当した2頭は馬場に泣かされた形でしたが今年は良馬場開催が濃厚。

例年通りに末脚が非常に重要なレースになると思っています。

血統

欧州型の血統や欧州の舞台で結果を残した馬の血に注目したいです。

特に欧州マイル重賞で結果を出した馬の血を持っているかどうかですね。

昨年は全く違う適正だったのでノーカンとすると2年前はクロノジェネシス・シゲルピンクダイヤがここに該当していました。

今年も注目の血統だと思います。

桜花賞2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

上がり33秒台での好走はありませんがこの2戦の内容が非常に好内容。

初戦は前後半の差がほとんどなく全馬の脚が上がってしまうような極悪馬場だったのですが、その中で1頭だけ次元の違う末脚を使って勝利。

2~3着馬とタイム差なしですが2~3着馬が4角1・2番手だったことを考えると4角10番手から差し切ったことは素直に評価したい。

前走は初の輸送で大幅に馬体を減らした中でのレースでしたがマイル重賞を上り最速の脚を使っての2着。

エンジンのかかりがやや遅く他馬にぶつけられながらの内容でしたので上々だと思います。

その前走は時計的にも優秀で道中11秒台のラップを刻み続ける厳しいラップの中で上り最速を使って結果を残している点は大きく評価して良いでしょう。

桜花賞は道中厳しいラップながらに上りが問われるレースなのでここまでの戦績としては合うと見ています。

外目の枠で末脚全開なら阪神JF上位勢を打ち負かせると思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

父は欧州マイルGⅠ勝ち馬で注目の好走血統です。

王道ステップであるチューリップ賞でしっかりと結果を出した点は素直に評価。

前走は前に行きましたが過去のレースを見る限りはしっかりと脚を溜めることが出来るタイプ。

阪神マイル戦で上がり33秒台の末脚を使って勝利した実績がある点も評価出来ると思います。

そして前走の内容ですが、前後半非常に流れたレースであり過去のチューリップ賞と比較しても道中の緩みがほとんどないタフなラップバランスでした。

そしてチューリップ賞は母父ノーザンダンサー系がほとんど走れないというデータの中での好走という点も良いですね。

器用さのある馬なので本馬は内外の枠にとらわれないと思いますが、内よりな中~外から直線外目に切り出してという形が良さそう。

血統と実績から注目の1頭です。

以上で桜花賞2021予想考察を終わります。


大阪杯2021予想です。

阪神芝2000mで行われるGⅠ大阪杯2021。

今年は昨年の三冠馬コントレイルとアーモンドアイを負かしたグランアレグリアに大きな注目が集まっています。

ここで勝った方が今年の主役となることは間違いないでしょう。ただ、明日は明朝からしっかりとした降雨の予報。

雨に乗じて穴馬の台頭も十分にあるでしょう。一筋縄ではいきそうにありませんね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想に入ります。

大阪杯2021予想。本命と穴馬。

大阪杯の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

阪神競馬場は朝からしっかりとした雨の予報が出ています。

土曜とは全く違う別物の競馬になりそうです。

重馬場までは間違いなく落ちそうで不良まで悪化する可能性も十分にあります。

GⅡ時代から含めて過去10年で見ても重・不良まで落ちたことは1回しかありません。

そのレースは断然1番人気単勝1倍だったキズナがラキシスに敗れたレースですね。

雨が降り馬場が悪化すると差しが決まりやすくなる阪神らしく後方から進めた馬がワンツーを決めたのが不良で行われた大阪杯です。

それ以降は良馬場で行われており断然先行勢が優位なわけですが重・不良のデータはほとんどなく過去のデータにとらわれ過ぎることがないようにしたいと思っています。

では本命ですがこの馬でいきたいと思います。

コントレイル

グランアレグリア・サリオスと単勝1桁は3頭のみ。サリオスはやや離されているものの3強オッズとなっています。

この中でグランアレグリアは間違いなく強いですが時計勝負でこそのタイプであることと初の2000m戦ということを考えると、重・不良を想定した今回はやや不安が残ります。

サリオスはハーツクライ産駒なので400m距離延長は間違いなくプラス。ただ、どう走ってもコントレイルの前にいることが想像付かないです。

特に皐月賞では経済コースを走ったサリオスは大外ぶん回しのコントレイルに負けているので勝ち切ることはかなり厳しいと考えました。

結果的に重・不良馬場や距離等を考えてマイナス要素がないコントレイルを本命としました。

本馬は一瞬で前との差を詰める瞬発力を持ち小回り2000m戦は全く問題としないでしょう。

また、皐月賞は前日の雨が残った稍重馬場でしたがこれを相当な距離ロスがありながら勝ち切ったことは大きく評価できると思います。

はっきりと適正外菊花賞からやや長いJCを経て2000m戦。疲労も抜けてここは期待に応えてくれる走りを見せてくれるでしょう。

次に穴で注目したい馬を2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングD

ステゴ産駒で母父サドラーズウェルズということで重馬場タフな馬場でこそのタイプ。

実際に重馬場は重賞含めて2戦2勝です。

前走有馬記念もワールドプレミアやカレンブーケドールからわずか0.3差と悪くない内容。

良馬場ならはっきりとスピード不足でしたが雨が降るなら話しが変わって来る馬ですね。

右回りの2000m戦は最も得意とする条件ですし、単純な立ち回り勝負にならないと想定出来る今回はチャンスが出てきたと思います。

現在単勝100倍台ですが面白い穴馬でしょう。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

本馬も良馬場ならはっきりとスピードが不足しており厳しかったと思いますが雨の重・不良馬場なら話は別です。

前走も同様の馬場でいいところなく敗れていますが、本馬は2歳戦を除くと馬券内に好走したレース全てが右回りでのモノです。

スピードを必要としない右回りの持続力勝負となりそうでチャンスが出てきたと思っています。

昨年の有馬記念でも上がり2位の脚を使って勝ち馬から0.6差でカレンブーケドールらとタイム差なしなら全く悪い内容ではないですね。

前述した馬と共に波乱の演出者となれるか。

以下、相手候補にグランアレグリア・レイパパレ

△候補にサリオス・ワグネリアンとします。

以上で大阪杯2021予想を終わります。


↑このページのトップヘ