競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

2022年08月

札幌記念2022予想です。

札幌競馬場芝2000mで行われるGⅡ札幌記念2022。

今年は白毛馬ソダシに大きな注目が集まることは間違いないですが、パンサラッサジャックドールといった現役屈指の快速逃げ馬に加えてGⅠ・GⅡ好走馬多数とGⅠ並みの豪華メンバーが揃いました。

どの馬がここを制して秋のGⅠ戦線の主役となっていくのでしょうか。

PR

■■■競馬予想SNS【ウマスマ】■■■

自分の予想を通じて他の競馬ファンと交流できる!

無料の競馬のコミュニティなら【ウマスマ】

まずは会員登録お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

では早速予想へいきましょう。

札幌記念2022予想。本命と穴馬。

今年の札幌記念を予想する上で重要な点はやはりパンサラッサの存在でしょう。

前走の宝塚記念はゲート後手から強引にハナを取りに行く厳しい競馬をした上で5Fの前後半ラップ差2秒以上ある前傾の消耗戦となりました。

基本的にはどうしてもハナを取りたいので強引にでも今回もハナを主張することは間違いない。

同じ逃げ馬のジャックドールは前傾ラップで押し切るような逃げ馬ではありません。

ジャックドールは逃げて連勝していたレース全てが後傾ラップから上位の上がりを使って押し切る競馬で、前走大阪杯は初めて前傾ラップとなり5着に敗れました。

キャラの違う逃げ馬2頭ということで、おそらくパンサラッサのハナ主張は間違いないでしょう。

それはイコールで消耗戦になることを意味しています。

札幌競馬場は円形に近い形状をしていることからスピードに乗りやすく、本来であれば札幌記念ではマイル寄りのスピードとその持続力が要求されます。

ただ、今回は消耗戦になることは間違いない。そうなるとスピードの持続力はもちろんのことタフな前傾ラップへの適性が問われることになると思います。

さらに今年は札幌5週目であり例年より降雨がかなり多い。

昨年の2週目開催と比較して天候込みでタフな馬場であることは間違いないでしょう。

パンサラッサのスピードについていく追走力とタフな前傾ラップへの適性がある馬を上位に取りたいところ。

マイル寄りのスピードであればソダシがこのメンバーで1枚上だと思います。ただ、タフなレースと2000mがどうでるか。

デビュー2戦目で2秒近い前傾ラップとなった札幌2歳ステークスを勝っていますが、これは1800m。

あと200m伸びていたらおそらくユーバーレーベンともっと差がなかったと思いますし逆転まであったと見ます。

やはり2000mは長いというのが印象で、前傾のタフなレースとなれば評価は少し下げたいところ。

さらに土曜の時計を見てみるとかなりかかっている印象を受けます。

時計のかかるタフな馬場。尚且つパンサラッサが超前傾で逃げる形。追走力はもちろんですが今回はかなりタフなレースになると想定して予想したいと思います。

では本命ですがこの馬。

人気ブログランキングA

初の北海道シリーズへの出走ですが、香港で結果を出しているので洋芝適正としては問題ないでしょう。

これまでのレースっぷりと年齢を考えるとスピード寄りの競馬では厳しいと思いますが、今の札幌の馬場は合うと思います。

さらにパンサラッサが引っ張る前傾の流れ。タフな流れになればなるほどにこの馬には城乾好転いうところでしょう。

中団から押し上げていくような3走前の競馬をしてほしいところですし、札幌の方が押し上げる競馬はやりやすいので良いでしょう。

休養明けは全く問題ないですし好走期待できると思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

速い上がり、そして速い時計に対応が出来なくなってきている本馬にとって時計のかかる今の札幌は好条件と言えると思います。

洋芝の適性は過去の実績から全く問題にならないと思いますし、この枠からなら外目好位から競馬が出来るはず。

本命馬と一緒に外目からグイグイあがってきてくれることが十分に期待できるでしょう。

斤量は経験済みですし近走も着順ほどに崩れていません。

前傾ラップでも実績ありますし何より今の本馬にとっては上がり勝負より消耗戦が合うはず。

鞍上にとっても勝負の北海道参戦でしょう。一発に期待したいですね。

以下、相手にパンサラッサ・アンティシペイト

△にソダシ・ジャックドール・マカヒキ・アラタ・レッドガランとします。

以上で札幌記念2022予想を終わります。


エルムステークス2022予想です。

札幌ダート1700mで行われるGⅢエルムステークス2022。

今年はオメガレインボー・ブラッディーキッドあたりが人気の中心となるでしょうか。

夏の札幌で開催される貴重な別定ダート重賞。ここで賞金を加算することは秋~冬のGⅠ戦線に向けて非常に重要となります。

PR

■■■競馬予想SNS【ウマスマ】■■■

自分の予想を通じて他の競馬ファンと交流できる!

無料の競馬のコミュニティなら【ウマスマ】

まずは会員登録お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

では早速予想へいきましょう。

エルムステークス2022予想。本命と穴馬。

エルムステークスは前走函館組が圧倒的な数字を残しており、過去5年で(4・3・0・17)となっています。

その中でも前走連対組は(4・2・0・1)と圧倒的な数字。まずはここから軸を探していくことが的中への近道と言えるでしょう。

前走人気別では1~3番人気で(4・2・0・5)となっています。5番人気以下では1頭だけが連対しているのですが、この馬は前走で連対実績がありました。

即ち前走函館連対かつ3番人気以内が最上位、次に4番人気以下で連対馬ということになります。

今年の登録メンバーで前走函館連対かつ3番人気以内の馬はいません。

4番人気以下連対馬は3頭が該当。これらの馬から軸を選定することになりそうです。

次にエルムステークスのレースの質を見てみると4角5番手以内を取った馬で(5・5・2・18)となっており先行圧倒的有利なレース。

また、上がりの脚を見てみると上がり3位までの脚を使った馬で(4・3・3・6)となっています。

即ち前につけながら速い脚を使えた馬が上位に食い込んでいるということ。

後方勢には前に速い上がりを使われてしまってはどうにもならないというようなレースになっているということでしょう。

血統としてはロベルトと欧州といった重厚な血に注目したいと思っています。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングA

前作は函館1700mダート戦を控える競馬から勝ちきりと新たな面を見せてくれました。

上がり上位の末脚を使えている点もプラス材料です。

前走控えることができたことでこの枠から内の好位で我慢する競馬が出来ると思いますし、上手く足を溜めてほしいところですね。

血統的にも前述したように欧州型をもちあっているはず。重賞制覇に期待したいですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

前走本命馬と同様に函館1700m戦を勝利。

エルムステークスと相性の良いステップながらに乗り代わりの影響もあってか人気はかなり控えめとなっています。

好位から競馬が出来ますし、欧州の血も持っており舞台適正は問題ないでしょう。

なにより札幌の方がコース形態上はカーブで直線のように末脚を活かせるので、東京や阪神で結果を出している本馬にとってはさらに能力発揮となるはず。

一発の期待十分の穴馬です。

以下、相手候補にウェルドーン・ロードレガリス

△にブラッディーキッド・オメガレインボー・ヒストリーメイカー・スワーヴアラミス・ダノンファラオとします。

以上でエルムステークス2022予想を終わります。









↑このページのトップヘ