青葉賞2021予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅡ青葉賞2021。

今年はキングストンボーイ・ワンダフルタウンあたりが人気の中心になるでしょうか。

ダービーへの切符を手に入れるのはどの馬になるのか。注目の重賞となりますね。

PR

---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!
さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!




---------------------------------------------------------------


では早速考察を進めて行きましょう。

4F持続力勝負。欧州血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

青葉賞2021

1番人気馬は1勝のみですが複勝率100%と非常に安定した戦績を残しています。

極端な穴馬の激走もなく小波乱までといったイメージとなります。

まず上がりを見てみると34秒台で十分に勝負になっていることから瞬発力戦になっていないことがわかります。

ラップバランスとしては前半ゆったりと流れてラスト4Fからスピードが上がる持続力が問われる展開になることが多いです。

同舞台で行われるダービーと比較しても明らかにスパートが入るところが速いのでスピードの持続力が要求されるレースとなります。

次に臨戦過程ですがこれは皐月賞のスピードレースではなくこの長距離の舞台に目標を定めてきた馬に注目したい。

過去5年の3着以内馬を見ても2000m以上での実績のある馬ばかり。

2000m以上の実績が無かったのは2年前3着のピースワンパラディのみとなっています。

前走ステップとして注目したいのはアザレア賞・大寒桜賞・ゆきやなぎ賞といった2200m以上の特別戦。

東京2400mという大箱の長距離戦に向けて長距離のレースで結果を出して来ている馬はそのまま好走することが非常に多い。

ここに弥生賞やスプリングステークスでスピード負けした距離延長組が絡んで来るというイメージですね。

では次に前走データから見てみたいと思います。

全て過去5年でのモノになりますが、前走5番人気以下は(0・1・0・23)と壊滅的な数値となっています。

唯一の馬券内は弥生賞4着のベストアプローチですがこれは当日も4番人気に支持されていましたので、前走5番人気以下の馬は重賞である程度の実績がある人気馬でないと厳しいと言えそうです。

次に前走着順ですが前走3着以内、つまり馬券内の馬が4勝2着4回3着5回と圧倒的な数値。

つまりは前走4番人気以内かつ3着以内に入っていないとかなり厳しいデータとなっています。

そして前走上がりですがこれも前走上がり2位以内の馬が好成績となっています。

最後に前走未勝利組は馬券に絡めていません。これは単純にどうにかここに間に合ったからの出走となっており能力が足りていないということでしょう。

狙いは前走1勝クラス以上で4番人気かつ3着以内で上がり2位以内の馬となりますね。

今年もこの条件に該当する馬が登録段階で5頭該当。この5頭には注目ですね。

血統

ダービーと同舞台で行わるレースですが、前述したとおり瞬発力よりは持続力寄りのレースになりがち。

持続力ということで注目は欧州型の血統となります。

トニービン・サドラーズウェルズを始めとして欧州の血を持つ馬の好走は非常に目立つのでこれは今年も注目したい血統傾向だと思います。

青葉賞2021注目馬・穴馬


現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

休養明けとなりますが前走負かした馬はきさらぎ賞勝ち馬ラーゴム・大寒桜賞勝ち馬マカオンドール・すみれ賞2着グロリアムンディ・NZT勝ち馬バスララットレオンと非常にハイレベルなメンバー。

トニービンを持ち母系はフランスということで欧州の血もしっかりと持っています。

今の東京は時計が速いですが新潟でレコード勝ちしており速い時計にもしっかりと対応出来ますし、左回りでも走る事が出来ています。

距離が伸びて悪くなりそうなところもないですしいきなりから期待出来ると思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

抽選対象となりますが突破出来れば是非ともに買いたいです。

好走多いアザレア賞組となりますが前走負けているのは言い訳の効く内容です。

勝ち馬は常時インを通り直線向いてからも空いたインを突いての勝ち切りでしたが、本馬は外々を回りながら直線詰まる不利を受けていました。

一瞬の瞬発力が無くじりじり伸びていくタイプなのでこの不利はかなり痛かったと思います。

血統を見てもトニービンを持ち母父はグレイソヴリン系ということでこれは長距離適正ありそうですし持続力勝負でこそ。

わかりやすく不利を受けていたので穴人気しそうではありますが買いたい1頭ですね。

以上で青葉賞2021予想考察を終わります。