天皇賞春2021予想考察です。

阪神芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春2021。

今年はアリストテレス・ディープボンドあたりが人気の中心になるでしょうか。

京都の改修により今年は阪神3200mで開催される天皇賞春。

過去のデータは全く使えない難しいレースとなりそうですね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速考察を進めて行きましょう。

高い持続力が要求されるレース。タフな鈍足タイプを狙う。

過去の好走データは全く無意味だと思いますのでここでは省きたいと思います。

京都3200mで行われる天皇賞とのはっきりした違いはスタミナ・持続力勝負になることだと見ています。

阪神3200m戦は1週目外回り2週目内回りで行われます。

阪神の急坂を2回超えるというだけでもタフな条件なわけですが、2週目が内回りになるという点がポイント。

2週目に内回りが来るということは必然的にスパートが早くなり持続力が要求されるレースになるということになります。

ラップから考えてみると1週目は外回りを使用して急坂があるのでどう考えても緩みます。

中間ラップがグッと緩むのは長距離戦ではありがちではありますが、その後のロングスパートでかなりの持続力を要求されることになりそう。

同じ内回りの宝塚記念を見てみると、ラスト5Fあたりからの持続力が要求されるラップバランス。

瞬発力の要求値はかなり低いと思います。

京都3200mはスピードが必要でありステイヤーにはもはや不利ではないかと思えるほどでしたが、阪神3200m戦はステイヤーに向いてくるはずだと見ています。

京都なら好走出来ていたような馬が凡走するレースになるでしょう。

上がりがかかりタフなレースなるので必然的に前に居る馬に有利な展開になるかなと思います。

前の馬がそのままスタミナ活かして走り切ってしまうのであれば、当然ながら後方から走っていると届きません。

前の馬の脚があがったところに突っ込んで来ての馬券内はありそうですが、4角である程度の位置が取れそうな馬を狙っていく事になると思います。

血統

タフな持続力が要求されるということは即ち欧州型の血が活きることになるはず。

内回り急坂といえばステイヤーズステークスがありますが、ここでも欧州の血は活きています。

瞬発力は不要なので鈍足血統も良さそう。タフな血統背景に注目したいですね。

天皇賞春2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

人気ブログランキングB

これまでの戦績を見ると圧倒的に持続力勝負でこその馬ですね。

3走前に東京2400mの瞬発力戦で負けて前々走・前走と高い持続力が要求されるレースで快勝しています。

特にここ2戦の内容は非常に良く、この馬がここ2戦のレースのようなラップを作り出すと届く馬はいないのではないかと思えるほどです。

中山と阪神の内回りで尚且つ坂を2回超えるタフなレースで一気にパフォーマンスをあげていることからタフな条件が如何に合うのかを示していますね。

特に前走は大外発走で出負けしながらにポジションを押し上げて先手を主張していることから最初のポジション取りで脚を使っていたにも関わらずの圧勝劇。相当な適正がないと出来ない芸当です。

いきなりのGⅠ挑戦でも通用する能力と適正はあると思いますし穴人気になることは間違いないですが必ず買いたい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

はっきりと鈍足タイプ。上がりの速いレースではかなり厳しいことは過去の実績から分かります。

前走は好位から進めながらにスローだったので上がりの勝負でついていけずに掲示板外。

前々走の有馬記念は持続力が要求されるレースとなりましたが、不利な大外枠からのレース。

それでいてワールドプレミアやカレンブーケドールとわずか0.3秒差。内枠ならもっと上の着順も十分にあったでしょう。

3走前にはステイヤーズステークスを上り最速の脚を使っての勝利。

ステイヤーズステークスは単純に上位の馬がそのままに上がり上位になる事が多いわけですが、それは純粋にタフな馬がそのまま脚を使っているということなのでタフな条件でパフォーマンスが上がる事は間違いないでしょう。

血統を見ても父はステイゴールド一族なので欧州寄りですし、母父バーリは凱旋門賞馬を出したようなタフな血統。母母父はサドラーズウェルズということで如何にもタフな条件でこそ。

前々に行ける脚質も良く穴候補として買いたいですね。

以上で天皇賞春2021予想考察を終わります。