ユニコーンステークス2021予想考察です。

東京ダート1600m戦で行われるGⅢユニコーンステークス2021。

今年はルーチェドーロ・ラペルーズあたりが人気の中心になるでしょうか。

3歳世代最初の中央ダート重賞となるユニコーンステークス。3歳世代ダート馬の上位勢が揃ったレースとなりそうですね。

PR

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
   
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~   

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。

馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。

そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。



では早速考察を進めて行きましょう。

スピードの持続力と上がりの脚が重要。堅実に走る人気馬だが今年は・・・

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

ユニコーンステークス2021

上位人気馬が非常に安定した成績を残しており過去5年の連対馬10頭中9頭は3番人気以内となっています。

穴馬の好走は少なく波乱はこれまであまりない重賞と言えますね。

距離延長組は圧倒的に苦戦しており過去5年で3着1回のみとなっています。

やはり世代最初のダート重賞という事で短距離路線からも多数の参戦があります。

結果的に前が速い時計になるタフな競馬となり距離延長組には厳しい結果となっていると思えます。

レースの上りは35秒台もザラに出ており非常に速い上がりの脚が要求されるレース。

それでいて前傾ラップであり道中もあまり緩まないため追走力とタフさが必要となりますね。

速い上がりを出せる事は好走条件とも言えます。

過去のレースを見ても速い上がり即ち上がり上位の馬がそのまま馬券に絡むことが非常に多い。

レースの平均ラップを見てみると1F11.9前後。RPCIとしては48~50といったところなのでやはり持続力が要求されるタフな条件です。

速い上がり=瞬発力ではなくタフな条件でスピードを持続させる力が要求されるレースと思っています。

これは非常に高い能力が求められるので結果的に条件戦上がりの馬はかなり苦戦しています。

上級条件、即ちオープン戦結果を出しているような馬の好走がほとんどであり条件戦上がりの馬は過去5年で見ても3着が精いっぱいとなっています。

ただ、今年に関してはちょっと状況が異なるように見えます。

距離短縮ローテとなる1800m戦オープン戦で好走した馬が出走してきていません。

そして例年は京都で行われる端午ステークスが阪神での開催となっています。

この辺りを考慮して予想していく必要はありそうですね。

血統

ここ数年でパフォーマンスを上げているなと思えるのは米国型、特にストームキャット・APインディですね。

前向きなスピードとその持続という事で米国型が活きているのだと思えます。

また、スピードの持続力ということでダンチヒ系も好相性。

最近は鳴りを潜めていますがニジンスキーといったタフな持続力血統も好走していました。

この辺りの血統に注目しておきたいと思います。

ユニコーンステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

伏龍ステークスでは大きく崩れましたが、本馬は時計と上がりのかかるようなレースは合わないのだと思います。

ワンターンのスピード持続力を要求されるレースで能力を発揮できるのでしょう。

前走は東京マイルのオープン戦で2着と好走していますが、その平均ラップは12.01秒でした。

2走前は11.9秒といった平均ラップのレースで2着。今回人気になりそうなルーチェドーロとわずかな差でした。

おそらく前走よりラップは速くなると思いますのでスピードの持続力の要求値が上がるのであれば前走よりパフォーマンスを上げて来ると思います。

上がり上位の脚を安定して使えていますし、母父はニジンスキー系の母系となります。

前走よりややタフとなりスピード持続力が要求されれば逆転十分にあると見ています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

距離延長組となりますが非常に速い上がりを安定して使えている点は大きな魅力。

前走は前半がかなり速いラップとなり追走に苦労していましたが、今回は過去のラップを考えると前走と比較して1秒ほど前半が緩くなると思いますので追走は楽になると思います。

2走前のラップで36秒台の末脚を使えていることを考えると今回の方が速い上がりを使う事の出来るラップバランスとなりそうに思います。

追走が楽になり速い上がりを使えそうとなると狙わない手はないですね。

血統的にもAPインディ系ということで好相性の血統背景。

今回上位人気になりそうな馬と差の無い競馬をしていながら人気はこちらがかなり落ちそうなので面白い穴馬と思っています。

以上でユニコーンステークス2021予想考察を終わります。