マーメイドステークス2021予想考察です。

阪神芝2000mで行われるGⅢマーメイドステークス2021。

今年はソフトフルート・シャドウディーヴァあたりが人気の中心になるでしょうか。

非常に難解な牝馬限定のハンデ重賞。しっかりと考察を進めて行きたいところです。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。 

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう! 

↓無料登録コチラから↓ 

では早速予想に入りましょう。

末脚の持続力勝負。斤量減を積極的に狙う。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

マーメイドステークス2021

毎年のように波乱が起きる荒れる重賞。やはり非常に難解ですね。

ハンデ重賞ということでまずは斤量を見てみましょう。

軽斤量馬の好走はあるものの50キロ以下の軽斤量馬は昨年のサマーセントの激走のみ。

基本的には51~55キロの馬が好走しています。

また斤量増よりは斤量減の馬が好走しており2キロ以上斤量が減った馬は好走率・回収率ともに優秀な数値を残しています。

斤量増の馬は過去5年で3頭が好走していますが、率としてはやはり低め。

狙うなら5番人気以内かなという印象で斤量増で5番人気以内であれば(1・1・1・4)となっています。

さらに前走で好走しての斤量増ではなく過去の実績で斤量増となった馬の好走が目立ちます。

即ち過去に重賞、特にGⅠに出走歴があり掲示板に乗ったことのあるような馬となります。

近走オープン等で好走しての斤量増はやや危険な臭いがしますね。

次にラップバランスを見てみます。

基本的には淀みない流れ、極端な前後傾ラップにはなりにくいですね。

1Fの平均ラップは11.9秒~12秒あたり。RPCIとしては49~52といったところ。

4Fの末脚持続力勝負であり上りの勝負にはならないと思います。

近年は時計が速くなっており前開催の阪神も最後まで芝は良好な状態でした。

金曜~土曜の雨の影響をどこまで受けるかというところですが極端に時計がかかるような馬場・展開にはならないと思いますので、今年は開幕週ですが例年通りの傾向と見て良いかなという印象です。

血統

基本的にはサンデー×米国型が好相性の舞台です。

ただ、馬場が渋った昨年に関しては欧州型が上位に食い込んできました。

良馬場かつ時計が速くなるようなら米国型を、馬場が渋ってくるようであれば欧州型を重視ということになりそうです。

マーメイドステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

阪神2000m戦では勝ち鞍こそないものの3着を外したこともありません。

前走は非常に速い時計での決着となり、逃げ馬がそのまま押し切るレースでしたが後方から末脚を伸ばしての2着。尚且つ上がりの脚は際立っており適正の高さをうかがえるものでした。

おそらく稍重~稍重に近い良馬場開催だと思っていますが、極端な馬場悪化でなければ走れる下地は十分にありますね。

緩い流れよりはやや締まった流れで末脚の持続力を活かす競馬がベストですし1F平均ラップ11.9前後での好走実績もありますのでここは相性の良い舞台だと思います。

2キロ減の斤量も良いですしここは狙いたい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

上がり上位の脚は使えるモノのやはりワンターンの瞬発力を要する展開は不向き。

2ターンの末脚持続力勝負でこそのタイプだと思います。

速い時計に対応出来ないということは無さそうですし、溜めすぎずにコーナーでしっかりと加速出来るようなポジションが取れれば好走は十分に可能でしょう。

上がり34秒後半~35秒あたりの競馬になれば能力的に通用しますしマーメイドステークスはそういったレースになりやすいですね。

鞍上的に嫌われて人気が落ちるようなら面白い穴馬になるかもしれません。

以上でマーメイドステークス2021予想考察を終わります。