宝塚記念2021予想考察です。

阪神芝2200mで行われるGⅠ宝塚記念2021。

今年はクロノジェネシス・レイパパレ・カレンブーケドールといった牝馬が上位人気を形成することになりそうです。

正に牝馬の時代を象徴するような上位人気の構成になりそうな今年の宝塚記念。

牡馬が意地の激走を見せてくれるかどうかが高配当にも繋がって来そうですね。

PR

---------------------------------------------------------------

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>

---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!

スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】

■最新映画はレンタル同時配信■
 
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
 
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
 
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■

国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
 
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!

さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



---------------------------------------------------------------

では早速考察を進めて行きましょう。

ラスト5Fタフな末脚持続力勝負。欧州型の血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

宝塚記念2021

荒れるグランプリレース。上位人気馬同士の決着はほとんどなく穴馬の激走が目立ちます。

梅雨時の阪神2200mで行われる宝塚記念。非常にタフであり時計のかかるレースになり、非根幹距離らしく瞬発力戦ではなく持続力勝負になる事が多いです。

よって春の主流コースといえる根幹距離で実績を残したような馬や速い時計勝負で派手なレースをした馬が上位人気に支持されて、全くの別次元と言えるレースで凡走するといった構図になっています。

狙いたいのはタフな末脚持続力勝負で実績のある馬、非根幹距離で実績のある馬となりますね。

過去のラップを見てみると1F平均ラップは11.9~12.1秒あたり。RPCIは50前後となります。

GⅠらしく道中は緩むところがなくタフながらに淡々と時計を刻み後半5Fで如何に伸び続けることが出来るかどうか。

また、阪神2200mは4コーナーの奥にあるポケットからのスタート。ゴール手前の急坂まで下り坂なのでゲート後のペースは上がりますが、坂を超えるあたりからぐっと時計のかかるレースに変貌。

前半3Fは流れつつ後半タフな持続力勝負ということで主流コースではありえないようなラップバランスとなりますね。

これは中山の非根幹距離レースなる2200・2500m戦と非常に似ているので中山非根幹距離実績は重要なポイントになると思います。

また、非常に特殊な傾向にあるレースなのでここで一気にパフォーマンスを上げて来る馬が必ずといっていいほどに居ます。

宝塚記念が初のGⅠ制覇となった馬は過去に多数いますし、宝塚記念だけが唯一のGⅠ制覇となった馬も多数ですね。

この現代競馬とは違うレース、ある意味特殊性の強いレースでこそという馬を拾い上げていくことになるでしょう。

血統

タフな持続力勝負、即ち欧州型が合うレースと言えます。

またキレは邪魔になるようなレースなのでキレないサンデー系や欧州志向の強いタイプには注意しておきたいところ。

昨年の1・2着馬は欧州の血をしっかりと持っていましたね。

もう1つ注目したいのはディープ牝馬。

勝ち切れないものの好走が目立ち、ディープ牝馬は複勝率が過去10年で50%もあります。

特に母系にスタミナ型やヌレイエフを持つディープ牝馬に注目です。

宝塚記念2021注目馬・穴馬

クロノジェネシスが断然の1番人気だと思います。

本馬は非根幹距離のタフな持続力勝負でこその馬であり、根幹距離の瞬発力戦は本来は合わない馬です。

ただ、その根幹距離の瞬発力戦ですら能力で上位に来れる馬ですしグランプリ戦の非根幹距離では無類の強さを発揮します。

重馬場も苦にしませんしこの宝塚記念という舞台に置いて非の打ちどころがありません。

不動の本命候補だと思っていますのでここを除いて2頭ピックアップしてみます。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

長距離よりは中距離至高の強い馬だと思いますのでここ2戦の長距離戦から2200mに変わる点はプラスに出ると思います。

3走前に中山2200m重賞でしっかりと勝ち切っており極悪馬場もこなしていることからこのくらいの距離であれば馬場悪化したとしても苦にしないでしょう。

2200m戦においては2勝2着1回とほぼパーフェクトな戦績を残していますので非根幹距離への適正は文句なし。

母系はトニービン・サドラーズウェルズを持ち底力に長けた一族ですし血統的にも良いですね。

大きくパフォーマンスをあげて来る可能性が高い1頭と思いますので注目の存在です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ディープ牝馬であり母系にトニービン・ニジンスキーを持ち好走するディープ牝馬の傾向に合致。

2200m戦は初となりますが前走の内容を見ても距離延長は問題にならないでしょう。

非根幹距離となる1800mではしっかりと走ることが出来ており、2走前は持続力問われる形に自ら持ち込んで圧勝。

前走でタフな馬場への適正も見せましたし内回りでも走れることは証明済み。

前で競馬が出来る事もこれまでの凄まじい戦績に繋がっていると思いますのでこれは外せない存在ですね。

以上で宝塚記念2021予想考察を終わります。