宝塚記念2021予想です。

阪神芝2200mで行われるGⅠ宝塚記念2021。

今年はクロノジェネシス・レイパパレ・カレンブーケドールの牝馬3頭が人気の中心となり正に牝馬の時代となったことを物語っているようです。

ただ一筋縄ではいかないのがこの宝塚記念というグランプリ。波乱決着もあるとして予想していきたいと思います。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想に入りましょう。

宝塚記念2021予想。本命と穴馬。

宝塚記念の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

今年の展開のカギを握るのはユニコーンライオン・レイパパレと言われていますがその実はクロノジェネシスが握っていると思っています。

この2頭が前に行って流れを作る事には間違いないですが、前走逃げて強さをみせた2頭。

この2頭を捕まえに動くのがクロノジェネシスですね。

楽に行かせるととんでもない強さを見せたレイパパレを捕まえに動くことによって例年通りもしくは例年以上にタフな持続力勝負になる事が想定出来ます。

クロノジェネシスより前に居る馬は軒並みこの馬に飲み込まれると想定すると展開利が働くのはこの馬より後ろにいる馬。

高配当の使者となるのは後方から競馬をする馬だと決めつけて予想を組み立てて見たいと思います。

では本命ですがこれはもちろんこの馬。

クロノジェネシス

最早説明不要の名馬。

特に持続力を要求されるようなレースになるととんでもない強さを発揮します。

昨年のような競馬が出来るでしょうしそうなればこの馬に太刀打ちできるような馬はまずいない。

ルメール騎手が宝塚記念と相性が悪いと言われていますが旬が過ぎた馬だったり持続力が要求されるレースに適性が無かったりと馬質自体の問題であり騎手自体に問題は全くありません。

ポジションを取り馬を促していく事に抜群に長けていますので前をしっかりと掃除できるポジションから強い競馬を見せてくれるでしょう。

では穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングB

前走は歴史的なドスローの競馬で前に居ないとどうにもならなかったのでノーカウント。

後方から持続力勝負になるのであればその末脚を活かせることが出来るでしょう。

ある程度の雨で馬場が悪くなることを想定(午前中は雨の予報が出ています)しており、タフさがました馬場になれば好走率はさらに上がるはず。

クロノジェネシスが前を掃除して先行勢が軒並み苦しくなればチャンスが出ると見ました。

牝馬は牝馬でも高配当の使者となる牝馬はこちらだと。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

展開を非常に考えて動く鞍上なので前に行けば不利に動きそうであることを考慮してやや後ろからの競馬を選択して来るのではないかと見ています。

スピード勝負では圧倒的に分が悪いので勝負になるのは持続力勝負のタフさが求められる舞台。

今回は相当にタフな競馬になると想定しているので再びの出番があると思っています。

牝馬上位人気勢に押されて人気は落ち着き気味。揉まれる心配もありません。

クロノジェネシスについていけるような形になればおのずと馬券内が見えて来るはずです。

以下、相手候補にカレンブーケドール・アリストテレス

△候補にモズベッロ・レイパパレまでとします。

先行組でもカレンブーケドールは持続力勝負に対応出来ますしクロノジェネシスと差の無い競馬をしていますので上位評価としました。

以上で宝塚記念2021予想を終わります。