ラジオNIKKEI賞2021予想考察です。

福島芝1800mで行われるGⅢラジオNIKKEI賞2021。

今年はアサマノイタズラ・リッケンバッカーあたりが人気の中心となるでしょうか。

ダービー路線には進めまかったものの今後の活躍が期待出来そうな3歳馬が揃いました。

ここから秋に向けて飛躍していくのはどの馬になるか。注目のレースとなりますね。

PR

---------------------------------------------------------------

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>

---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!

スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!
PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】

■最新映画はレンタル同時配信■

貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■

放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■

見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■

国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■

懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!
さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



---------------------------------------------------------------

では早速考察を進めて行きましょう。

荒れる重賞。タフな持続力勝負。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

ラジオNIKKEI賞2021

上位人気で決着することはほとんどと言って良いほどになく荒れるハンデ重賞となっています。

福島小回りで行われるレース。春の競馬を盛り上げていた中央主場とは全く異なった適正が求められるのがこのレース。

春の実績で人気になった馬が飛んで高配当となるのがこのレースとも言えますね。

レースの質としては持続力が問われるレースとなることがほとんど。

33秒台のような速い上がりを求められるレースにはなりません。

道中もあまり緩まずに流れた上にラストに向けてペースが上がる持続力とスピードが要求されます。

1Fの平均ラップは11.8~12.0秒。RPICは50~52あたりを想定して予想していきたいレースとなっています。

ただ、週末の関東地方はかなりの降雨が予想されておりタフさの要求値が上がることは考えておきたいですね。

タフな持続力問われるレースということで距離延長馬はかなり苦戦しています。

1600m以下からの臨戦では過去5年(0・0・3・14)となっています。

基本的に同距離・距離短縮組を軸に組み立てていく必要がありますね。

ハンデ戦ということで斤量にも少し触れておきます。

斤量としては軽斤量馬の好走はほぼありません。

52キロ以下の馬はかなり厳しくここからの好走はほぼ無いものとしておいても良いかなと思っています。

血統

欧州型の血統はタフさが問われるということで合うのは間違いありません。

他にもブラッシンググルーム・ミルリーフといったスタミナの塊とも言える血にも注目したいですね。

ラジオNIKKEI賞2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

瞬発力問われるレースで凡走しRPIC50を切るような持続力問われるレースでしっかりと結果を残していることから、この舞台への適正はかなり高いと思います。

舞台は違えど右回り1800m戦で勝ち鞍がありますし、その上がりは最速ですが35秒台ということで上がりのかかるタフなレースで能力を発揮しています。

前走は東京でスローの瞬発力戦となったので適正とはズレたレースとなりましたが、それでも0.6差で走ることが出来ているので悪くない内容だったと思います。

今回は右回り持続力勝負に戻るので大きくパフォーマンスをあげてくるはずです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

母父ダンシングブレーヴ・母母父トニービンということで欧州血統の塊とも言える母系。

父はキングマンボなので欧州志向の強い血統背景となります。

2走前に不良の中山を上り最速でしっかりと勝ち切っていることからタフな持続力勝負は全く問題ないでしょう。

また母父ダンシングブレーヴなのですがこの血統は距離延長を不得手としており距離短縮でパフォーマンスを上げる傾向にあります。

今回は2000mからの短縮という事で前走から大きく上げてくる可能性の方が高いと見ています。

非常に注目している1頭ですね。

以上でラジオNIKKEI賞2021予想考察を終わります。