CBC賞2021予想考察です。

小倉芝1200mで行われるGⅢCBC賞2021。

今年はヨカヨカ・ピクシーナイトといった3歳勢が人気の中心になりそうです。

小倉開幕週での開催となるCBC賞。中京とは全く異なる適正が問われるので過去のデータは全く使えないレースとなりますね。

PR

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。

毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。

予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。 

■厳選情報■無料で利用できる部分でこれを利用するだけで初心者からベテランまで十分参考になるでしょう! 

↓無料登録コチラから↓ 

では早速考察を進めて行きましょう。

テンの速さと失速率。欧州志向の血統に注目。

過去5年の好走馬は前述した通りにデータが使えないと思いますので端折っていきます。

小倉1200mは日本で1番と言って良いほどにテンが速くなるコースであり失速率も当然ながらに高いです。

テンの3F32秒台といったラップがザラにでるコースとなっています。

同じコースで施行される北九州記念も総じてテンの3Fは32秒台となっています。

ただ、北紀州州記念との違いは開幕週での施行ということ。

小倉開幕週と言えば内前が圧倒的に有利。馬場が良い内を通った馬がそのままスピードで押し切る場面は十分に想定しておかなければいけません。

緩いラップを追走してきたような馬ではそもそもの追走スピードが足りずに脚を使ってしまう可能性があり戸惑いも出て来るでしょう。

やはり1200m前傾ラップで尚且つテンから飛ばしていくような競馬を経験している馬や、過去にそういったレースで好走していた馬は評価を上げるべきだと思います。

また開幕週の小倉競馬場ということで時計が出る事も想定しておきたいところ。

1200mの日本レコードは小倉競馬場から出ていますし高速時計に対応できるかどうかも焦点になりますね。

血統

失速率の非常に高いコースということで欧州型の血統は好相性の舞台です。

下級条件であればダート好走馬やダートで近走走っていた馬が穴をあけるのがこの舞台。

当然ながらにタフさが要求されるので欧州志向の強い血統背景に注目したいですね。

そしてサクラバクシンオーですね。

ナスルーラはとにかく合うのですがその中でもサクラバクシンオーの血は注目となります。

CBC賞2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

欧州型の血統背景であり小倉での実績は十分です。

前走は道中でペースが少し上がるレースとなっての凡走ですが、やはり道中時計が掛かり続ける前傾ラップの消耗戦でこその馬でしょう。

前目につけることの出来る脚質も良いですし格上挑戦となりますが一発に期待出来ると思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

母父サクラバクシンオーという事で血統的にはおおきに期待出来る1頭。

ここ2戦は人気に応える走りが出来ていませんが適正的には少しズレていたのではないかと思っています。

本馬も速いラップを刻む消耗戦があっていると見ていますのでこの舞台で大きくパフォーマンスを上げてくる可能性の方が高いと判断しました。

長期の休養明けとなりますが鉄砲効きますし一発に期待したいです。

以上でCBC賞2021予想考察を終わります。