CBC賞2021予想です。

日曜は小倉でGⅢCBC賞2021が、福島でGⅢラジオNIKKEI賞2021がそれぞれ開催されます。

どちらもハンデ重賞であり荒れる重賞。しっかりと予想を組み立てて夏競馬の始まりを気持ちよく迎えていきたいところです。

ラジオNIKKEI賞については時間があればツイッターで予想をつぶやいてみようかなと思っています。

では早速予想に入りましょう。

CBC賞2021予想。本命と穴馬。

CBC賞の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

小倉はとんでもない高速馬場となっておりスピード適正が非常に重要となっています。

血統的にみてもスピード重視であり米国型が非常に走りやすい状態。

また、スピードが重要ということは若さとフレッシュさを重視したい。

使い込まれた馬はスピードのスピードの絶対値は落ちますし、若い馬の方がやはり有利であることに間違いないでしょう。

伸びどころは圧倒的に内前。外を回すと厳しいですね。

では本命ですがこの馬です。

人気ブログランキングC

軽量51キロであり米国型のスピード持続力に長けた血統背景。

昨年デビューしてすぐに54キロを背負って1分7秒9で走っていますのでさらにタイプの短縮が期待出来ます。

持ち前のスピードを存分に活かして押し切ってほしいですね。

次に穴で注目はこの馬。

競馬ブログランキング

年齢的なスピードの対応力はやや不安がありますが昨年小倉で1分7秒6で走破しており、当時より4キロ減は好材料。

また、土曜はストームキャットを持つ馬の好走が目立ちましたが本馬も母父にストームキャットを持っています。

上手く前目で流れに乗ることが出来れば馬券内に残りこめるチャンスは十分にあると思います。

以下、相手候補にメイショウチタン・ファストフォース

△候補にピクシーナイト・ビオグラフィー・タイセイビジョン・アウィルアウェイまで。

以上でCBC賞2021予想を終わります。