七夕賞2021予想です。

福島芝2000mで行われるGⅢ七夕賞2021。

今年はクレッシェンドラヴが人気の中心とはなっているものの大混戦のオッズとなっています。

サマーシリーズを占う上でも非常に重要なレースとなっており注目が集まる重賞となりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想に入りましょう。

七夕賞2021予想。本命と穴馬。

七夕賞の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の福島芝のレースを見ている限りやや時計がかかっておりタフな馬場になっている印象を受けました。

内はまだまだ伸びているように思いますが4コーナーで外に膨れている馬が多いのも気になるところ。

展開としては、はっきりと前に行きたい馬が揃いましたので例年通りに前傾ラップの消耗戦となることは間違いないでしょう。

上がりもかかる非常にタフなレースとなることを想定したいと思います。

血統的にはやはり欧州型。そしてタフなレースということでロベルトに注目しておきたいと思っています。

では本命ですがこの馬。

人気ブログランキングB

週中から取り上げていましたが変わらずこの馬から買いたいと思います。

長期休養明けとなりますが、この厩舎は休養明けからしっかりと仕上げてくるので全く問題にならないでしょう。

過去の休養明け実績は非常に優秀で、芝重賞における長期休養明け実績は素晴らしいですね。

おそらく古馬混合重賞で凡走が続いていることから5番人気以下になると思っていますが、ここ2走はスローの上がり勝負であったり1Fラップ11.6秒と速かったりと言い訳の効く内容。

本馬の過去のレースを見る限り上がりのかかる流れるレースかつ右回りが良いと判断しました。

血統的にも欧州型の塊ですし母系から見ても持続力勝負でこそ。

そして好走続く斤量増での出走というところもデータからは推せるポイント。

また、鞍上は土曜の芝をしっかりと読み切っているように見えましたのでこれは期待できると思います。

次に穴で注目はこの馬。

競馬ブログランキング

こちらも週中から取り上げていましたがブレずに狙いたいと思います。

本馬の好走スポットは1F11.9~12.0秒程度かつ前傾ラップで上がりのかかるレースだと思いますので七夕賞はまさにドンピシャだと思います。

今年は前に行く馬が多く前半は流れると思いますが小回り戦ということもあり過去のレース傾向を見ても1Fは11.8秒後半から12秒あたりが平均となるとみています。

本馬は前走スローの上がり勝負に全く対応できずに敗退し、2走前に速いラップバランスで追走に苦労したということを見るとタフな消耗戦となり追走に苦労しないラップとなるここがねらい目でしょう。

血統的にも欧州志向の強いキングマンボ系で、母系にロベルト・グレイソヴリン・ニジンスキーを持つことから血統的にも好走血統に合致。

中団からの競馬になると思いますので本命馬と一緒に押し上げていっての好走に期待したいですね。

以下、相手候補にヴァンケドミンゴ・カウディーリョ。

△候補にクレッシェンドラヴ・ワンダープチュック・アールスター・スカーフェス・プレシャスブルーと広めにいきます。

以上で七夕賞2021予想を終わります。