函館記念2021予想考察です。

函館芝2000mで行われるGⅢ函館記念2021。

今年は芝重賞に参戦するカフェファラオに断然の注目が集まることになりそうです。

夏の函館名物重賞となる函館記念。今年も抜群の適性を見せて激走する穴馬がいるのかどうか。

PR

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~   

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。

馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。

そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。



では早速考察を進めていきましょう。

上がりのかかるタフなレース。長距離血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみましょう。

函館記念2021

人気馬同士できまるということはほぼ無く、1番人気は1勝のみで馬券内にもほとんど入っていません。

2桁人気の激走も多々とあり非常にあれるレースとなっています。

タフなレースとなることから前々で粘りこむことは非常に難しく中団から競馬を進めていた馬の好走が目立ちますね。

また前走である程度のタフな持続力勝負を経験している馬の好走が目立ち、RPCI48~52あたりのレースを経験していることは非常に重要な要素となっているようです。

函館記念のレースラップを見てみると1F平均ラップ11.9~12.0秒前後。上がりは35秒以上というレースでありRPCIは48~50あたりのレースとなっています。

あからさまな前傾ラップにはなりませんが前後半差のないラップバランスになることが多いですね。

道中においても緩むところがあまりないので持続力要するタフなレースとなることは間違いありませんね。

瞬発力はほぼ必要としないので春の競馬で瞬発力を活かして好走したような人気馬を嫌って瞬発力戦で能力を発揮できなかった鈍足持続力タイプを狙い撃ちたいです。

血統

欧州型・欧州志向の強い血統を持つ馬の好走がはっきりと目立ちます。

ロベルトもよいですし長距離GⅠで好走したような血統にも注目。

今の近代競馬とはちょっとズレた血統背景の馬が好走できると言えるでしょうか。

函館記念2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

競馬ブログランキングA

函館2000m戦では未勝利時代を含めてまだ凡走したことがなく非常に高い適性を感じます。

好走するラップは1F11.9~12.0あたりであり、尚且つ上がりのかかるレース、極端な前傾にならないとなることが求められるので函館記念は正に絶好の舞台と言えるでしょう。

欧州志向の強いステイゴールド一族で血統的にも問題ないですし、前走でかなり厳しい前傾ラップを経験していることはここでプラスに出ると思います。

追走がかなり楽に感じることが出来そうですし好位~中団からの押し切りに期待できる1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

本馬に合うと思われるラップバランスは1F11.9前後であり極端な前傾ラップの消耗戦にならずに淀みない流れ。上がりもかかるレースが良いので函館記念との相性はかなり良いと思います。

洋芝での実績も十分で適性の高さを伺うことが出来ます。

血統を見ても父サドラーズウェルズ系であり母系にヌレイエフ・カロということで持続力に溢れた血統背景となっています。

本馬も前走で相当厳しいラップを前受けして0.1差と粘りこみ。この経験は必ずここで活きてくると思います。

もう1歩足りない競馬が続いているのですがこの舞台で久しぶりの勝利となってほしいですね。

以上で函館記念2021予想考察を終わります。