アイビスサマーダッシュ2021予想考察です。

新潟芝1000mで行われるGⅢアイビスサマーダッシュ2021。

今年はライオンボス・モントライゼあたりが人気の中心となりそうですね。

新潟の名物重賞として有名なアイビスサマーダッシュ。今年も大いに盛り上がりそうですね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めていきましょう。

外枠圧倒的有利。ダート実績と野芝。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

アイビスサマーダッシュ2021

上位人気が非常に強く安定感のあるレースとなっており1~3番人気の馬の成績は(4・5・1・5)となっており、1番人気に至っては連対率100%です。

3着に穴馬が突っ込んでくることはあるものの波乱の少ないレースと言えるでしょう。

まずデータから見てみると前走掲示板を外している馬は(1・0・1・45)となっており、唯一の勝利は当日1番人気だったダイメイプリンセス。

また、3着に入っているのは当日9番人気だったオールポッシブル。本馬は初の1000m戦尚且つ初ブリンカーということで変わり身に期待できる要素はありました。

前走10番人気以下の馬も(0・0・1・25)となっているのですがこの馬券内1頭はオールポッシブルとなっています。

前走掲示板を外している馬や10番人気以下だった馬は余程の変わり身が期待できないと積極的には買えないということになりそうです。

ちなみに今回上位人気になりそうなライオンボス・タマモメイトウは上記の掲示板外・前走10番人気以下に該当します。

こうなると今年は大きな波乱があるのではないかという期待も出来るかなと思っています。

次に新潟1000m戦ということで枠順に注目してみます。

外枠有利なレースであることは有名ですが、過去5年4番人気以下からの好走は全て外枠であり馬番12番より外となっています。

内目に入った馬の好走は全てが上位人気馬ですのでやはり外枠有利は間違いなく、穴馬を拾うのであれば外枠からとなりますね。

ただ、フルゲートとなると大外はやや不利。全馬が外ラチに集まるので進路が取れなくなることが原因ともなっているか。

基本的には外目の枠に入った馬を軸に内の人気馬と外の穴馬を絡めていく馬券構築になると思っています。

もう1つ注目したいのはダート単距離実績馬。ラップバランスとしてダート単距離と非常に似ているためダート単距離で実績のある馬は新潟1000mでの好走が目立ちますし、実際にアイビスサマーダッシュでも度々好走馬が出ています。

初の1000mであればやはりダート単距離実績には注目ですね。

血統

注目したいのはサドラーズウェルズとノーザンテースト。

ゴール前にラップが落ちる消耗戦において欧州の血が活きてくるということでしょうかサドラーズウェルズは好相性。

昨年人気薄で好走したビリーバーもサドラーズウェルズを持っていました。

ノーザンテーストは野芝100%で行われる新潟が合っているのかこちらも好相性。

一昔前の王道血統ですが野芝100%はその一昔前の競馬ということですので合うということでしょう。

アイビスサマーダッシュ2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

上位人気からはこの馬を。ダイワメジャー産駒ですのでノーザンテーストを持っています。

速い上がりが使えないタイプであることも消耗戦となるこの舞台には合うように思えます。

ラスト3Fでどんどんと時計のかかるレースでパフォーマンスが上がるので舞台適正も高いでしょう。

ここで大きな飛躍の期待ができる1頭でしょう。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

これまでダート単距離で実績を残してきたので当然のように前走で直千への適性を示してくれました。

前走よりメンバーが揃いましたし重賞ということで前がかりなレースになると想定できますが、本馬は緩むより前傾でこそのタイプなので絶好でしょう。

斤量を考えると前走からの逆転は十分に可能でしょうし楽しみな1頭ですね。

以上でアイビスサマーダッシュ2021予想考察を終わります。