クイーンステークス2021予想考察です。

函館芝1800mで行われるGⅢクイーンステークス2021。

今年はマジックキャッスルが人気の中心となることで間違いないでしょう。

今年は函館で行われるクイーンステークス。過去の傾向は使えない難解なレースとなりそうですね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速考察を進めていきましょう。

ロングスパート持続力勝負。欧州の血が活きる。

今年は前述したとおり函館開催ということで過去の好走馬は端折っていきます。

札幌から函館開催に代わることで大きく異なるのはスピードより持続力が要求されることだと思います。

札幌はほぼ平坦な上にほぼ真ん丸な形状をしているので東京のようにスピードを活かす競馬が合うのですが、函館は起伏がしっかりとありますしコーナーもきついので基本的にスピード優位な舞台ではありません。

レースの傾向としては前傾ラップ気味にながれてラスト5Fの持続力勝負となることが多く、切れはほぼ不要。

先週の函館中距離戦を見ていても上がりは35秒以上かかりますし非常にタフな馬場です。

また、前に行った馬の好走が目立っていましたがこれはおそらく洋芝が踏み固められて走りやすくなってきていると見ます。

今週からBコースに変わりますが外々を回されると深い洋芝につかまるので不利か。

先行もしくはイン差しが好走条件になると思っています。

平均ラップはおそらく1F11.8秒あたり。持続力勝負尚且つ上がりのかかる競馬で結果を出している馬に注目したいですね。

血統

先週の函館を見る限り注目したいのは欧州の血。

はっきりと欧州型が合っており特にサドラーズウェルズ一族が好調です。

また、ロベルトの好走も目立ちやはり重い血統が今の函館には合いそうですね。

クイーンステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

人気馬のなかではこの馬が堅実に走りそうですね。

上がりのかかる競馬でしっかりと結果を出せているので舞台適正としては問題ないでしょう。

前走は速い上がりが求められるレースでしたがそこで上がり7位。すなわち瞬発力戦よりは長く脚を使うほうが良いということ。

血統を見ても母系はロベルト・サドラーズウェルズを持ち今の函館にはしっかりと合う血統です。

器用さがあるので馬群を縫えますしイン差しも出来る。このメンバーでは1枚上でしょう。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

過去のクイーンステークスにおいては条件戦上がりの馬の好走は非常に少ないのですがそれでもこの馬は買いたいですね。

スピードがなく瞬発力が要求されるレース、上がりが速いレースでは全くといっていいほどに走れないので今の函館は絶好の舞台だと思います。

前に行ける脚質でありコース変わりは歓迎ですし、ラップ構成を見ても前走同様の走りさえできれば十分に通用すると思います。

血統的にも父はサドラーズウェルズ系であり母側にロベルト・ニジンスキー・ブラッシンググルームと底力と持続力に長けた血統背景です。

鞍上も好調を維持していますし一発に十分期待できるでしょう。

以上でクイーンステークス2021予想考察を終わります。