クイーンステークス2021予想です。

函館芝1800mで行われるGⅢクイーンステークス2021。

今年はマジックキャッスル・ドナアトラエンテあたりが人気の中心となりそうです。

北の大地でしっかりと賞金加算して秋に繋げていくのはどの馬になるか。注目の牝馬限定重賞です。

PR
 
---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■

貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■

放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■

見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■

国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■

懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!
さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



---------------------------------------------------------------

では早速予想に入りましょう。

クイーンステークス2021予想。本命と穴馬。

クイーンステークスの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の函館芝戦を見る限り時計は出る馬場となっているものの上がりは35秒以上かかる非常にタフな状態です。

逃げ馬にはかなり厳しい状態でありコーナーで動く機動力と上がりのかかるレースでの実績が重要と言えそうです。

血統的にはロベルトが好走。やはりタフな馬場ということでしょう。

では本命ですがこの馬。

人気ブログランキングB

登録馬で唯一のロベルト持ちであり上がりのかかる馬場・時計が出る馬場どちらも実績があるこの馬は外すことは出来ないでしょう。

中団から動くことのできる機動力もありますし追ってしっかりと伸びる末脚。凡走する姿は想像がつきませんので素直にここから入りたいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

時計の出る馬場かつ上がりがかかるタフな状態ということでこの馬に絶好の芝だと思います。

前走の時計は巴賞よりも速い時計で勝ち切っていますので時計の速い洋芝は合う。

そして何より35秒以上の上がりがかかるようなタフな馬場でしっかりと結果を残していることからここは買い時だと思います。

勝ちきりは馬場的に難しいかもしれませんが粘りこむ競馬で高配当の使者となることに期待したいと思います。

以下、相手候補にシゲルピンクダイヤ・テルツェット

△候補にシャムロックヒル・ドナアトラエンテ・イカット・マイエンフェルトまで。

以上でクイーンステークス2021予想を終わります。