レパードステークス2021予想考察です。

新潟ダート1800mで行われるGⅢレパードステークス2021。

今年はメイショウムラクモ・オセアダイナスティあたりが人気の中心になりそうですね。

真夏の新潟に今年も3歳ダート馬の好メンバーが揃いました。

PR

---------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

【ビデオ】

■最新映画はレンタル同時配信■
貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!

31日間無料トライアル実施中!

さらに最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!



---------------------------------------------------------------

では早速考察を進めていきましょう。

スピードの性能と持続力。外枠絶対不利。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみましょう。

レパードステークス2021

1番人気の勝利はなく2着2回3着1回となっており複勝率としてはまずまずですが勝ちきれないですね。

中穴~大穴馬の好走も多々あり荒れる重賞というイメージを持ちます。

例年であれば重賞・オープン組を上位に取って条件戦経由馬を紐にするという形になるのですが今年はほぼ条件戦からの参戦でありJDD組は1頭のみです。

過去のデータは使いにくいレースとなったと言って良いでしょう。

ただ、外枠が不利であるということには変わりないと思っています。

過去5年において外枠はかなり不利となっており、馬番12より外になると(0・1・0・17)とかなり苦戦しています。

今年の有力馬ですとメイショウムラクモが該当。どういう結果が待っているか。

次にレースのラップを見てみるとスピードが重要なことがわかります。

前傾ラップながらにラストに向けて12秒台を刻み続けるようなレースとなっておりスピードの持続力が非常に重要な要素です。

また、ポジション取りも重要。新潟は差しが決まりにくいコース形態をしているので前に行ける脚質は有利。

ただ、今年は逃げ先行勢が多数となっており激流となる中で押し切れるようなスピードのある馬を軸に据えたいですね。

血統

ボールドルーラー・ロベルト・キングマンボが特注だと思います。

昨年も該当馬はしっかりと好走していますし今年も注目の血統傾向でしょう。

レパードステークス2021注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

2走前の超ハイレベルなレースを勝ち切った点と前走加速ラップで押し切った点を大きく評価したいと思います。

スピードの性能は文句なしですし、前に行ける脚質も良い。

内目に閉じ込められる心配もなくなりましたので好位からの押し切りが期待できる。

父はキングマンボ系ということで血統的にも良いですし重い印候補です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

時計のかかる消耗戦で勝ちきれず、スピードの性能が問われるようなレースラップでしっかりと勝ち切っている点からここへの適性はかなり高いと思います。

父キングマンボ系・母父ロベルトということで好走血統にしっかりと合致しておりこちらも大きな期待ができる1頭。

中団からじわじわとポジションを上げていくような競馬になると思いますが、先行勢多数であり垂れてくる馬をうまく捌くことが出来れば好走出来るはずでこちらも思い印候補ですね。

以上でレパードステークス2021予想考察を終わります。