エルムステークス2021・レパードステークス2021予想です。

日曜は函館でGⅢエルムステークス2021が、新潟でGⅢレパードステークス2021がそれぞれ開催されます。

2場開催でどちらもダート重賞というのはちょっと珍しいですよね。

ただ、どちらもなかなかの好メンバーが揃いましたので非常に楽しみなレースとなりそうです。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想に入りましょう。

エルムステークス2021予想。本命と穴馬。

エルムステークスの詳しい考察は過去の記事を参照いただくとしてさっそく予想へ。

函館ダート1700mはコース形態から差しが決まりにくく基本的には逃げ先行に有利な舞台。

土曜のレースでもそこは変わらず前に行った馬がしっかりと馬券に絡んでいました。

ただ、1番人気のアメリカンシードがはっきりと先手を主張するはず。本馬は揉まれるとほぼ終わってしまうので内目の枠を引いたことで行くしかない状況となるでしょう。

そうなると他馬はこの馬をマークした競馬をするはずですので先行勢は少し早めに動く展開を想定したい。

前走初角1~3番手につけた馬が多い組み合わせで、ありやりあうような形になるのであればもう1列後ろからの競馬をしそうな馬から狙ってみたいと思います。

では本命ですがこの馬。

ソリストサンダー

1700m戦は6戦3勝3着2回と非常に安定しており馬券外の1戦も5着と掲示板を外していません。

2勝クラス以降の3勝は全て1700m戦ということで持続力と器用さが要求される小回り1700mが合っているのでしょう。

実際にスピードの要求値が高いレースでは苦戦しており、速いラップバランスのレースは合わないことがわかります。

1F平均ラップ11.9~12.2あたりが好走スポットだと思いますが、同舞台のマリーンカップが12.2でした。

もう少し速くなることを考えても本馬の好走スポットにしっかりと合致してくるでしょう。

前でやりあうところを見ながらの追走となりそうで展開も合うとみてここから入りたいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングC

朝のオッズで10番人気以下。これは舐められすぎだと思います。

重賞実績のある本馬が前走の凡走だけで評価を下げているのであれば面白い存在になるのでは。

前走はレコードが出るような馬場で尚且つ中京は特殊なラップになりがちなので時計が速いと厳しい本馬には参考外。

右回りで時計のかかるタフな馬場となれば崩れ知らず。1F12.1前後のラップバランスとなり持続力が要求されるレースならば見限るのは早計でしょう。

調教も非常に良いですし滞在競馬も合っているのだと思います。

エルムステークスは荒れにくい重賞ではありますが、今年は函館開催ということで高配当の使者となることに期待したいと思っています。

以下、相手候補にスワーヴアラミス・レピアーウィット

△候補にアメリカンシード・トップウィナー・ダンツキャッスル・タイムフライヤー・ウェスタールンドまで。

以上でエルムステークス2021予想を終わります。

レパードステークス2021予想。本命と穴馬。

レパードステークスの詳しい考察も過去の記事を参照いただくとして予想へいきます。

新潟ダートはぱさぱさに乾いており例年通りの時計の出方。

基本的には差しが届きにくい状況であり好位までで競馬が出来る馬をチョイスしていくことになります。

逃げ馬は捕まりそうでなかなか粘れますので穴をあけるならやはり前に行ける脚質の馬でしょう。

では本命ですがこの馬。

ルコルセール

外から積極的な競馬をしてきそうなのはメイショウムラクモだけなので外目から好位がスムーズに奪えるでしょう。

左回りは全く問題ないですし2勝クラスを加速ラップで楽勝しているので能力的にもここでは上位の存在で間違いないです。

母系を見ても祖母はゴールドアリュールの母ということで良血。ゴールドアリュール産駒は新潟1800mと好相性ですが、母系の良さを活かすロードカナロア産駒の同馬にとってスピード活かせるこの舞台は合いそうです。

4連勝で秋に繋げてくれるでしょう。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

土曜も度々好走馬を出していたボールドルーラー系。もともとレパードステークスとも相性のよい血統ですが、そのボールドルーラー系マジェスティックウォリアーを父にもつこの馬を狙います。

左回りでの実績もありますし前に行ける脚質も良いですね。

鞍上は新潟ダート1800m戦において複勝率40%以上あり相性のよい舞台。

5~6番人気となりそうですがオッズはかなり割れているので妙味あるでしょう。

以下、相手候補にオセアダイナスティ・ホッコーハナミチ

△候補にスマートパルフェ・タマモブトウカイ・メイショウムラクモ・レプンカムイ・テイエムマジックとします。

以上でレパードステークス2021予想を終わります。