平安ステークス2022予想です。

中京ダート1900mで行われるGⅢ平安ステークス2022。

今年はテーオーケインズが断然の人気に支持されることで間違いないでしょう。

帝王賞に向けてのステップとして、そして賞金をしっかりと加算しておきたい陣営において非常に重要なレースとなる平安ステークス。楽しみなメンバーが揃いましたね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想へいきましょう。

平安ステークス2022予想。本命と穴馬。

中京ダート1900mで行われる平安ステークスは昨年に続いて2度目となります。

過去3年で中京ダート1900mオープン以上のレースは5レースあるのですが、共通項としてとらえることが出来ると考えているのが持続力勝負、1700m・もしくは1900mの実績の2点だと思っています。

5レースのうちで1700m・1900m実績の無い好走馬はカフェファラオのみ。能力で適性を上回ったと考えるならば基本的には持続力勝負になりやすい1700m実績と特殊距離と言える1900m実績は非常に重要な要素であると考えます。

そして5レースを見る限りは先行勢の好走馬が目立ちます。前々から持続力を活かしてじりじり最後まで脚を伸ばせるタイプが良いということですね。

今年の登録馬を見る限り、はっきりとした逃げ馬は不在で先行勢も手薄。前に行く馬に有利な展開になるのではないかと思っていますので先行脚質で1700m・1900mに実績ある馬を狙ってみたいと思います。

血統としては米国型血統とダンチヒ、特に穴ならノーザンダンサー系米国血統に注目したいと思っています。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングB

先行脚質・中京1900m重賞勝ち実績がある本馬から入りたいと思います。

ここ数戦で大きく崩れたレースはGⅠの2戦のみであり、中京とは非常に相性が良いですね。

内すぎず外すぎずの良い枠を引いたと思いますし、外から大きく被されるような心配もなさそうなので良い位置からの競馬が出来るでしょう。

57キロではまだ結果は出ていませんが57キロの2レースはどちらもGⅠですし、馬格のある馬なので斤量自体は心配ないでしょう。

スピードレースになると分が悪いと思っていますが、中京1900mはタフですし持続力勝負になることは濃厚。

2走前の1800m重賞よりはパフォーマンスが上がると見ますし、そうであればこのメンバーなら十分勝負できるでしょう。

テーオーケインズは相当強力ですが海外帰りの59キロは不安要素もあります。それでいて1倍台の人気になるようであればこの馬の粘り腰に期待したいですね。

次に穴で注目はこの馬。

競馬ブログランキング

同舞台オープン戦での勝利実績・1700m実績ということでタフさと持続力勝負が合うと思います。

前走は距離が長かったと思いますので実績ある距離に戻して大きく巻き返してくる可能性が高いと見ています。

血統を見ても同舞台との相性は良いことに間違いないと思います。前目で競馬が出来る脚質も良いですね。

2桁人気前後が想定されていますが当日はもう少し人気するでしょうか。

もし2桁人気前後で買えるのであれば積極的に狙いたい1頭となります。

以下、相手候補にテーオーケインズ・ケイアイパープル

△候補にメイショウハリオ・ブルベアイリーデ・オーベルニュ・スワーヴアラミス・ダンツキャッスルまでとします。

以上で平安ステークス2022予想を終わります。