日本ダービー2022予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅠ日本ダービー2022。

今年はイクイノックス・ダノンベルーガ・ドウデュース・ジオグリフといったあたりが人気の中心とはなりそうですが混戦のダービー。

今年の3歳頂点を決めるホースマンにとって最も大きく重要な日本ダービー。

今からわくわくしますし週末が楽しみですね。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速考察を進めていきましょう。

高速時計のスピード持続力勝負。今年は大荒れまである?

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

日本ダービー2022

1番人気馬の勝利は3冠馬コントレイルのみ。固い決着は5年前だけで毎年のように穴馬が馬券にしっかりと絡んできており大荒れまであるのが日本ダービーと言えます。

ノーザンファーム生産馬が断然の成績を残しているのは一目瞭然。ノーザン以外の馬は4頭いますが皐月賞馬エポカドーロ以外は全てがディープ産駒。

さらに言うならばその4頭全てが母父米国型血統。即ち母父からスピードの補填を受けている馬ばかりということになります。

近年高速化が進むダービー。スピードの重要性はどんどんあがっています。

ただ、3Fの瞬発力戦とはならずに5Fスピードの持続力勝負となることが多くなってきています。

しかし当然ながらに上がりの足も重要であり、速い時計勝負に対応しつつラストの上がりも使えるという総合力が求められてきています。

注目すべきは1800m以上の重賞もしくはダービートライアルレースにおいて後半5Fの1000mを59.5秒以上の速い時計で勝利もしくは連対した実績があるかどうか。

さらに言うならばダービーにおいて先行力は非常に重要な武器。よって上記条件に4角4番手以内という先行力を追加することでさらに絞ることが出来ます。

近年のダービー好走馬にはこの条件に当てはまる馬が非常に多く、2年前のヴェルトライゼンデ・3年前のロジャーバローズ・4年前のコズミックフォースといった2桁人気馬もこの条件に当てはまっていました。

今年も当然ながらにこの条件に当てはまっている馬には注目しておく必要がありますね。

上記条件にはダノンベルーガ・ドウデュースは非該当。この時点で荒れる匂いがしてきました。

血統

王道血統を重視したい。過去5年の好走馬を見てみると現役時にダービーで勝利もしくは連対している馬を父にもつ馬の好走が圧倒的に目立ちます。

ただ、今年はディープ産駒自体が少ない上に新種牡馬の活躍も目立つ年。傾向としては変わってくる可能性はありますがそれでもサンデー系と現役時にダービーで活躍した馬には注目しておきたいですね。

日本ダービー2022注目馬・穴馬

現状で注目したい穴馬はこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

2走前に後半5F59.5秒のレースで勝利。前走皐月賞は6番人気5着と負けてはいるものの着差はわずかに0.4秒です。

本馬は過去のデータと照らし合わせてしまうと非常に買い難いデータが揃ってはいますが、それでも後半のスピード持続力勝負で勝ち切っている点と先行できる脚質は面白いと思っています。

本馬の立ち回りの良さを活かすにはどうしても内枠が欲しいところ。

内目の枠を引いてロスなく立ち回ることが出来れば可能性は十分にあると見ています。

血統的にもディープ産駒、米国型血統を母父にもちます。

ロジャーバローズの再現がないか期待したい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走ダービートライアルで後半5F59.1秒のラップでしたが、前々から押し切り。

本馬以外は後方からの馬が上位に入っていることを見ても強い内容だったと思います。

やはり何かあるなら上手く立ち回って前々で粘りこむような馬だと見ていますし、好位から持続する末脚をしっかりと使えればチャンスはあるはずです。

ディープ産駒ではありませんが父父ディープ。血統的には一瞬の瞬発力戦は厳しいのでこの舞台は逆にいいはず。

面白い穴馬として内目の枠を引けば期待したいですね。

以上で日本ダービー2022予想考察を終わります。