目黒記念2022予想です。

東京芝2500mで行われるGⅡ目黒記念2022。

今年はアリストテレス・マカオンドールあたりが人気の中心となりそうですがなかなかの混戦メンバーです。

ダービーの後に行われる名物とも言える重賞。ダービー・目黒記念で資金3倍増といきたいですね!

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想へいきましょう。

目黒記念2022予想。本命と穴馬。

目黒記念はダービーから距離がわずかに100mしか伸びないにも関わらずレースの質は全く異なります。

ダービー週に行われるので当然ながらに時計は速くなるのですが、それ以上に注目したいのは上がりがかかるタフなレースになるということ。

レース平均の上がり3Fは35秒台になることはざらにありますし、昨年のドスローだったレースを除いては道中緩まず一気にペースが上がることのない持続力が要求されるレースとなることが非常に多いです。

したがって33秒台のような速い末脚は要求されないということから前走で上がり最速の脚を使った馬の成績がいまいち。

過去5年でみても(0・0・1・12)と3着に1頭が入ったのみとなっています。

唯一の3着馬は1番人気だった馬。後述しますが相性のよいステイゴールド産駒でもありました。

余程の条件が揃わないと厳しいということがわかります。

前走上がり2位の馬が(3・2・0・8)と好調であることからそこそこの上がりは使えているが速い上がりではないような馬が走りやすいレースの質となっているということですね。

また、時計が出る尚且つ持続力勝負ということで位置取りは非常に重要な要素。

前に行ける脚は好走条件とも言え、過去5年前走4角10番手以内(4・5・5・54)となり、馬券内のほとんどを占めています。

じりじりと伸びるような競馬となるので後方からの末脚では届いていないということですね。

血統を見ると欧州型をはじめとする持続力勝負タイプが好走しています。

ステイゴールド一族も相性が良いですし、ロベルトも合うでしょう。

サンデー系のキレはむしろ邪魔になってしまうのが目黒記念というレースだと思います。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングB

非根幹距離を非常に得意としていることと、速いタイムの上がりが使えないというキャラから目黒記念に合うと判断しました。

安定した先行脚質でもあり好位からしっかりと足が伸ばせる点も良いですね。

外枠は不利な傾向にあるレースではありますが、過去5年で見ても飛ぶ要素はそれなりある馬ばかりだったと思います。無理なく好位~中団から競馬をすることが出来れば問題ないでしょう。

本レースと相性の良い関西馬であり、前走上がり2位。前走は東京2400m戦ですが、やはり最速の上がりではないという点が根幹距離では押し切れないということを意味していると思っています。

前走から斤量1キロ減も良いですね。枠で嫌われて人気が落ち着くようであればさらに大きく狙えると思っています。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

一気の距離延長となりますが父・母父を見る限りは問題なくこなせると思います。

欧州志向の強い血統背景なので目黒記念という舞台も合うでしょうし先行できる脚質も魅力。

前走は東京2000m戦でしたが前傾ラップのタフな流れであり、尚且つ後半5F59.4秒と速いラップを刻むレースを2番手から押し切る非常に強い競馬を見せました。

長期休養明けを良い内容で勝ち上がっての今回。さらなる上積みが期待できると思いますし、斤量2キロ減も良いですね。

好枠を引いていますので前走同様に前々から粘りこむような競馬に期待したいです。

以下、相手候補にマイネルウィルトス・ベスビアナイト

△候補にパラダイスリーフ・ボッケリーニ・ゴールドギア・アサマノイタズラ・マカオンドールまで。

以上で目黒記念2022予想を終わります。