安田記念2022予想考察です。

東京芝1600mで行われるGⅠ安田記念2022。

今年はシュネルマイスターが人気の中心となりそうではありますが混戦で非常に楽しみなメンバーが揃ったと思います。

今年も波乱の決着が待っているのでしょうか。大きな注目の集まる春のマイル王決定戦となります。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速考察にいきましょう。

スピード持続力と短距離志向。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

安田記念2022

1番人気は(0・2・2・1)となっており勝ち切れてはいないものの、まずまずの数値を残しています。

極端な穴馬の激走はないものの中穴あたりの人気薄が馬券によく絡んでいるというところですね。

ノーザンファーム生産馬が断トツの成績を残してるということからスピードと瞬発力が重要な要素であることがわかります。

やはりマイルGⅠは種牡馬の価値を高めるうえで重要な舞台。そういった背景からもノーザン系の馬が好走していることがわかりますね。

実際過去のレースラップを見てみると非常に速い時計がでておりラスト3Fも32~33秒台。

ただ、一気のペースアップがあるような瞬発力戦ではなく高速ラップのスピード持続力勝負となっています。

11秒台のラップを刻み続ける非常に速い前向きさが問われるレースとなっており、距離短縮組はやはり追走に苦労することから不振の傾向。

短距離志向が問われるレースとなっており過去5年の好走馬を見ても1200~1400mで勝利の実績のある馬が非常に多い。

あのアーモンドアイが2年連続で勝ち切れなかったということからも中距離実績・中距離志向の強い馬は苦戦するということがわかりますね。

重視したいのは短距離に求められるようなスピードとその持続。そしてラスト3Fも速いということは最後まで末脚を伸ばせるかということになります。

血統

スピードレースということで米国型ノーザンダンサー系や海外短距離GⅠを勝っているような馬、そして現役時に短距離GⅠで好走したような馬の血を持っているかどうかは非常に重要だと思います。

特にサンデーの瞬発力はここでは不要であることからその瞬発力が足りなくて凡走していたような馬がここでパフォーマンスを上げる→人気薄での好走となっているように見受けられます。

前向きなスピードレースになることを想定して血統背景を探りたいですね。

安田記念2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

本質的には道中緩まないスピードの持続力勝負が合うので、昨年のマイルチャンピオンシップのような瞬発力戦では能力発揮とは至らない。

マイル重賞勝ちの実績もあるのですがこのレースは高速ラップのスピード勝負。ここでカラテやソングラインに先着しているのは大きいですね。

ここ2走は持ち前の持続力を存分に発揮しての好走だと思いますし、安田記念の傾向から考えてもスピード持続力勝負となるのであれば再度の好走が可能だと思います。

父・母父ともに米国型であり母父は米国ダート短距離GⅠ勝ち馬。ここで走る下地は十分にそろっていると思います。

斤量の経験もあり前走GⅠで好走しマイル実績もありながらに人気は控えめになりそう。狙いたい1頭ですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

1200m・1400m重賞勝ちの実績があり、高速時計への適性が高い本馬はここで狙いたい1頭だと思います。

前走は入れ込み+出遅れで終了してしまいましたがまともに走れば通用してもよい能力はあると思います。

父はロードカナロアなので適性に疑いようなく母もダート短距離で活躍した馬なのでやはり前向きさのあるタイプ。

距離延長はまだ実績がないわけですが、舞台適正は高いと思いますし何より全くの人気薄で買えそう。

58キロでも勝利実績もあります。この人気薄なら必ず押さえておきたい1頭ですね。

以上で安田記念2022予想考察を終わります。