鳴尾記念2022予想です。

中京芝2000mで行われるGⅢ鳴尾記念2022。

今年はカイザーバローズ・ヴェルトライゼンデが人気の中心となりそうです。

昨年はユニコーンライオンが鳴尾記念を制してその勢いのままに宝塚記念でも激走。

今年もここからGⅠで活躍するような馬が出て来るかどうか。注目の土曜重賞です。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

鳴尾記念2022予想。本命と穴馬。

中京2000mは特殊性の強いコース。

今年施行された同条件約40レースのうちで前傾ラップとなったのはわずかに2レース。

圧倒的に後傾ラップとなりやすいコースでありますがここまで極端なコースも珍しいですね。

これはコース形態が大きく影響しており、ゲート出て向こう正面ラスト5Fあたりまで登り坂が続くコース。

そしてそこから直線急坂まで下り坂。即ち登り坂が続く前半はゆったり流れて後半に一気にペースがあがるレースとなりやすく基本的には後半5F持続力勝負です。

また、後継ラップとなりながらもラスト3Fの上がりはそれなりにかかってくるということで急坂への適性も問われます。

次に中京は本日からBコース変わり。やはり内前が有利な状況にあるということで間違いないと見ます。

今年は小頭数ですが逃げ先行勢はやや手薄であり人気上位組はこぞって差し馬。

こうなると狙いたいのは前に行ける馬であり、瞬発力戦では分が悪いようなタイプとなるでしょう。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングB

中京2000mでは別馬のようなパフォーマンスを出してくる本馬。まさにベスト条件がここだと言える馬ですね。

ここ2戦はかなり強力なメンバーと戦ってきましたが今回ははっきりとメンバーレベルが下がりますので舞台適正を考えると大きく着順を上げてくる可能性が高いと思います。

前に行くことさえできれば非常にしぶとく脚を使えるので前に行けるということが好走条件ではありますが、このメンバー構成ならハナもしくは番手追走が叶うと思います。

鞍上も積極性があり非常に頼りになります。人気が割れていることもあって6~7番人気あたりで買えそうですしこの馬から入ってみたいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

本馬は前走同舞台の重賞で先行して粘りましたが5着。ただ、本馬にとって時計がやや速かった印象を受けます。

やはり逃げた馬が相当強かったということもありますし、これについて行っての5着ならまずまずですね。

今回は前走ほどに時計が速くならないかつ内前有利を想定したいレース。着順を上げてくる可能性が高い1頭と言えますね。

また、前回勝利は1年以上前となりますが斤量が当時の56キロ。56キロで出走できるのは前走勝利以来ということで斤量が軽くなる点も魅力です。

本命馬とともに粘りこみに期待したいと思います。

以下、相手にはキングオブドラゴン・カイザーバローズ

△にヴェルトライゼンデ・ヤシャマル・サンレイポケット・ジェラルディーナまで。

基本的には先行勢で馬券内の2頭は占めるような買い方をしたいなと思っています。

以上で鳴尾記念2022予想を終わります。