安田記念2022予想です。

東京芝1600mで行われるGⅠ安田記念2022。

今年はシュネルマイスターが人気の中心とはなっていますがかなりの混戦オッズとなっています。

今年の春のマイル王者はどの馬となるのか。大きな注目の集まるレースとなりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想へいきましょう。

安田記念2022予想。本命と穴馬。

安田記念の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の東京芝戦を見る限り時計はかなり速くダービーの馬場を維持している印象。

伸びどころは外であり内は伸びあぐねて差し損ねる場面が目立ちました。

安田記念はそもそも差しが効きやすいレース。外目からしっかりと末脚を伸ばせるようなタイプを狙ってみたいところではあります。

前に行く馬の残り目にも注意しておく必要がありますが、こちらはやはり時計が速く短距離志向の強いタイプを狙ってみたいところですね。

安田記念はラップ的にみると前傾~淀みない流れになって高速ラップの持続力が問われるレース。

速い上がりが出るレースではありますが一気にペースアップするというよりは速いラップを維持しながら最後まで末脚を伸ばせるかが重要だと思います。

高速時計のスピード持続力勝負ということで持ち時計も重要になるでしょう。

では上記を踏まえて本命はこの馬とします。

人気ブログランキングC

追切を見る限りは前走時よりタイムも出ており状態維持はしっかり出来ている印象です。

大きな上積みはないでしょうが維持出来ていれば十分に通用すると思います。

前走は躓く大きな不利を受けながらの好走。尚且つ本馬は本来持続力勝負の方が分があるので前走かなり緩い流れだったことを考えると上々の内容だったと判断します。

高速ラップに対応できるのは桜花賞で証明できていますし、ここ2走の差し損ねはやはり前半緩い流れが全てだと思います。

今回の方が流れは速くなることを想定しているのでそうなれば本馬はパフォーマンスを上げてくる可能性の方が高い。

一貫した速いラップの持続力勝負となっての好走に期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

思った以上に嫌われている印象なのでこの人気であれば買いたい1頭となります。

昨年は安田記念において追走がかなり苦しくなることから不利となることが多い距離短縮ローテで凡走。

今年はスプリント戦で速いレースでの追走を経験してからの参戦ということでこれは変わってくる可能性の方が高いと思います。

前目につけることが出来るようになってきているのでこのメンバーと並びであれば外目の好位から競馬が出来そう。

外が伸びることは明白ですが後方からになるとかなり外を回されそうなので良いポジションから直線向くことは出来るはず。

高速時計への対応がカギになると思いますが、母系から我慢は効きそうですし前傾ラップ戦は毎日王冠を圧勝していることから合っていると思います。

何より鞍上と好相性であり、まだ馬券外なしのコンビ。復活の一発に期待したいと思います。

以下、相手候補にシュネルマイスター・ロータスランド

△候補にイルーシヴパンサー・セリフォス・ソウルラッシュ・レシステンシア・ソングライン・ダイアトニックまで。

以上で安田記念2022予想を終わります。