エプソムカップ2022予想です。

東京芝1800mで行われるGⅢエプソムカップ2022。

ジャスティンカフェが人気の中心とはなっていますが大混戦のオッズとなっています。

秋に向けて賞金をしっかりと加算しておきたい陣営がそろった印象。

ここを制して秋のGⅠ戦線へと繋げていくのはどの馬となるのでしょうか。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速予想へいきましょう。

エプソムカップ2022予想。本命と穴馬。

今の東京は伸びどころが外にシフトしているものの展開次第で内の逃げ先行馬も残せる馬場。

土曜の雨の影響で稍重とはなっていますがレース施行時には良馬場となっているでしょうし、ある程度時計の出る馬場となるか。

出走予定のメンバーを見渡すと人気しているのは揃って差し馬。末脚特化型とも言って良い馬が多いですね。

道中の位置取りが非常に重要となりそうで土曜メインのように前残りは十分にあると思います。

では上記踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングB

どう見ても展開利があるのは前に行ける馬。となればこの馬を狙わない手はないでしょう。

2000mに良績集中していますが1800m重賞でも実績があり非根幹距離は問題ないと思います。

血統的にも前に行って粘るような競馬が合っているので、メンバー的な展開利を考えてもこの馬から入りたいですね。

稍重くらいの馬場が理想ではありましたが、雨の影響は多少残しての良馬場。時計は出るかもしれませんがパンパンではないので勝負になると見ています。

ここで賞金加算して秋に繋げて欲しいですね。

次に穴で注目はこの馬。

競馬ブログランキング

かなりの遅咲きタイプであり、未勝利脱出に時間を要しましたがそこからそこから馬券内を外すことなくオープン入り。

前走は長期休養明けの重賞で厳しいレースになりましたが、久しぶりにしっかりと間隔を詰めてレースに使えるということで大きなパフォーマンスアップが期待できます。

こちらもパンパンの良馬場では分が悪かったと思いますので少しでも雨の影響を残す馬場のほうがチャンスがあるでしょう。

前々から積極的に運んでくれそうですし末脚が切れるタイプではないので上がりをある程度でまとめつつ粘りこめるようなレースになれば。

前がある程度残す前提でこの馬は狙いたい穴馬となります。

以下、相手候補にダーリントンホール・ジャスティンカフェ

△にシャドウディーヴァ・ザダル・ヤマニンサンパ・タイムトゥヘヴンとします。

以上でエプソムカップ2022予想を終わります。