宝塚記念2022予想です。

阪神芝2200mで行われる宝塚記念2022。

エフフォーリア・タイトルホルダーが人気の中心とはなっていますが、単勝1桁台に朝の時点で5頭と大混戦となっています。

エフフォーリアの復活があるのか、デアリングタクトが3冠牝馬の意地を見せるか、そしてタイトルホルダーがここも制して凱旋門賞へと繋げるのか。大きな注目の集まるグランプリ宝塚記念。

非常に楽しみですし、楽しみであるからこそ的中させたいところです。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

宝塚記念2022予想。本命と穴馬。

宝塚記念の詳しい考察は過去の記事を参照いただくとして早速予想へ。

土曜の阪神芝戦を見ている限りまず時計は非常に速い。

やはり開幕2週目であることと、梅雨時期でありながらほとんど雨が降っていないことが大きいですね。

また、芝の状態を見ても内が非常によく内前が圧倒的に有利。外枠の馬は先行しないと競馬にならない状態でした。

日曜は雨予報なく晴れ予報。芝の状態としては内前有利。内枠有利が続くと思います。

昨年の2分10秒台より速い時計が出てもおかしくない状態と言えますね。

例年であればタフなスタミナ寄りの持続力勝負を想定しますが、今年はスピード寄りの持続力勝負を想定したいところ。

阪神2200mは内回り戦なので仕掛けが早くなり持続力勝負になることはマスト。

ただ、例年ならば最終週かつ梅雨の雨にやられてタフな馬場で行われるためスタミナ寄りの持続力勝負ですが、やはり今年の馬場状態を見るとそうはならないはず。

考察でも触れたとおり2000m以下のレースで結果を出してきているスピード寄りの持続力勝負で活きる馬を選定していきたいと思っています。

また、当然ながらに非根幹距離実績は重要ですし、持続力勝負は欧州血統というところもポイントですね。

では上記を踏まえての本命はこの馬。

人気ブログランキングB

考察で触れていた馬ですが今の馬場なら勝負になるとみてこの馬から入りたいと思います。

非根幹距離実績はもちろんですが、今の馬場ならなかなかとまらないと見ます。

距離は適距離より長いと思いますが、スピード寄りの持続力勝負となるのであれば対応できるでしょうし長距離路線の道中ゆったりとしたペースで前走走っている馬は今回のスピードに対応することは難しいと思います。

道中緩まない12秒台前半に近いラップを刻んだ先手を取ると思っていますが、タイトルホルダー・エフフォーリアあたりが先団追走となるならこの馬を積極的に追いかけるのは難しい。

なおかつどちらもスピード優位のレースとなるなら道中追走に苦労すると見ます。他馬は当然ながらにこの2頭をマークするはずなので自分の競馬に徹することさえすればチャンスありでしょう。

宝塚記念は非主流が好走する舞台。初GⅠが海外ということでまさに日本の主流からズレた本馬は舞台適正も高いと思います。

開幕2週目かつ雨の降らない梅雨を味方につけての激走に期待します。

次に穴で注目はこの馬。

競馬ブログランキング

1800mの非根幹距離重賞での実績を持ち、当時のレースを見てもスピード寄りの持続力勝負を制していることからここへの適性は高いと判断しました。

前走は圧倒的に内にバイアスがある中で外を回し続けての0.3差4着と非常に内容の濃いレースでした。

本来はそこまで後方からでなくとも競馬が出来る馬ですし、積極的な騎乗が期待できる鞍上。

馬場と枠をみての競馬をしてくれている印象なのでここはポジションをある程度取りにいくでしょう。

インの4~5番手に潜り込めるのが理想となりますが、縦長の隊列になると思いますのでごちゃつかずにポジション取りは出来るはず。

2000mGⅠであと一歩及ばないあたりはまさに非根幹距離でこそのタイプとも思えます。

輸送を苦にするようなタイプでもないですし一発の魅力は十分にあるでしょう。

以下、相手候補にデアリングタクト・タイトルホルダー

デアリングタクトは半信半疑ながら前走マイル戦で追走を苦にしていませんでした。スピード寄りの持続力勝負なら勝負になると思いますが、折り合いを気にしてポジションを下げる心配があったので少し評価を下げました。

タイトルホルダーは能力上位で間違いないですが、やはりこの馬はスピードレースに対応できるかどうか。

前走道中13秒台の出るようなゆったりラップの長距離戦を走っているだけに馬が戸惑う可能性も考慮しました。

△にはエフフォーリア・オーソリティ・ステイフーリッシュ・アリーヴォ・アフリカンゴールド・ウインマリリン・ディープボンドまで。

ディープボンドは人気馬の中では最低評価とします。

やはり本馬はスタミナ寄りの持続力勝負でこそ。今の阪神で前がとまらないようなレースを追走すること自体苦手だと思います。

外枠不利は明白ですし抑えの抑え程度で。

以上で宝塚記念2022予想を終わります。