ラジオNIKKEI賞2022・CBC賞2022予想です。

日曜は福島でGⅢラジオNIKKEI賞2022が、小倉でCBC賞2022がそれぞれ開催されます。

3歳クラシック路線に乗り切れなかった馬や間に合わなかったような馬がしっかりと顔を出してきましたし各陣営ここで賞金加算して秋に繋げたい1戦。

CBC賞はサマースプリントシリーズというところで嫌でも気合が入るレースとなりそれぞれ注目が集まるレースとなりますね。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速予想へいきましょう。

ラジオNIKKEI賞2022予想。本命と穴馬。

ラジオNIKKEI賞は福島非根幹距離となる1800mで行われる重賞です。

クラシック路線との大きな違いは重賞なのでスピードは重要ですが瞬発力はそこまで必要ではなく持続力が要求されるレースとなること。

血統的なものを見てもタフさのある欧州型やロベルトがここ数年では活躍しています。

ローテを見ても距離短縮組が優位となっておりやはりタフな持続力レースを想定した予想となりそうです。

では本命ですがこの馬とします。

グランディア

前走は東京2000m戦ということで如何にもスピードと瞬発力が問われる舞台で上がり2位の脚を使ったものの及ばずの5着。

ここまでの2勝が中京2000m戦ということで後半持続力勝負になる舞台でしっかりと勝ち切っています。

逆に前半がスローで流れると瞬発力では足りない部分もあり届かないことが多いですね。

今回は前に行きたい馬がしっかりと揃いましたし人気馬も先行脚質ということで嫌でも流れるレースになるはず。

前半から流れて後半持続力勝負となるのはこの馬の好走スポットですし、やや行きたがる素振りを見せるあたり距離短縮自体も合うでしょう。

外目の枠とはなりましたが今年は小頭数なのでそこまで気にすることもなさそうでここは狙いたいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

人気ブログランキングA

ここ2戦は不完全燃焼+合わない舞台での大敗。そこまで気にしないで良いと思っています。

3走前より前のレースを見る限り持続力を存分に生かしてタフさが求められるレースでこそのタイプでしょう。

瞬発力ははっきりと足りないので福島1800mという舞台自体は相性が良いと思います。

血統を見ても母系は欧州型の塊ですし父フェノーメノということでこちらもステイゴールド系なので欧州志向の強いタイプ。

馬キャラ・血統背景はどちらも舞台相性良くパフォーマンスを大きく上げてくる可能性が高い。

前々でしぶといさを活かせる競馬が出来れば面白い存在だと思います。

以下、相手候補にフェーングロデン・サトノヘリオス

△にゴーゴーユタカ・ボーンディスウェイ・ソネットフレーズ・ベジャールとします。

以上でラジオNIKKEI賞2022予想を終わります。

CBC賞2022予想。本命と穴馬。

小倉1200mで行われる重賞なわけですが、今年の小倉も超高速馬場。

スピードへの適性はもちろんですが、如何に内でロスの無い競馬が出来るかどうかは非常に重要。

時計が速くなればなるほどに距離ロスを抑える競馬が出来るかどうかになってきます。

差し勢としても上手くインに潜り込めるかどうかがそのまま好走に繋がってくるはずです。

内前もしくは中団インで直線だけ外にだして競馬を出来そうな馬上位に評価したいところ。

血統としては小倉1200mといえばサクラバクシンオーの血ですね。

では本命ですがこの馬とします。

レッドスパーダ

前走は52キロで直線坂のある阪神1200m戦において1分7秒9という速い時計。

48キロかつ平坦小倉変わりならばもっと速い時計で走破出来ると思っています。

小倉でまだ連対を外しておらず舞台適正が高いことは言うまでもないですし、この内枠からこの斤量ならすることはおのずと限られており行ってどこまで粘りこめるかでしょう。

高速適正・軽斤量・小倉巧者とそろったここは狙いたいですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

もう少し内目の枠が良かったことは事実ですが上手くインに潜り込めるぎりぎりの枠順かなと思っています。

前走はちぐはぐな競馬内容だったにも関わらず直線向いてからの伸びは素晴らしかった。

あの競馬で差し切れるところから短距離適性が非常に高いと思っています。

母はもともと短距離で活躍した馬ですし、母父サクラバクシンオーということで血統的な背景からも狙える要素は十分。

上手くインにもぐりこんで直線外に切り出すような競馬が叶えばいきなりの重賞制覇も十分にあると思っています。

以下、相手候補にアネゴハダ・タイセイビジョン

△にレジェ―ロ・スマートリアン・スティクス・ファストフォース・ロードベイリーフとします。

以上でCBC賞2022予想を終わります。