七夕賞2022予想です。

福島芝2000mで行われるGⅢ七夕賞2022。

今年はヒートオンビートが人気の中心となると見て間違いないでしょう。

毎年当然のように荒れる重賞。今年も大波乱の結果が待っているのでしょうか。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

七夕賞2022予想。本命と穴馬。

福島は馬場差はほぼないですがある程度時計がかかると想定しておいたほうが良さそうな馬場。まず速い時計勝負にはならないと思います。

今年の登録メンバーを見る限り逃げ先行勢がやや手薄。トーラスジェミニとロザムールがおそらくハナと番手になりそうですが逃げに競りかけていくような馬はいません。

七夕賞は本来前傾ラップからの後半持続力勝負となることが非常に多いレースなのですが、今年はその前傾がやや控えめになるかなと思っています。

昨年は前後半5Fラップ差が0.6秒のやや前傾のレースとなり初角から前を取っていた馬が上位を独占するような結果になりましたが、今年も同様にある程度のポジションが取れないと厳しいと見ます。

時計的には昨年と同様かもしくはもっとかかってもおかしくない。2分3秒前後の決着を想定したいですね。

血統的には本来欧州型やロベルトが合うのですが、昨年同様の稍重で前が有利だったレースでキングマンボ系が上位を独占。

キングマンボは欧州志向の強いタイプなので今年はキングマンボと欧州型を重視してみたいと思っています。

では上記を踏まえての本命はこの馬。

人気ブログランキングA

前走のようにハイペースを捲る競馬も出来ますが最初からある程度のスピードが続くジ速力勝負にも対応できますし展開・馬場不問で走れそうなこの馬を本命評価。

特に前走はコーナーでしっかりと番手を上げての快勝ということで小回り馬場への高い適性を示してくれました。

やや重ための血統が走っていた土曜を見ても本馬のキレ負けするような血統背景は良いですし、ここで重賞初制覇といきたいところですね。

続いて穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

本馬はやや時計がかかる良馬場が合っているので今の福島は良い条件だと思います。

福島実績はありますし昨年は自分の形に持ち込めなくとも好走していることから相性の良い舞台なのでしょう。

今年はしっかりと自分の形が作れそうなメンバーですし、ゲート決めて前々から粘りこむような競馬が出来れば結果はついてくると思います。

以下、相手としてヒュミドール・フォルコメン

△にはヒートオンビート・ヤマニンデンファレ・トーラスジェミニ・ヴァンケドミンゴ・エヒトとします。

以上で七夕賞2022予想を終わります。