札幌2歳ステークス2022予想です。

札幌芝1800mで行われるGⅢ札幌2歳ステークス2022。

今年はブラストウェーブ・ダイヤモンドハンズ・シャンドゥレールが人気の中心となるでしょうか。

ここ2年は連対馬4頭が全てクラシック勝ち馬となっていてまさにクラシック登竜門となっている札幌2歳ステークス。

今年もここから2歳チャンピオン、そして来年のクラシックで主役となる馬が出てくるのでしょうか。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

人気予想家の推奨買い目は!?

今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!

では早速予想へ行きましょう。

札幌2歳ステークス2022予想。本命と穴馬。

札幌2歳ステークスは過去5年で見ると上位人気馬が出難く走ってくるレースであり、5番人気以内の馬で(4・5・4・12)となっています。

馬券内残りの2頭も6・7番人気ということで基本的には上位人気馬がそのまま結果を出しており極端な穴馬の好走はデータとしては期待薄ということになります。

では2歳重賞ということで能力比較も難しく適性もわかりにくいということからマイナスデータを使って上位人気馬の不安をあぶり出していこうかと思います。

前走2着以下は(0・0・0・11)と馬券内なし。

穴で下位人気馬を狙うとしても前走敗退組は狙いにくいですね。

前走初角1番手(0・0・1・12)と3着1頭のみ。

やはり前走で初角から前に行ってそのまま押し切るような競馬=揉まれていなかったり他馬を気にしないで走った楽な競馬をした馬の好走は厳しい。

上位人気馬でここに該当するのはシャンドゥレールですね。同馬は軽い東京芝での好走ということで今の重い札幌洋芝をこなせるかも疑問が残るところです。

前走4番人気以下(0・1・2・17)とこちらも狙いにくいデータ。

馬券内に入った3頭の内2頭は前走オープン勝ち馬で、もう1頭は重い不良馬場の東京をこなしての勝ち馬。

オープンで勝てるような能力や重い芝適正を示していた馬がどうにか馬券内というところですね。

前走からの距離延長(0・1・1・12)とこちらも厳しいデータ。

札幌2歳ステークスは前傾ラップからの持続力勝負・消耗戦となりやすいレースとなっています。

よって距離延長組には苦しいレースとなるということでしょう。

距離延長組で馬券内に入った2頭はどちらも同じ年のレースであり、この年は後傾ラップとなっていました。

過去5年において最後に後傾ラップになったレースは5年前。即ちここ4年は前傾ラップの厳しいラップのレースばかりであり今年も前走逃げた馬多数の組み合わせ。

札幌のコース形態を考えると早い仕掛けからのレースになるでしょうし前傾ラップが今年も想定できるので距離延長組には厳しいか。

上位人気でここに該当するのはダイヤモンドハンズ。同馬は後傾ラップの上がり勝負を勝ち上がってきているので前走と真逆の競馬となる。大きな不安点となりそうです。

前走からの乗り替わり(0・1・2・20)

経験の浅い2歳馬。乗り替わりそのものがマイナスに働くことが多いのは間違いないでしょう。

馬券内の3頭のうち2頭は短期免許の外国人騎手からのスイッチ。即ちスイッチせざるを得ない状況でのモノです。

実質日本人騎手から日本人騎手へのスイッチは昨年のバスラットレオン1頭のみが馬券内であり、本馬は1番人気に支持されていました。

今年ここに該当する人気馬はブラストウェーブ。横山和騎手から川田騎手へのスイッチです。

勝負気配のするスイッチですがデータとしては大きなマイナス。連対圏まで持ってこれるかどうかというところですね。

前走札幌組(0・2・4・22)

数字としては悪くないですが勝ち馬が出ていないというデータですね。

ただ、前走札幌で当日5番人気以内であれば(0・2・3・2)と非常に高い複勝率となっておりそろそろ勝ち馬が出てきてもおかしくないところかと思っています。

前述したように上位人気が想定される3頭には全て勝ちどころか連対も厳しいデータが並んでおり、波乱の匂いもする今年の札幌2歳ステークス。

特に今年は雨が多い北海道。馬場がかなり悪くなっており先週は大きく内をあけるようなレースが目立ち、難しいレースとなりそうで波乱含みだと思います。

ではこれまでのデータ等を踏まえた上での本命はこの馬とします。

人気ブログランキングA

前走札幌1800m戦を3番人気で快勝。おそらく当日も5番人気以内にはなると思いますので前述したマイナスデータに該当せずプラスデータに該当してくるはずです。

その前走は直線左鞭を入れながら大きく左にヨレていましたがそれでもしっかりと勝ち切り。

真っすぐに走ることが出来ればもっと差はついていたと思います。

また、操縦性が難しい面もありそうなので枠順としても外目は歓迎ですね。

レース内容の違いはありますが、前走でかなり離したイッツオンリーユーだけを物差しにするならブラストウェーブとの差はオッズほどにないと思いますしむしろ買いたいのはこちら。

前走からの上積みとして考えるならかなりマイナス体重でしたのでプラスで出てきてほしいところではありますがこの馬から入りたいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

相手なりにまとめてくることが出来るタイプだと思います。

非常に操縦性に優れており多頭数となることはむしろ歓迎でしょう。

リーディング上位の騎手が継続騎乗してくるということはむしろチャンスがあると思っているということですし、この相手でも能力は出し切れるはず。

今の札幌はある程度のポジションで競馬をしないと厳しいと思いますが、ポジションを上手く取れますし道中押し上げて好走出来る持続力も持ち合わせています。

一発の魅力は十分にありますし、鞍上で穴人気しそうではありますが買いたい1頭ですね。

以下、相手候補にブラストウェーブ・ウェイビー

ウェイビーはおそらく時計の出る馬場より今の札幌が合いますし、前走を見ても距離不足。

外を回さないといけない今の札幌だと1800m戦ですが大きな距離ロスが道中想定されるのでチャンスあると思っています。

△候補にフェアエールング・シャンドゥレール・ダイヤモンドハンズ・ビキニボーイまで。

以上で札幌2歳ステークス2022予想を終わります。