紫苑ステークス2022予想です。

中山芝2000mで行われるGⅢ紫苑ステークス2022

今年はサークルオブライフ・スタニングローズあたりが人気の中心となりそうです。

牝馬クラシック最終戦となるなる秋華賞への切符をかけた紫苑ステークス。小頭数ながらに楽しみなメンバーが揃いました。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想へいきましょう。

紫苑ステークス2022予想。本命と穴馬。

紫苑ステークスは3着以内に入れば秋華賞への優先出走権を取ることが出来るトライアルです。

当然ながらに賞金的に足りない陣営は力の入るレースとなりますね。

重賞へと格上げされてから大きく荒れないレースとなった本レース。今年はどうでしょうか?

まず、レースの構図としては春の実績馬対夏の上がり馬となります。

ただ、今年のメンバーでは夏の実績馬は1頭程度であり春の実績組がまずは上位となりそうです。

レースの質としては開幕週らしく前目につけないと勝負にならないレースであり、後方待機組は厳しいでしょう。

また、好タイムが出るレースであり後半4F11秒台のハイラップを刻むレースとなりがちです。

つまりは、前目でレースが出来て後半のハイラップに対応できる馬をまずはチョイスすることになります。

コース実績も重要で中山・阪神・福島の2ターン戦で着差をしっかりとつけて勝っている馬や、重賞好走歴のある馬にも注目しておきたい。

上記3コースは右回りで直線に坂のある小回りという点で共通項があります。

では前述した条件をもとに本命としたいのはこの馬。

人気ブログランキングA

オークスで前目につけながら最後まで脚をしっかりと伸ばして好走しており、中山2ターン実績もあります。

今年のオークスで先行して粘り切ったのはこの馬だけですので評価して良いと思いますし、オークスはラスト4F11秒台の続くレースでしたのでこの経験は活きてくるでしょう。

外枠は揉まれる心配もなくむしろ好都合。無難にまとめて人気に答える走りを見せてくれると思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

重賞に格上げされてから中山・阪神・福島の小回り戦で0.4秒差以上の勝利経験のある2勝クラス以上の馬はまだ馬券外は無く非常に安定した戦績を残しています。

特に中山1800mで逃げて圧勝しており中山実績がある点は魅力ですね。

重賞に格上げされてからノーザンファーム陣営ははっきりと使い分けをしてきており、鞍上を考えても権利を取るために仕上げた上でのここへの参戦は明白。

本馬より内枠に逃げ馬がいることからこれらを見ながら競馬が出来ると思いますので競馬はしやすいでしょう。

しっかりと権利を取ってくれることに期待したいと思います。

以下、相手にニシノラブウインク・サークルオブライフ

△にライラック・サウンドビバーチェ・シーグラスとします。

以上で紫苑ステークス2022予想を終わります。