セントウルステークス2022予想です。

中京芝1200mで行われるGⅡセントウルステークス2022。

今年はメイケイエール・ソングラインが2強オッズを形成することとなりそうです。

スプリンターズステークスそして秋競馬へ向けた重要なステップとなるセントウルステークス。

今年はどの馬がここを制することとなるのでしょうか。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

人気予想家の推奨買い目は!?

今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!

では早速予想へいきましょう。

セントウルステークス2022予想。本命と穴馬。

京都競馬場の工事に伴って阪神から中京へと開催が変わり3年目となります。

大きな違いは長い直線と左回りということでしょうか。

特に直線が長いということで長い末脚が必要となり、阪神開催と比較すると傾向が大きく変わっています。

はっきりと言えることは距離短縮組が圧倒的に優位であるということ。

未勝利~重賞の全条件で見ても1200m同距離からの臨戦より1400m・1600mからの距離短縮組の好走率が高い結果となっています。

ちなみに距離延長組は全く勝負になっていません。

今年のセントウルステークスにおいて距離短縮組は3頭。人気サイドですが当然ながらに有力となります。

特にセントウルステークスという舞台においては尚更に距離短縮組優位と見ます。

日本の競馬界においてスプリント路線というモノそのものが異質。やはり目指すところはマイル以上であり、能力の高い馬はマイル路線以上を選択してきます。

つまりは距離短縮でここに進んでくる馬、ましてや重賞で好走歴があるような距離短縮組はそもそもの能力が上であるということです。

そこの加えてコース形態自体が距離短縮優位。今年の上位人気2頭は揺るがないと思っています。

また、開幕週の馬場ということで速い時計が出ており、過去2年はどちらも1分7秒台での決着。

速い時計が出るということは若駒有利であるということ。

実際に過去2年の中京開催において6歳以上は1頭しか馬券に絡むことが出来ておらず、基本は5歳以下の馬を狙いたいところ。

では上記を踏まえての本命はこの馬とします。

メイケイエール

ソングラインの参戦は自走を見据えてスプリントのスピードを経験しておきたいというもの。

当然メイケイエールもスプリンターズステークスが目標でありここはたたき台ですが、こちらの方を上位に取ります。

やはり、中京を地元としている馬主さんであり地元中京でしっかりと勝ち切りたい思いは強いはず。

同じたたき台であってもソングラインよりは勝負度合いは高いと見ます。

また、前に馬を置かないと気を抜いてしまう難しい馬。スプリント戦の方が前は速いので競馬もしやすくなるでしょう。

馬の癖をしっかりとしる鞍上を背にここは負けられない1戦となる。

では穴で注目したい馬を2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

1400m戦の実績もあり楽しみな1頭。

前走・2走前とレースレベルが大きく異なる中でともに0.3秒差。つまりは相手なりにどうとでも走れるような馬だということ。

2走前の内容からメイケイエールとは大きな差はないかなと思いますが、如何せん脚質的に差し届かない可能性を考慮しておきたい。

メイケイエールが前を掃除したあとに差し込んできて届かず2~3着をイメージしたいと思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ここのところ全くといっていいほどにいまいちな結果の馬にこの鞍上。勝負になると見ても騎乗だと思いますしここは抑えておきたいですね。

最後に馬券内に入ったのは中京1400重賞。

最後の勝利は東京1400重賞。

ともに左回りの1400m戦という共通項があり、左回りに変わることはまずプラスに出ると思います。

また、前半3F32秒が出るような小倉スプリントの超前傾ラップよりはそこまでの流れにならない1400m的なレースの方が良さがでるようなのでこの舞台は合うのではないかと思っています。

がちがちのスプリンターよりはもう少し距離が伸びたほうが良いようなタイプが走りやすい舞台。ここでの復活に期待したいですね。

以下、相手には当然ソングライン

△にダディーズビビットとします。

以上でセントウルステークス2022予想を終わります。