セントライト記念2022予想です。

中山芝2200mで行われるGⅡセントライト記念2022。

今年はアスクビクターモアが人気の中心となりそうです。

菊花賞への切符をかけたセントライト記念。今年もここから菊の舞台で好走する馬が出てくるのでしょうか。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

セントライト記念2022予想。本命と穴馬。

今年は雨は降らないまでも昨日の降雨の影響を大きく受けた馬場。おそらく重馬場か乾いたとしても重に近い稍重での開催となりそう。

近2走で初角2番手以内につけていた馬が登録13頭の内5頭となっておりある程度最初の位置取りでやりあう形になりそう。

また、捲って連勝中の馬もいることからペースが緩めば捲られる、速くなると先行勢多数ということでどちらにせよ先行勢には苦しい競馬となるか。

さらに日曜は南風が強くふく予報であり、直線は追い風なので捲りや差しが効きやすいと想定したいと思います。

血統としては欧州型・ロベルトといった持続力に長けた馬の好走が目立ち、サンデー系でもステイゴールド一族すなわち欧州志向の強いサンデーの好走が目立ちます。

当日は重い馬場だと思いますので欧州の血は例年以上に活きてくると見ています。

では上記を踏まえた上での本命はこの馬。

人気ブログランキングB

中山ではまだ馬券外なし。何より中山2200m戦での勝利実績があることは大きなプラス材料。

当時のレースでは前傾ラップの速い流れを捲って悠々の差し切り勝ちを決めており同じような形に持ち込めそうな今回は狙えると判断しました。

機動力の活かせる中山は絶好の舞台だと思いますし、稍重実績からある程度重い馬場もこなせるはず。

血統背景を見ても父欧州型キングマンボで母側にも欧州の血をしっかりと持ち傾向に合致。

外目から道中押し上げる競馬で一発に期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

勝った2勝はともに非根幹距離。東京ではっきりとキレ負けしており上がり勝負は全くもって合わない馬だと思います。

初勝利は中山2200m戦でしたが、当時は稍重で少し時計がかかる馬場。

そして向こう正面からポジションをおしあげてしっかりと勝ち切っている点は評価したい内容です。

また、2600m戦でしっかりと勝ち切っているように明らかにスピードよりスタミナ・持続力寄りのタイプ。

今回前が厳しい流れになることを想定しているのでそうなると本馬の持続力が活きてくるのではないでしょうか。

血統的にも父ロベルト・母父欧州に加えてサドラーズウェルズも持つということで如何にも持続力勝負に合う血統背景。

高配当の使者となることに期待します。

以下、相手候補にオニャンコポン・ローシャムパーク

△にアスクビクターモア・ラーグルフ・ベジャール・ボーンディスウェイ・ガイアフォースまで。

以上でセントライト記念2022予想を終わります。