スプリンターズステークス2022予想です。

中山芝1200mで行われるGⅠスプリンターズステークス2022。

今年はメイケイエールが人気の中心となりそうですね。

いよいよ始まる秋競馬のGⅠ戦線。夜には凱旋門賞もありますし非常に楽しみな日曜です!

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

スプリンターズステークス2022予想。本命と穴馬。


秋開催の中山は野芝100%で行われるため非常に速い時計が出ます。

先週大雨の影響で時計がかかるかと思いきやの高速時計。昨日土曜も同様に速い時計での決着となっていました。

また、内前有利は明白で土曜競馬の芝ワンターン戦では内を通した馬と前で粘りこむ馬の好走がはっきりと目立ちました。

当然ながら日曜も狙いはここですね。穴をあけるなら内を通す馬か前で粘りこむ馬となるはずです。

展開としては逃げたいテイエムスパーダが最内を引きましたのでこの馬が逃げてペースを作ることになるでしょう。

この馬が逃げたレースは全てが激流となる小倉なので参考程度ですが、32秒台の逃げを打っています。

ここで控えるもしくは抑える競馬は選択してこないでしょう。自分の形で逃げる競馬をしてくると思います。ただ、この馬を突いていくような馬はいませんし、超激流にすると粘りこめないので33秒前半程度の逃げを打つはずです。

こうなると展開としては馬場もありますが余計に内前有利となるのではないかと思います。

外枠勢には不利な展開として1桁馬番の馬を上位に評価した組み立てをしたいと思っています。

持ち時計の裏付けがあり好位~中団から競馬が出来て馬郡も捌けるとなればこの馬一択。

本命はこの馬とします。

人気ブログランキングA

ここ2走のスプリント戦はともに1分7秒台で走破。前走はかなり不利がありましたがそれでも強い内容で馬券内を確保しています。

枠の並びを見ても本馬から内2頭を行かせてインの好位~中団をすんなり取れそう。

馬場の恩恵を受けることも出来そうですし鞍上も土曜は非常に乗れており馬場がしっかりと読めている印象でした。

調教も動きも文句なし。ここで初のGⅠ制覇となるか期待したいですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

当然ながら狙いたいのは内目の馬。その中から過去5年前走4番人気以下(0・0・2・36)というデータと前走掲示板外(0・1・0・35)というデータがあることから狙いたいのはこの馬です。

当然ながら内目の枠から先行できる脚質は今の中山において大きな魅力であり加点材料です。

前走は上手く立ち回れた上での結果なので過剰な評価は出来ませんが、それでもその立ち回れる能力があるということは評価すべきだと思っています。

持ち時計自体はここで足りるかというところがありますが、3走前の1400m戦において1200m通過タイムが1分7秒台であり十分通用すると思います。

この馬より内の数頭は差し脚質なのですんなり前が取れるでしょう。頭まで想定できる馬だと思っています。

以下、相手にはメイケイエール・テイエムスパーダ

△にジャンダルム・トゥラヴェスーラ・タイセイビジョン・シュネルマイスター・メイショウミモザとします。

以上でスプリンターズステークス2022予想を終わります。