秋華賞2022予想です。

阪神芝2000mで行われるGⅠ秋華賞2022。

今年はスターズオンアースが牝馬3冠の偉業かけて出走してきますね。

牝馬クラシック最終戦となる秋華賞。3冠達成なるか、他馬が意地を見せるのか。

非常に楽しみな大一番となりそうです。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

秋華賞2022予想。本命と穴馬。

秋華賞は京都馬場改修に伴い今年も阪神での開催。

京都と阪神では求められる適性やレースの質が全く異なりますので過去のデータにはあまり捉われないほうが良いかと思っています。

阪神2000m戦は前半登り坂、後半下り坂、最後に急坂というコース形態。

コース形態上後傾ラップになりやすく、尚且つスパートは早くなるので持続力が問われることが多い条件です。

上がり33秒台のような瞬発力戦にはならずに34~35秒台の上がりが出る持続力勝負を想定。

ゆったりと流れるわけでもないのでスピードは必須。特に牝馬クラシック路線は基本的に桜花賞が最重要レースであり、マイルで通用するスピードを重視した馬に仕上げてきます。

よってここでも当然ながらにマイル寄りのスピードを重視することとなる。昨年はマイル重賞実績のある2頭がワンツーを決め、2000m以上の実績馬が3・4着となりました。

また、血統としては米国型ノーザンダンサー系、特にヴァイスリージェントが好相性。

同舞台で行われた今年の大阪杯もこの血統を持つ馬で上位をしっかりと占めましたし、昨年の上位2頭もこの血を持つ馬となりました。

土曜の競馬を見る限りは内外に大きな差はなく、時計も開幕2週目らしくやや速い。

また前走で初角3番手以内を取っていた馬が7頭。特に外枠に逃げたい2頭が入ったことからペースはあがることが想定できます。

この逃げ馬と先行勢を捌く必要があるので好位外目から上手く切り出せるかどうかがポイントとなるかと思っています。

では上記を踏まえた上での本命はこの馬。

人気ブログランキングA

春の実績馬がトライアルでも結果を出しているということから、やはり上位に取りたいのは春のクラシック路線に乗っていた馬。

これまで間隔を詰めたレース・馬体重を減らしたレースで結果を出せなかった本馬ですが、ここにきて一気の馬体増、そしてしっかりと間隔を空けたローテ。

チューリップ賞で流れるレースは経験していますし結果を出していることから前が流れることに問題はないでしょう。

血統を見ても母母父がヴァイスリージェント系フレンチデピュティということで血統傾向にも合致。

好走する条件が全て揃ったように思います。

人気に恥ない走りをここで見せてくれるはずです。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

逃げたい馬が数頭、そして先行勢も多数ということで内で溜めると捌けないリスクが高そうな印象。

そうなるとスムーズに加速できるやや外目の馬を狙ってみたいところ。

前走で初めて33秒台という末脚を使えた点は大きな収穫。さらに夏を超えて大きく馬体を増やしてきている点も良いですね。

本質的に直線の長いコースで瞬発力というレースよりはコーナリングしながらの加速そして持続力勝負が合っていると思いますので、コース変わりはプラスに出ると見ています。

前走は勝ち馬から離されてしまいましたが逆転は十分にあるはずです。

また、血統的にも父母父ストームキャットということで血統傾向としても合致しています。

枠の近くに有力馬多数ということで脚が上がって邪魔になる、詰まるという心配もなさそうですので上手く加速出来れば上位勢を脅かす走りが出来ると思います。

1角を崩して高配当の使者となってほしいですね。

以下、相手候補にスタニングローズ・スターズオンアース

△にアートハウス・プレサージュリフト・エリカヴィータ・ライラック・メモリーレゾンまで。

以上で秋華賞2022予想を終わります。